FC2ブログ

極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

9/20 石川県立音楽堂 アンサンブル金沢 第406回定期公演

オーケストラ・アンサンブル金沢 第406回定期公演

 指揮:川瀬賢太郎
 ピアノ:小山実稚恵

 ハイドン:交響曲第90番ハ長調Hob.Ⅰ-90
 モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番ニ短調K.466
 ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調Op.67

 OEK2018-19シーズン開幕戦&川瀬くんOEK客演常任指揮者就任御披露目公演。ここまで数回OEKを振った川瀬くん(もちろん他のオケのときも)ハズレなし。さて。

 ハイドン。ハイドンファンだかマニアだかの皆さんには申し訳ないけど、ハイドンの89番と90番と91番のどこが違うか?と言われてもなんにも言えないハイドン素人なんだけど、でも聴けば愉しい。どの曲聴いても「ああ次はこうなるな」を裏切ることなくでも愉しい。聴いててふと頭に浮かんだ単語が「闊達な」という表現。それはそのまま川瀬くんの演奏スタイルにも繋がっている。
 何よりも印象に残ったのがフルートソロ。ちょっとこれまでのOEKの管吹きの中では音の立ち方が違う。木管セクションのアンサンブルの響きの厚みまで変わった。若い奏者さんだが(その上チャーミング♥)是非とも長くOEKで活躍してほしい。彼女を聴くためにコンサートに足を運ぶという、いわゆる「名物オケ吹き」になれる素材。年俸倍払ってもいいから(俺が払う訳じゃないけどw)
 さっきハイドン素人って言ったけど、この曲のフィナーレ、見事に引っ掛かりました、それも二度とも盛大に拍手wいかに曲を知らないかがバレる。

 モーツァルト。まず小山さんの音がふわりまろやかで柔らかで。もっとパリパリ弾くイメージだったけど(もちろん曲によるだろうけど。以前聴いたのは確かエンペラーだったはず)。ここでも川瀬くんがリードする、曲自体のもつ疾走感と緊張感にその音が天国的な美しさで応える。OEKで何度か聴いた曲だったはずだけど、初めて寝ずに(!)聴けた。素晴らしい←

 いわゆる「運命」を大上段でコンサートメインに据えるのは結構プレッシャーなんじゃなかろうか?たぶん客席にいるほぼ100%のお客さんが最初の1音から最後の1音まで全部知ってて、しかもフルトヴェングラーだカラヤンだクライバーだバーンスタインだで聴いてきたわけだし。
 結論から言うと、愉しかった。前から書いてるけど、川瀬くんはリズム捌きが巧みでテンポやダイナミクスを思い切り動かして音楽に推進力・生命感を与える。まさにうってつけの曲。一方で例えば第2楽章のような変奏スタイルの歌わせ方もいい感じ。そして第3楽章からアタッカでフィナーレに突入すればもう独壇場。
 ただ一方で、サウンド自体は従来のベト5の演奏スタイルの延長線上にあるものだったと思う。なので数年前に同じOEKでダニエル・ハーディング指揮で聴いた時のようなある種の新鮮な驚きはなかった。ステージ上の奏者の音を全て一旦バラバラに腑分けしてから再編成・再構成して全く新しいベト5像を提示したような。

 川瀬くんはOEKファミリーとして歩き出したところ。きっとこれから更なる魅力的な「川瀬OEK」を聴かせてくれるだろう。スタートとしては満点だったと思う。

シーズン終了のご挨拶。

 毎年毎年同じような内容を書いてるようでいい加減コピペを疑われそうな…

 それはともかく。

 今日で富山GRNサンダーバーズの2018シーズンが終了、我々雷鳥応援団の活動も終了しました。今シーズンもホントにたくさんのスタンドのファンの皆様の強烈な後押し・ご協力で応援活動を全う出来たと深く感謝申し上げます。我々はあくまでも合図・きっかけであって、選手を力付ける・勇気づけるパワーはスタンドのみんなからあふれでるものだと思います。皆さんに見捨てられないよう来シーズンもより良き合図・きっかけであるべく精進したいと思いますので引き続きよろしくお願いいたします。

 さて。ちょっと自分自身の話をします。今シーズンで一応トランペット吹きとしては一段落しようと思ってます。前にちょこっと書きましたがトロンボーンに挑戦してみようかと思ってます。実はそれほど前向きな理由ではなく、5年ほど前にやらかした脳梗塞の影響で感覚の鈍い唇のせいか、今シーズン原因不明の発音の不調に悩まされ続けました(一緒に吹いてる仲間たちはよく知ってるのですが)。マウスピース径が幾分大きいトロンボーンならまだ少しは改善できないか、というなんとも後ろ向きな理由です。もちろんトロンボーンもとても難しい楽器で、特にピストルバルブではなくスライドで音程を変えるという全く違う機構に慣れなければなりません(ユーフォニウムという選択肢もあったんですが、ベルが上向きなので野球場での応援向きではないと判断しました)。ほんの数ヶ月でどうにかなるとも思えないのも事実なんですが。

 ここからも、毎年同じようなことを書きます。
 これで来シーズンまで自分自身の本来の?趣味・クラヲタ生活に入ります。練習はともかくとして自身の応援団活動は冬眠に入ります。それではサンダーバーズファンの皆さん、並びに一部(ほとんどの方はこんなとこは見てないでしょう)のBCLファンの皆さん、よいお年をお迎えください。おやすみなさい…。




*CommentList

9/17 三国 対福井 西地区プレーオフ第2戦。

 3-7。西地区プレーオフ敗退決定。

 昨日と同じことを書くが。決勝タイムリーエラーみたいな明確なミスはないが試合の流れを手放すプレーというのはあるわけで。
 ミスというのではないけれど、2-0の3回表、一死1・2塁で海老原の場面、初球止めたバットに当たった打球がショート真正面でゲッツー。ついてないといえばついてないが、中途半端なスィングの結果。厳しいが4番なのだから。
 そしてこれは明確なミス。3-2で均衡した7回表先頭のマクシーがヒット、次の林崎が送りバントしようかという場面で福井さんのバントシフトのトリックプレー、一塁手三塁手が思いっきりチャージ二塁手がファーストカバーして投球を外し打者に見送らせファーストへ送球、というのに絵にかいたように引っ掛かって飛び出したまま帰塁すらさせてもらえずアウト。均衡した試合展開のなかで大きすぎるプレーだった。

 2回5番長尾のタイムリーで先制したあと二死2塁から8番林崎のタイムリーで2-0に。2-1の5回表貴重な追加点は9番谷口のソロ。何が言いたいかと言うと、結局ウチの打線の良いところはきちんと消された上での均衡だった、ということ。そして3・6・7回のゲッツー。流れを手放す一方。

 先発・湯浅は7回までは2失点ピッチング。文句のあろうはずもない。ただ、意見はあれこれあろうけどあくまでも私見として言うなら、レギュラーシーズンあれほど見事に機能してた継投が、肝心の大一番で後手に回ったと思う。レギュラーシーズン通り8回古村ないし佐藤、9回菅谷なら違った展開になったと思うんだが…まあ結果論ではある、間違いなく。
 後手に回ったディフェンスを見逃してくれるほど福井さんの打線は甘くない。昨日と同様ビッグイニングを8回に作られ終了…。

 相手は違えど昨年と同じような展開だったと終わってからふと思った。初戦絶対的エースを攻略され打線沈黙で落とし、2戦目は先制し主導権を握ったかに見えて決め手を欠き徐々に追い込まれて終盤追い込まれて押しきられ結果連敗で敗退…。富山という球団の宿痾なんだろうかとまで思い凹む…。

 まあ短期決戦を落としたのは悔しいし残念ではあるけど、シーズン通してはまずまず楽しかった。特に絶望感一杯の前期からよく後期ここまで立て直したと思う。これで今シーズンは終了。来シーズンどういうチームになるか全くわからないけど(独立リーグの宿命)来シーズンも続ける選手は今日の悔しさを忘れないでほしい。足りないものを埋めた上にはじめて、次のステップが見えるのだ。

9/16 アルペン 対福井 西地区プレーオフ第1戦。

 0-7。

 こういう大事な試合はミスをした方が負ける。昨年信濃さんとのプレーオフ2試合とも実質的にタイムリーエラーで負けたように。まあそういう致命的なのはなかったにせよ、ほとんどミスらしいミスのなかった福井さんに比べウチは。

 1回裏二死1・2塁から長尾がライト前に弾き返し二塁ランナー高山が三塁を回りもう真ん中まで来たところでコーチャーが制止して(つまづいて)挟まれてタッチアウト。高山の足では厳しいと判断するのなら最初からストップだし(実際そちらだったと思う)行かせるのなら本塁憤死の方がせめてもマシ。ここでははっきり名前は書いてこなかったが三塁コーチャー・大士の判断が常日頃から微妙なのは昨年から言われてきたところだったが一番大事なところで出た。もちろん満塁にして次のキムが打っていたとは限らないが展開は違っていただろう。

 結果福井さんに見事ワンチャン活かされて試合を決められた6回。5回までは先発・乾はノーヒットピッチング。先頭にヒットを打たれ進められて一死2塁。絶対に三塁に進めたくない場面で見事三振を取って二死2塁にしたのに次の打者でワンバウンドを林崎が逸らして見失い二死3塁に。こういうエラーにならないような小さな綻びが大きなダメージになる。ここから四球二つで満塁、4番清田くんに2点タイムリーで0-2。
 次の荒道くんの初球を見事にレフトスタンドに運ばれて0-5、実質的に試合が決まった。失点した次の打者に初球を決められる、というのはやはりミスだろう。配球なのかコントロールなのかはわからないけど。

 結局最後まで試合の流れを持ってこれなかった。初回以外にもチャンスはあってそこで決めきれなかったのもあったけど。均衡状態でやっちゃいけないミスが集まった。

 エースで落としたのは痛い。明日湯浅に頑張ってもらおう。それだけだ。

*CommentList

9/2 桃山 対石川。

 6-3、西地区後期優勝。

 日頃試合前にファンと顔を合わせたりすると笑顔で愛想振りまくのが今日は見掛けた方によるとほとんど笑顔がなかったらしいので、先発・ラミレスにしてもかなりの緊張だったらしいあの顔でwまあ国籍違えど20歳台のお兄ちゃんに違いはないから。
 ということで序盤今一つで2回一死から3連打で2点先制された。が4回位からいつものラミレスに。結果7回を被安打6で失点2。6回までと監督に言われたのをもう1イニング志願続投だったらしい。その時点で3-2の1点差だったからいい判断だった。ナイスピッチング。

 0-2の3回裏一死から谷口ツーベース、河本タイムリースリーベースで1点返し、1-2の5回裏先頭林崎ヒットを谷口が送って、二死2塁から榎本同点タイムリー、高山ヒットで繋いで二死1・3塁から海老原勝ち越しタイムリーで3-2。やはり今のうちの得点パターンは林崎・谷口の8・9番コンビからスタートすることが一番期待できる。
 7回裏二死1・3塁から長尾にタイムリーツーベースが出て突き放し続くキムが二死2・3塁から2点タイムリーツーベース、でだめ押し。これでほぼ勝負あり。

 今日イチは勝ち越しの海老原の勝負強さも光るが個人的には7回の長尾。主導権は握ったが接戦のまま膠着した試合を決定付ける一本だった。見事。さすが長尾←

 これでとりあえずシーズン終了が一週間伸びた。ようやく福井さんと同じステージに立てるチャンスを得た。これからがガチ勝負だ。ずっと越えられずにきた地区プレーオフを突破出来るか?

 あと。オールドファン?はご存知かと思うが、遥か記憶の彼方に「桃山最強説」があって、とにかく験のいい球場だった。ところが最近ホントに開催されることがめっきり減って、今日も今シーズン唯一の開催だった。それが胴上げ試合になっちゃうのだからやはり桃山は「持ってる」是非ともポストシーズンは桃山デーゲーム開催を。
 …真逆がアルペンのナイトゲームなんだけど何か?←あくまでも個人的印象

*CommentList

ご案内

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR