FC2ブログ

極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

3/27 石川県立音楽堂 アンサンブル金沢 第414回定期公演

オーケストラ・アンサンブル金沢 第414回定期公演

 指揮:ユベール・スダーン
 ピアノ:リーズ・ドゥ・ラ・サール

 モーツァルト:歌劇「皇帝ティートの慈悲」序曲K.621
 モーツァルト:ピアノ協奏曲第9番変ホ長調K.271「ジュノム」
 ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ長調op.55「英雄」

 前にも書いたがOEKをいつも気持ちよくふくよかに鳴らしきるスダーンさんにこの王道プログラム。ハズレようもないのは最初からわかってたが、期待の遥か上を行くまさに“フィルハーモニー”アンサンブル金沢の演奏だった。

 前回のオノフリさんのような即オペラが始まりそうな生々しさはではなく、一曲の独立した管弦楽曲として実に格調高く聴かせてもらえた「皇帝ティートの慈悲」序曲。奇をてらわずオーソドックスに、でも生命感の輝きに満ちたモーツァルトを聴かせてもらえると心底から嬉しくなってしまう。

 そういうふくよかな響きのオーケストラに寄り添われ、明晰で鮮やかなタッチのピアノで奏でられる「ジュノム」おそらく客席はもう少しふうわりまろやかな演奏を(特にこの曲なら)イメージしてたようだが(演奏の出来の割に今一つ反応が薄かった気がしたし)こういうくっきりしたモーツァルトも楽しい。聴きながら実はバッハっぽいなとぼんやり思ってたらアンコールがバッハだった。特に左手の音型の粒立ちがよくくっきりした音楽が立ち上がる。いいな。

 最初のトゥッティの2発から一気に耳を持っていかれたエロイカ。言い尽くされた表現だけど編成の少ない室内オケとは思えないスケールの音楽が1楽章から展開される。 2楽章の葬送行進曲は演奏テンポ自体はどちらかというと早めだけどフレーズの繋ぎ目にふわりと呼吸を入れて歩みを落とすような雰囲気。3楽章は難関のホルン、今日はまずまずだったと思う(ちょこっとキズはあったけど)。特に3本の音のブレンドが美しかった。
 熱狂のフィナーレはもう見事の一言。このオケの名前に「アンサンブル」と入っている意味合い、スケール感満点に鳴らしながらでもまるで室内楽のように奏者ごとパートごとに対話しながら緻密に積み上げられた見事な構築感。奇をてらわず、とさっき書いたけど、あえて言えば耳新しさはない、どこか懐かしささえ感じるのに、でも今まで聴いたことがないと思える魅力的なエロイカ。やっぱり、OEKのベートーヴェン、いいな。

 カーテンコールでスダーンさんから「次は春の音楽祭でお会いしましょう」(だったと思うんだけど)という一言があった。そう、あとひと月ほどで、またあの素敵な音楽祭がやってくる!…定期は6月まで小休止だけど。


 

3/24 高岡西部 対石川 オープン戦

 7-12。

 レギュラーシーズン中なら「自滅負け。以上。」でブログを終わらせる内容だがオープン戦だし。でも寒かったし。

 投手陣は明暗はっきり。先発ウーター2イニング・二番手後藤1イニングで合わせて10四球で8失点。これで勝てというほうがむちゃ(といいながら一時的に1点差まで追い上げたんだが)。とにかくまずウーターが不安定。ストライク入らない・モーション大きいからランナー出たら走り放題・挙げ句案の定ボークでリズム崩すという過去よくみた外国籍投手のありがちな状態。余程改善しないと厳しい。後藤も今日はダメ。二死1・3塁からセカンドゴロエラーでの失点までならまあ気の毒しゃあないで済んだんだがそこから連続四球で押し出し挙げ句2点タイムリーを食らうでは同情しようもない。まだまだ。
 かろうじて試合になったのは4回ブラウン、5・6回を有馬、7・8回を山本で6回の1失点のみでしのいだこと。寒い中だったしストライク入ってサクサク試合が進むだけでありがたかった。
 最終回の菅谷、今日は「黒菅谷」コントロールが不安定でヒット・死球で一死1・2塁にしてしまい直後にライト線へ2点タイムリーツーベース。死球直後の球を狙うなんて僕ら素人でも知ってるセオリー。前回前々回はよかったんだから修正してほしい。

 打つ方は今日もまずまずだったと思う。石川さんの先発・石川くんから3イニングで6安打4得点なら文句は言えない。ちょっと打線をいじって、今日は繋がりが今一つだった気もするがまあオープン戦だしあれこれ打順やポジションのヴァリエーションを試す時期。谷口がいい。確か4安打?猛打賞。ファールで粘る姿が素人目にもいい感じ。シーズンに入ったとたんに調子が落ちるなんてことの無いように祈りたい。

 今日イチは5番手の山本。もちろん経歴から期待株な訳だがそれに違わぬ内容。前で使うのか後ろで使うのかわからないけど乾と共に軸になれる素材(素材という言い方はおかしいのかもしれないが)。期待大。

 今シーズンオープン戦初敗戦だったが、勝って気分よく悪いところを忘れるより多少凹んで気持ちを入れ換えて修正した方がいい時もあるだろう。何せ悪いところに事欠かない試合だったし。

(追記)今日イチに書かなかったが、ウーターは残念だったが、ブラウンはよかった。もちろんコントロールもいいんだがランナー出してからの牽制やクィックモーションも結構器用にこなしているように見えた。使える左のセットアッパーになりそうな予感。


3/23 福井県営 対福井 オープン戦

 9-3。

 先制は2回、東のヒットから谷口タイムリーツーベース。3回金子河本連打から松村タイムリー。4回先頭谷口ヒットからマクシータイムリーツーベース、一死1・3塁から河本タイムリー、松村犠牲フライ、榎本タイムリーツーベース。6回二死2・3塁から榎本2点タイムリーツーベース。7回林崎タイムリーツーベース。〆て9得点。オープン戦とはいえ福井さんの投手陣からこれだけ結果が出せればまずまず及第点だろう。

 先発・乾5回2失点。失点した3回以外はほぼ危なげなし。調整順調といっていいんだろう。2番手阿部は6回から3イニングで失点1。前回のロキテクノさん相手のときほどではないがやはり登板直後今一つ落ち着かない(だから失点するわけで)のが今のところ課題なのか。あとはまずまずだったわけで。最終回は菅谷がシングル1本のみの無失点〆。昨年よりずっといい状態でシーズンに入れそうでひと安心。

 今日イチ。今更ながら乾と今日3打点の榎本。この二人がまずは今年もいてくれていることがどれ程チームに安定感を与えているか。他チームのマークは当然厳しいだろうが(実際昨年プレーオフで二人とも福井さんの徹底マークにさらされたし)今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

 あと、佐野とロイ鈴木の曲のお披露目が出来た(何故かロイは2イニング続けてwオープン戦特別起用なのかな)。他の野手皆練習生も含めて応援歌ちゃんと用意してあります(ちゃんと吹けるか?は別にしてw)。皆の曲をやりたいので頑張って登録、出場できるよう祈ってます。それがチーム力の底上げにもなるんだし。


3/21 カナルパークホテル サンダーバーズ プレーボールパーティー

(今日は2本立てです)

 昼間はオープン戦、夜は球団主催のプレーボールパーティーと銘打った監督コーチ選手参加の激励会。スポンサー様をお呼びしての激励会は別途とのことで今日は申し込みのあったファンのみの会とのこと。そのわりには見知った顔が少なかったので、やはりこれは早速二岡監督効果の新たなファン層拡大か?とは思ったがそれほど全体の人数が多かった訳ではないしw

 さて以前から書いているが人見知りであまり選手との会話が得意ではないんだが、今日はさすがにホスト役と言うことで選手たちが積極的に会話をしてくれたので自分的にはそこそこ選手と話せたと思う(まるでコミュ障だなこれじゃ)。話せたのは菅谷、後藤、佐野、松山、吉田、河本(順不同。抜けはないよなw)。でも何を聞いたらいいやら話したらいいやら途方に、とまでは言わないがネタに困るのは事実。今日のオープン戦の話題くらい。
 シーズン始まればまた知らん顔してさっさと球場をあとにすることが増えるのだろうけど。ただこれは少し意識的にやってることもあって、その気になれば選手との接触する機会も多い自分達応援団員がちゃべちゃべと(富山弁)ファンの方々差し置いて選手と話すのはどうか?と思っているので。

 さて。今日のパーティーで何か重大発表があるらしいと噂があったので期待していたが、昨年まで投手として所属していた大井くんがトレーナーとしてチームに帯動することになったというのがそれか。嬉しい話題である。身体作り(というかビルドアップ)には定評のあった選手だったし、そういう引退後の身の振り方の可能性を提示してくれたのはいいことだと思う。

 え?そこじゃない?まさかあのスティーヴ“つよし”ジョブズによる球団新グッズ発表イベントコント?がそうなの?マジで?wwww


(追記)新入団選手発表イベント行けなかったので今日初めて初めて間近で見たが、さすがに二岡新監督、イケメンだわ。うわ本物の二岡だわと←当たり前だ
 これは新規女性客開拓の起爆剤に…?

3/21 高岡西部 対伏木海陸運送 オープン戦

 9-6。

 2年目のシーズン開幕前のオープン戦で1-2で敗けて以来(こっちから一方的にw)因縁の相手・伏木海陸運送さん。全般にもう少し抑えられなかったかなあという印象。攻撃はまずまずこんなもんだったか。

 先発・吉田は4回0/3で被安打4失点3。初回バタバタと四球を出して3番にツーラン食らったけど2回以降はまあまあ。夜の激励会で少し話したが課題をもっていろいろ試していたとのことなので、そういうことなんだろう。
 5回先頭ヒットで2番手菅谷。こちらはまずまずいい感じの2回無失点。所々変化球でいい感じにストライクをとれていたので元々のストレートに幅のある投球が見られそう。
 7回から新加入の有馬。珍しく個性的なフォーム(キャッチャーのセカンド送球みたいな?フォロースルー)。7回は無難に抑えたけど8回はバタバタと2失点。まだちょっと安定してストライクをとれていない印象。
 最終回は後藤先頭からいきなり連打に四球で無死満塁(´д`|||)ゲッツーの間の1失点でしのいだけど。激励会で本人にも言ったけど、いい球持ってるんだからこちらの期待は毎度大きいので更に頑張ってほしい(ちゃんと書いたぞ)。

 打つ方は〆て17安打9得点。まんべんなく打てていた(マクシーがまだちょっと…ではあったけど)。社会人チーム相手のオープン戦ではあるので追い風参考記録ってとこではあるけど。
 ただ、河本・榎本の昨シーズンからの実績組に加え新加入の松村・牧田・東にいい感じの当たりが出ていたのでちょっぴり楽しみ。前回ロキテクノ戦は1イニングのみで結果がでなかったが試合が続いていればまあ先発を捕まえられていたんじゃないかなと。

 個人的に今日イチは金子。1打席目のツーベース、3打席目のシングルともに逆方向、レフト線への鋭いライナー。正直昨年はバッティングが…だったけど早速二岡新監督の指導よろしく覚醒か?なら楽しみ。
 今日の打順と想定して、9番に入った金子がいい状態ならそこから河本・松村・牧田・榎本・東と続く打線はなかなか楽しみ足が使える選手も多いし。ただ、大きいのはあまりなさそうかな?

 昨年前期のような「一試合ノルマ4安打ワンチャン打線勝つなら1-0の完封で」ということはまあ、なさそうかな、ないと信じたいな。


ご案内

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山GRNサンダーバーズ私設応援団ユーフォニアム&トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR