極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

5/7 県営富山 対福井

 5-0。

 先発・コラレス、8回4安打無失点。見事だった。そのうち2安打が出た8回とかちょっとバタつく場面も無くはなかったが、好守備やちょっと福井さんが攻めの手順でミスが出たりとかで無失点で切り抜けられた。

 攻撃は初回無死1・2塁からゲッツーと内野ゴロ、2回も二死1・3塁で無得点、とかちょっと重かったが3回裏一死から河本ツーベース、河田のタイムリーで先制、二死1・2塁で中村にタイムリーで2-0。6回裏には福井さんの守備が乱れて二死から2得点。7回裏には二死3塁から長尾タイムリー。今日の5得点のうち4点が二死から。粘り強く攻められたのではなかろうか。もちろん逆にやられてたら(例えば一昨日のアルペン滋賀戦がことごとくそうだったように)結構ダメージの残る取られ方ではあったわけだろうが。

 今日イチは無論コラレスなんだが敢えて沢田を。2-0で6回表二死1・3塁で福井さんの3番・当たってる平田くんが打席。初球1塁ランナーが盗塁を試み沢田が刺殺した場面。2回にも沢田が二盗刺殺してるし、今日はポイントでの沢田の刺殺がいいとこで出たのが流れを呼べたプレーだったと思う。いつもように?走られまくってたら今日こういう展開とはいかなかっただろう。

 これでなんと群馬さんと並んでリーグ10勝一番乗り。もっとも群馬さんは3敗でウチは7敗もしてるので「並んで」などとはおこがましいのだが。とにかく爪の先に灯をともすような細々とした貯金3。コツコツといきましょう。


5/6 アルペン 対福井

 6-3。

 まさにワンチャン、唯一の得点イニング、0-1の4回裏。一死満塁から中村が同点タイムリー、直後の初球を林崎がライト線を破る3点タイムリースリーベース、長尾がタイムリー、沢田がヒットで繋いで一死1・3塁からペゲロ内野ゴロの間に1点。〆て6得点。見事な集中打だった。…その回以外ほとんどなにもさせてもらえなかったけど。特に福井さん先発・浜岡くんに2・3回で確か5三振。手も足も出ていなかっただけにワンチャン生かせたのが大きかった。

 先発・バリオスは6回6安打1失点。という字面からは信じがたいくらいバタバタ。とにかく四球が多くて。もっとも雨模様の1・2回がバタバタ、止んだ3・4回が落ち着いて、といった感じ。今日は幸いに援護射撃があったので。次は内容の方にも期待。
 大いに期待ハズレだったのが2番手後藤。リリーフした7回先頭から連続四球、次の初球に死球で無死満塁に。もう、準備不足としか言いようがない。まだ使ってもらってるうちに何とかしないとこれじゃそのうち登板機会ももらえなくなる。
 8回マバレ9回シレットというパターンがほぼ確立してるのは心強い。先発が7回まで試合を作ればほぼ計算できる。もちろんそうでない試合の方がたぶん多いのだろうが。

 今日イチはもちろん林崎だろう。見事な一振りだった。ここまでのDH 起用でなかなかの結果を残してるし、元々期待の高かったはずの長江辺りも尻に火がついてることを自覚すべきだろう。
 そして、内容はイマイチにしてもバリオス。ようやく援護と勝ち星が。資質からしても彼がこのチームのエースなのだ。

 これでGW 終了時点での貯金確定。一度借金するとなかなか返すのが大変なので、地道に、堅実にいきましょう。


*CommentList

風と緑の楽都音楽祭 雑感。

 昨日で閉幕した風と…長いのでツイートのハッシュタグで使ってた「ガル祭」を使うことにして、自分は5/4のみの参加であったけど、全体を見て感じた雑感を。若干?批判めいたことも書くだろうけどご容赦を。

 始まる前から思ってたし実際足を運んで思ったのは「去年までと何にも変わんない音楽祭じゃん」要するに、去年までのLFJ とほぼ同じ。違うのは音楽祭のタイトルのみ。もちろん本場LFJ と今年のテーマは全く違うのだけれど。「音楽祭の運営方法」なんてパテントがあるのかどうか知らんけど、片方で辞めますハズれますと言いながらやってるフォーマットは同じ、というのにLFJ サイド(が具体的に誰・どこを指すのかわからんけど)からのクレームとか違約金みたいな問題はなかったのだろうか?

 終了後改めて北国新聞に載った池辺晋一郎さんのインタビュー記事を見た。そこにあった「我が意を得たり」という発言、今年のOEK ニューイヤー開演前の専務理事さん(だったと思うけど)の挨拶にあったLFJ 運営サイドとの齟齬等々。取りまとめると統一テーマに無理やり合わせさせられ出演者・演目も縛りが多かった。「邦楽の確固たる歴史があり、吹奏楽や合唱も盛んな石川の良さを思い切り生かせる」(北国新聞記事から)音楽祭にこれからはできる、ということなのだろうけれど。じゃあそれがダメならいつまでも同じ音楽祭を続けていかなければならないのか?という論にも一理はあるけれど、まあ品のない筆者がらしく一言で品なく言えば「タダ乗り」だなあというのが正直なところ。

 もちろん自前でスポンサーを集め、自治体予算も出し人も出し、それなら制約なく自分たちの音楽祭を、というのはわからないではない。でもそこには二つ問題がある気がする。
 制約、と書いたが音楽祭のテーマ設定を一方的にされる「制約」が問題なのか?という点。LFJ 主宰のルネ・マルタン氏は毎年開幕前・閉幕後にメディアに対しテーマ設定の意図をきちんと説明し総括し、当然賛否両論のなかでずっと音楽的思想的支柱であり続けている。よくぞまあネタ切れにならないものだと感心するけど、何せ相手は耳の肥えた東京の聴衆・音楽メディアだ。大変なことだろうと思う。正直なところ今回の金沢はとりあえず同じ道筋に沿ってベートーヴェン、とした感じ。じゃあ来年は?再来年は?音楽祭を継続的に貫くバックボーンが設定できるの?例えば、池辺さんが?OEK の池辺さんプロデュースのプログラムに、あまり食指を動かされた覚えはないのだけれど。
 自治体が深く関与するなかでもう1つ気になるのが出演者。「金沢縁の音楽家」以前からずっと音楽教育が盛んでこんなにいい地元音楽家がいますよ、と言いたいのはわかる。それは1つの大切な側面ではあるけれど、せめて地元音楽家「も」出られる音楽祭であってほしい。地元音楽家「が」出るための音楽祭になってしまってはいけないと思う。それなら他でやってほしい。少なくとも石川県外から訪れる音楽ファンとしては思う。

 今回の経緯で梶本音楽事務所とおそらく決定的に切れた(だろう)とはいえ、例えばジャパンアーツとかプロモート他社ときちんとコミットしていけば出演者のレベルは維持できるだろうと思える(実際今年の招聘できたアーティストは悪くなかったと思う)。ホストオケがOEK ならまずは間違いない。井上道義さんが(おそらくプロモーター契約上の都合で)全く参加できなさそうなのは結構大きな問題だが、例えばユベール・スダーンさんにメインストリームを今後も任せることが出来たら…。

 こんなクラヲタのオッサンの趣味なんぞごく少数派だろうし、趣味に合わなくなれば口うるさい聴衆が一人減るだけ、と言えばそれだけなんだが。東京でやってる素敵なフランス生まれの音楽祭が金沢で聴けて、そんな中でも能楽とか吹奏楽とかちょっと毛色の混じったのも聴ければ、というある種の多様性がおそらく希薄になっていくだろう。「あ今年は野球応援すっぽかしてまで行くもんじゃないわ」などと思わずに済むことを、願う。OEK の定期はいつも聴いてるしそれで十分だわ、わざわざ行かんでも、みたいにならないことを。



5/5 アルペン 対滋賀

 5-7。

 まずはとにかく、先発・米山の立ち上がりの悪さが全て。簡単に打たれランナー貯めて二死満塁から走者一掃のタイムリースリーベース。1-3の5回には二死2塁から連続タイムリー。結局6回で8安打5失点。これではどうしようもない。ここまでは一応先発4番手なのだろうが、少なくとも自分が見てる範囲ではあまりよかったイメージがない。
 7回二番手竹林も二死からタイムリーで失点。8回には三番手小柳も二死からタイムリー。詰めが甘い、としか言いようがない。

 攻撃は1-5の5回裏。一死2・3塁からペゲロ2点タイムリー、河本ヒットで繋いで一死1・2塁から河田のタイムリーで4-5でなお一死2・3塁で、ジョニー三振。ここで一気に決めてしまえなかったのが最後まで響いた。先日甲賀でのように9回同点から貴重な勝ち越しタイムリーを打ったのもジョニー。結局その結果が試合の勝ち負けに直結するのが4番、ということなんだろう。残酷なのだがそれだけのスキルはもちろんあるわけで、次はなんとか頑張って。まあ本人が一番そう思ってるだろうが。

 今日イチ、というかホントにペゲロの状態がよくなってきたようだ。先日の加賀からの1番起用が見事にハマったみたい。下位の中村長尾沢田辺りでチャンスを造りペゲロ、河本が繋いで河田ジョニー、とようやく打「線」らしくなりつつある。まだまだではあるけれど一時よりは随分マシ。夢の?超攻撃型打線の、今まであまり富山にはなかったタイプの1番打者として今後も期待。

 それにしても、滋賀さんに勝てない。これでアルペンで連敗。滋賀さんにホームで勝ちなし。これだけでもやはりアルペンは嫌いだ。もうやだ。それでもなお明日もアルペン、しかも首位の福井さん相手…。勘弁してほしい。



*CommentList

いしかわ金沢 風と緑の楽都音楽祭2017

 ラフォルジュルネからくら替え(というか額面の掛け変え?)した最初の音楽祭。まあ全体評は改めてとして朝イチ9:45から終了21:45まで12時間石川県立音楽堂に浸った演奏会評を。
・C21
 東響のシェフだったユベール・スダーンがOEK を振ってのベートーヴェンの2番とシューベルトのロザムンデ間奏曲。既にOEK を掌握仕切ったかのように一体感・塊感のあるスダーンOEK と言えるかのような見事な2番、この上なくチャーミングなロザムンデ間奏曲。契約上ミッキーがこの音楽祭で振れないのならスダーンさんを核にして音楽を構築していってほしい。
・A22
 名手アン・アキコ・マイヤースさんのヴァイオリンで「スプリング」ソナタとペルトの「鏡に中の鏡」。ベートーヴェンが主題の音楽祭で何故にペルト?というのはおいて(この辺りに今後の課題)とにかく美しい。基本音数が少なく動きも少ないドローンのようなヴァイオリンパートなので根本的に音が美しくないと様にならない。もちろん「スプリング」ソナタもいい。ただピアノは、可もなく不可もなくといった辺り。スプリングソナタはピアノパートも美しい曲ではあるけれど、もう少しタッチの立った音の方がよかったかと。
・H22
 ピアノ協奏曲3番を三浦友理枝さんで。ピアノは申し分なく美しかったけどイマイチオケが。もっさり重い気が。コンサートホールではなかったので単純比較はできないけれど。
・C23
 今回客演の高雄市交響楽団のシェフ、チー=チン・ヤンさん指揮のOEK でコリオランとベト4。ダウンビートをかなりくっきりと効かせたいい感じの演奏。特にコリオランが好印象。
・H23
 急遽の代役・横山幸雄さん、とは思えない流石の貫禄・圧巻の協奏曲第1番。そして、今回の「謎の」オケ、高雄市交響楽団。これがなかなかいい。少なくとも同じ邦楽ホールで聴いたベルリン・カンマーフィル(これもなかなか「謎の」だが)より好印象。これは指揮の広上淳一さんの音楽造りとの相性もあるのかも。正直あまり(オケの方は)期待してなかったんだけど、いい方に裏切られた(笑)
・A24
 バリー・ダグラスさんで「ワルトシュタイン」ソナタとシューベルト「楽興の時」文句なく今日イチ。圧倒的なピアニズム。揺るぎない構成感。グルーヴする音楽。ベートーヴェン→シューベルト→アンコールのブラームスのハンガリー舞曲まで、一点の隙なし曇りなし。まあシューベルトはもう少し枯れた感じが…等というのはあまりにもステレオタイプな見方なのだろうが。
・ピアノソナタ全曲演奏会第3夜
 直前にとんでもないワルトシュタイン聴いたので少々不安だったが、正直「当たりハズレ」が(まあハズレというほどでもなかったが)好印象はまず三浦友理枝さんの19番20番。音の美質がよく出た秀演。アンナ・フェドロヴァさんの「熱情」と30番。特に、バリーさんのワルトシュタインに負けない濃ゆい強烈な「熱情」が圧倒的。
 なんかプログラムを見る限り「地元の」ピアニストに演奏機会を与えたくて(その辺りも後日書きたい)的なラインナップに見えるなかで、最後に32番弾いた竹田理琴乃さん(かなり若いらしい)が好印象、というか予想外によかった。もう少ししたら(もう少し伸びたらという意味も含め)もっと大きな舞台・話題で聴けそうな予感。

 一日聴いただけだけどあれこれ思うところもあったので、最初に書いたけどそれは後日(の予定)。

ご案内

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR