FC2ブログ

極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

8/4 城光寺 対福井。

 8-4。

 初回二死満塁で金子の2点タイムリーで先制。2-2に追い付かれた直後の3回裏一死から海老原長尾の連続ツーベースで1点勝ち越し。その直後にまた追い付かれ直後の4回裏二死3塁から河本の内野安打でしぶとく勝ち越し。
 4-3で膠着するかと思われた6回裏一死2塁からマクシーのタイムリースリーベース、続く林崎初球スクイズでこの回2点追加で突き放し、7回裏交替した投手の替わり端の乱れをついて無死満塁から海老原の2点タイムリーツーベースで点差を5点に拡げほぼ勝負あり。終始ギリギリのところで主導権を渡さなかったことで終盤いい展開に持ち込めた。特に6回の畳み掛ける取り方が印象的だった。

 先発・乾は7回を被安打8、3失点。正直よくなかったと思うがどうにかこうにかまとめてしまうのはさすが。特にコントロールが定まらずの序盤のバタバタは「こりゃ今日は厳しいかな」とまで思ったんだが。
 8回の古村は二死までは簡単に取ったんだがソロを食らい8-4にされた。次のツーベースもあわせて不用意な内容。結果1失点で済ませはしたが、この失点で次に菅谷を出すことになってしまったように見えたし。

 今日イチは、もちろん海老原は完全に確変フラグに入ったようで手がつけられない凄さなんだが、あえてマクシー。実は昨日の11回裏一死1・2塁の場面、林崎のヒットで二塁ランナー金子が本塁憤死した場面、一塁ランナーマクシーが二塁で止まってしまって本塁のプレーを見てしまっていたふしがある。それを注意されたからなのかは知らないが今日はタイムリースリーベースの走塁にしても直後の本塁突入にしてもなかなかの積極性が伺えた。こうでなくては。

 明日は現在2位の信濃さんとの直接対決。後期中盤戦の大きなヤマ場だ。信濃さんの先発・ギジェンくんはここまで苦戦してる投手だが、チーム総力戦で頑張れ!



8/3 高岡西部 対滋賀。

 3-3、延長11回引き分け。

 0-2の8回裏、というか8回一死までノーヒットだったけど、今日の初ヒットがマクシーのソロ。1-2の9回裏二死3塁から長尾に起死回生の同点タイムリー(ま、いい当たりではなかったけどw)なお二死1・2塁もマクシー遊飛。延長10回二死1・2塁も高山初球一邪飛でサヨナラ機を逃し、11回表に一死1・2塁からワイルドピッチで1点勝ち越され、2-3の11回裏先頭海老原に同点ソロ、なお一死1・2塁から林崎ライト前で本塁憤死(久しぶりに三塁の信号機が壊れたw)代打谷口クリーンヒットで繋いで二死満塁も河本ニゴロで終了。
 8回に1点返してからは何度もチャンスがありながら勝ちきれなかった。不必要な牽制死や走塁ミスもあり、正直勝ちみに遅い試合だった。

 先発・吉田は7回を被安打5で2失点、という字面以上になんかバタバタしてたけど、5回以降の内容は「いい吉田」だったと思う。
 8回古村・9回大井・10回の菅谷がいいピッチングで試合を作ったが、2イニング目11回の菅谷が惜しい。ワイルドピッチで1点勝ち越されてなおランナー残したところからのピッチングがよかっただけに。

 今日イチは11回の海老原だろう。あの勝ち越され方で1点ビハインドの先頭バッターで、バックスクリーンに打った瞬間の当たりを打てる、恐れ入りました。
 あと相手チームだけど滋賀さん先発の鈴木くんが素晴らしかった。スタンドで見ててもキレのよさが伝わるストレートに、左バッターの膝元へのたぶんカットボールか何か、榎本があれほどなにもさせてもらえないのは見たことがなかった。無論他のバッターは言うまでもなし。まあウチだから、なのかもしれん。信濃さんや福井さんのキツイ打線相手だとどうかだけど。

 ところで、勝ち負けとは別の話だけど。今日の滋賀さんの応援スタンドで石川の応援団メンバー(団長さん、だったのか?)が一緒にドラム叩いて応援活動してた。応援活動に対する考えは人各々チーム各々なので、自分の趣味・考えが正しいと主張するつもりはないけれど。
 昨年信濃さんと群馬さんのリーグCSは行けなかったけど、仮に行ってたとしても自分は信濃さんの応援団と一緒に応援はしなかっただろう。同地区の信濃さんに頑張って欲しいのは無論だが一方で群馬さんに「負けて欲しい」とは思えないから。それは自分なりの最低限の節度だと思ってる。
 これがILさんとのグランドCSなら話は別だ。実際オリスタで無理言って信濃さんの応援団に混ぜてもらってトランペット吹かせてもらったし。リーグ代表を一緒に応援するのは当然だろう。
 個人の見解ではあるけど、あえて一言で評するなら「節操がないなあ」というところ。まあウチに対して「頑張れ」といわれても居心地悪いことこの上ないのは事実だがw

 仮に、そういうスケジュールがあるかどうか知らないけど、富山対石川の試合の日がたまたま滋賀さんの日程が空いてたら、滋賀さんの応援団メンバーの方々はやはり石川の応援席で応援活動をされることになるのだろうか?

8/1 高岡西部 対福井。

 6-14。

 先発・湯浅、4回途中3回2/3で被安打8失点11。もちろんこれで今日は終了のお知らせ。四球でランナーを溜めて還されるの繰り返し。球が速くても単調になれば簡単に打たれる。ただ四球についてはスタンドでストライクボールの判定バラツキがひどいという声が。まあこのリーグではありがちだが、福井さんの先発は同じ球審でもストライク先行で安定したピッチングができていたから理由になるまい。先日の読売三軍戦でこてんぱんにされ丹南では目の覚めるような投球、で今日がこれ。まあ三歩進んで二歩下がる日々がまだまだ続くのかな?

 攻撃も7回まで1得点なすすべなし。8回9回多少の見せ場は作れたが。やはり8番9番で流れが切れる。もうひと押し・ひと絡みできる打線になれたら。

 川名が登板したのを今シーズン初めて見られた。7回から3イニングを被安打2で1失点。というか9回の一死までパーフェクトリリーフだったのでこれは!と思ったら詰めを欠いた。が福井さんもメンツ落としてはいたが上出来だったのではないか?そもそもなんでここまでこれ程に登板機会がなかったのか不可解なんだが今日の内容なら次があるだろう。

 これで灼熱のホーム6連戦を1勝1敗。あと4戦。


7/30 石川県立音楽堂 アンサンブル金沢 第405回定期公演

オーケストラ・アンサンブル金沢 第405回定期公演

 指揮:マルク・ミンコフスキ

 ペレアス:スタニスラス・ドゥ・バルベラック(Ten)
 メリザンド:キアラ・スケラート(Sop)
 ゴロー:アレクサンドル・ドゥハメル(Bar)
 アルケル:ジェローム・ヴァルニエ(Bas)
 ジュヌヴィエーヴ:シルヴィ・ブルネ=グルッポーソ(MeSop)
 イニョルド:マエリ・ケレ
 医師、牧童:ジャン=ヴァンサン・ブロ(Bas)

 ドビュッシー特別合唱団
 オーケストラ・アンサンブル金沢

 ドビュッシー:歌劇「ペレアスとメリザンド」全5幕

 ミンコフスキさんがシェフを務めるボルドー歌劇場からのほぼ丸々引っ越し公演となる声楽陣・演出陣と、今秋から芸術監督に就任するOEKとのコラボレーションが、その初陣からどれ程素晴らしい成果を上げたか、とんでもなく高水準の舞台を繰り広げたかについては、東京公演も済んだらSNSやブログや各種評論等でおそらく大絶賛大会になること疑いなしなのでここでは書かない。言わずもがなだから。

 毎度オペラを観たあとはこうなんだけど、ここからはいつも通りの感想文にかなり妄想モード?になる。

(注)ちゃんとした文献や解説・評論等を読んだらこのオペラについてはきちんと正しく書かれているはずです。こっから先は妄想モード全開で、しかも書き手の品性はクラシック音楽について書くにはかなり低空飛行なので、不愉快になったかたは読むのをお止めください。

 第3幕終わって休憩に入りロビーに出ようとしたところでそこにいらしたご夫婦らしき方の会話が聞こえた「何か、わけわからんな」そりゃそうだろうな、と自分だってろくすっぽわかっていないくせにそう思った。
 領主の王子と弟が一人の女性を巡って三角関係、みたいなシンプルさはそこにはない。その原因はひとえにメリザンドの複雑さにある。ゴローには「ペレアスは私を嫌ってるわ」ペレアスには「ゴローは優しくないし嫌われてて」これだけだとただの二股性悪女なんだけどw存在感がとにかく純粋無垢なのだこれがまた。
 
 第1幕冒頭でゴローがメリザンドを見つける?のが深い森の中の泉のほとり。ペレアスとメリザンドの最初の逢瀬(古臭い言い方w)第2幕冒頭が木漏れ日の庭園の泉のほとり。まさに男を惑わせる水の精・オンディーヌのメタファではないか。しかもどちらにも最初「近付かないで、触れないで」と。彼女自身は素直にそう言ってるのだが、その気にさせてしまうのは純粋無垢な残酷さ。男って、単純。
 彼女の引力は年若の二人だけでは済まない。病の床から快復したばかりの老王・アルケルからメリザンドへの語りかけにどこかセクシュアルな空気を感じたのは自分だけか?無論彼女自身はそんな気配もないのだが。
 妻そして母親として求めるゴロー、憧れの美しさと熱烈な恋の対象として求めるペレアス、老いらくの劣情が奥底に疼くアルケル。それぞれに子供のように応えてしまう(アルケルは一方通行だが)のだ、無論本人に全く悪気はなく。今回の公演でのタイトルロール・ソプラノのキアラさんのデリケートな演じ分けは鳥肌モノだった。だからこそこんな妄想の世界に遊べる。

 まるで子供のように無邪気に逢瀬を重ねる(舞台上演技上「一線を越えた」とは全く伺わせないが)メリザンドとペレアス。嫉妬に駆られたゴローが、懊悩の挙げ句ペレアスを刺し殺す破綻に向かう。そして死の床についたメリザンドの傍らで赦しを請いながらなおゴローはメリザンドに問うのだ「ペレアスとの関係は?」な、情けない…がゴローは一縷の期待をしてるのだ、メリザンドが「私はゴローが好きよ」と言って髪を撫でてくれるのを。こういうアカン役はホントに身につまされて共感できるのだ、俺のようなやさぐれたおっさんは。でメリザンドは、

「私はペレアスが好きよ。でも何にも悪いことはしてないわ」(こういうセリフではないがほぼこういう内容を)

 もうバッサリと袈裟斬りに斬られた。ゴローは二度と立ち上がれないだろう。ピュアな愛を求めた顛末がこれ。

 ところでホントに「何もなかった」のか?さっきも書いたが舞台上それを直接伺わせるところはどこにもなかった。でも、第3幕、城の塔の窓からメリザンドが長い髪を垂らし、それをペレアスが狂おしく掻き抱きキスをするシーン。ものすごく演出も音楽も官能的で美しいシーンなんだが、普通塔の上から垂らした髪が地面まで届くか?まあそういう単純なツッコミではないんだけど、だからこそ実はあのシーンが暗示してるものは…と勘ぐるのだよゴローはw

 どこをとっても鳥肌ものの極上の歌唱陣・新機軸でありながら極めて効果的かつデリケートで美しい前後二枚の紗幕を使ったプロジェクション演出・ドビュッシーの濃密かつ繊細な音世界を十二分に表現しきったOEK。最高の芸術体験の最中、頭の片隅に浮かんでたのは「どこまでは浮気じゃないから許せて、どこを踏み越えたら許せない浮気になるのか」という万国共通の時空を超えた人類の下世話な疑問だったわけだ。


 

7/29 城光寺 対福井。

 5-3。

 昨日同様初回の攻撃。連続四球のランナー送って一死2・3塁から海老原犠牲フライでノーヒットで先制、チャンスを拡げて二死1・3塁から金子とキム連続タイムリーで計3得点。一点差に詰め寄られたが3回裏二死ランナー無しから金子ツーベースにキムのタイムリーで4-2に。7回裏河本のヒットと相手内野陣のミスも絡んで一死3塁から榎本犠牲フライでだめ押し、5-2。
 やはり先制点は大きい。磐石とは言えないまでもある程度計算できる投手陣を擁しているのならなおのこと。一昨日金沢市民では今一つだったけど6・7番にいる金子・キムの状態が昨日今日は悪くない。こうなると得点機が増えてくれる。期待したい。

 先発・ラミレスは5回を被安打5で2失点。四球もあって結構バタバタしてたけど久しぶりの先発機を無難に終えた、という辺り。要所で力強いピッチングも見せてたし次回以降更にいい内容を期待したい。
 今日は6回大井、7・8回古村が無失点でしのげたのが大きかった。内容が磐石という感じではなかったけど。

 今節も一つ貯金を増やせた。新聞に出てた広告で知ったけど今日からホーム6連戦なんだそうな。緒戦は取れた。さあ、どれだけ勝ち星を重ねられるか?後期の行方を占うことになる。

ご案内

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR