極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

6/9 石川県立音楽堂 アンサンブル金沢 第402回定期公演

オーケストラ・アンサンブル金沢 第402回定期公演

 指揮:川瀬堅太郎
 語り:谷花音(系図)

 武満徹:波の盆
 武満徹:系図ー若い人たちのための音楽詩

 シューマン:交響曲第3番 変ホ長調「ライン」

 今年9月の来シーズン開始からの常任客演指揮者就任発表から初の川瀬くんOEK共演。挨拶がわり、といった感じ。前回はべリオ等現代作品が主だったが今回は川瀬くん自身かなり思い入れのある(開演前のプレトークでもそれは感じられた)勝負プロ。 前後半で全く違うアプローチを聴かせてくれた。

 武満は共に後期・晩年の美しさに寄った作品。前監督井上道義さんの最終公演アンコールが武満のワルツだったけれど、それとはまた違うとても緻密な音造り。
 「波の盆」はテレビドラマ劇伴からの組曲。どこか懐かしい「あ、昔ドラマのBGMってこんな感じだったよね 」美しいノスタルジア。
 「系図」は岩城宏之さんがOEK編成にあわせて編曲されたものとのこと(だから再演には作曲家ご遺族の許可が必要だったのだろう。岩城さんに武満さんが特別に編曲を許可したんだろうから)。これはとにかく谷花音ちゃんのナレーション。今年14歳にもなろうけれどあえて「ちゃん」と呼びたい。まだ幼さの残る声の響きと少しずつ大人になりつつある朗読技術との絶妙なバランス。一言で言うならまさに「瑞々しい」表現で、谷川俊太郎さんの生々しくゴツゴツした肌触りの生命力ある詩を提示する。人の営みの時間は皆に等しく等速で流れる。それぞれの過ごす時間軸とその物理的長さに違いがあるにしても。一方で、両親によって一方的にたった5年で絶ちきられてしまう生もあるのだけれど、と聴きながらふと思い出した。

 後半のシューマンは響きをふくよかにとったアプローチに変えてきた。前にも書いたけどこのオケでざっくり二通りのアプローチを聴かせる指揮者があって、響きを削ぎ落とし見通しをよくして大きめの室内楽のように聴かせるか、大編成に負けないようなふくよかさをオケから引き出してスケール感を出すか。個人的にはより後者の方が困難で井上前監督の公演でも後者的アプローチの方がより難しく感じることが多かったが。
 面白かったし、随所にマエストロのこの交響曲への思い入れを感じられる演奏ではあった。でも、まだまだ良くなる、伸びる余地ある演奏だと聴いた。それを未完成であったとネガティブにとるつもりはない。マエストロとこのオケの本格的な時間は始まったばかりなのだ。来シーズンから導入される前後期制の、それぞれ開幕戦?は川瀬くんが振る。このオケからマエストロへの期待度の高さのそれは表れだ。まずは9月定期、ハイドンの90番・モーツァルトのピアノ協奏曲20番・ベートーヴェンの5番という、このオケにとって超定番プロ。勝負どころだ。



6/9 フェニスタ 対福井。

 1-5。

 前半は投げる方が、後半は打つ方が、ともかくやられた試合でこき下ろすネタには事欠かないんだが、こき下ろす以上何らかいいところも見つけて誉めないと、と思い帰りのクルマの中であれこれ考えてきたがどうにも思い浮かばなかった。

 ということで、一方的にこき下ろしていいところは書かないではどうにも非生産的なので、結局「書くべきことが見当たらない試合」が結論。

 あ、一言あった。打撃コーチを用意しましょう。NPBを目指して野手を育成するのに打撃を指導できない(してるようにはとても見えない)じゃ看板倒れだ。

6/3 県営富山 対石川。

 3-4。

 先発・湯浅、5回6安打4失点。安打数よりもとにかくボールがばらついて。トランペット吹きMくんの「地上3階地下3階」はけだし名言。で、正面入り口に行くと打たれるw四球も多かったがワイルドピッチも。結局決勝点になったのはマクシーのツーランで同点に追い付いた直後の5回表二死2・3塁からのタイムリーワイルドピッチ。
 今日は通して4つだか5つだかのワイルドピッチがあったらしい。基本的に見てる僕らはキャッチャーに対して「ワンバウンドは止めろよ!」という目で見るがキャッチャーにはきっとキャッチャーの言い分があって「あんなもん止められるかバカ野郎!」位の外れ方弾み方もあるのだろう。これは伊藤監督と上原コーチの仕事だ。投手担当とバッテリー担当の。早急に改善を求める。

 打つ方は相変わらずだったが湯浅の乱調で1点先制したにも関わらずあっという間に1-3とひっくり返されたんだが4回裏二死1塁からマクシーのツーランが出て追い付いた、ところまでだった。さっき言ったバッテリー間の問題もあり、3-4になった中盤以降よりどちらがと言えばこっちの方。打つ方は余計な四球もない中では今の足りない打線ではどうにもならない。誰がどう足りないかは今さらもう言わないけれど。自分を追い込んで鍛える、それしかなかろう。今の富山の野手で戦力外ならもうBCリーガーとして戦力外だ。そのくらいの危機感がほしい。

 ヒョンギュが当たってきたみたい。高山も復帰からはいい感じでヒットが出てる。マクシーは「アシタ、2ホン、OK!」と昨日言ってたらしい(笑)と聞いたが1本は打ってくれた。そろそろ打線組み換えかな。



6/2 県営富山 対信濃。

 7-2。

 ここ数試合、いかにも「リーグトップクラスの防御率の投手陣」と「リーグ最低打率の打線」と「野戦病院状態の守備陣」を組み合わせた典型例みたいな試合展開が続いてかなりの数(当社比)の富山ファンがストレスの塊になってたと思うが、ようやくわずかながら解消された5回裏。二死1・2塁からマクシーにスリーランが出て6-0。「スカッとした」という表現がまさにピッタリだったと思う。これで復調してくれたら、とは思うけどあまり期待しすぎないようにしておこう。

 もっとも内野ゴロで辛うじて先制、ワイルドピッチで追加点、など相変わらず全体に決め手に欠ける打線であることには変わりない。ベンチもどうしたもんやらと頭を抱えながらいろいろ手は打ってみているが笛吹けどなんとやら…。ここはカンフル剤として、是非とも今日のゲスト・篠塚和典さんに、打撃コーチとは言わないけれど臨時打撃アドバイザーとかになってもらえないだろうか?マジで。

 守備も相変わらず。記録では3エラーだけど怪しいのはもっとあった気が。DH氏の「もぐら叩きみたいにそこここからポコポコミスが」という表現は言い得て妙。外野手が一人入団が決まったが内野手がもう二人はほしい。打って守れて走れる選手が…とまでは言わないけれど、とりあえず誰か怪我したら投手を出すはめにならない程度の頭数合わせでもいいからほしい。

 先発・乾は7回を8安打1失点。ヒーローインタビューで13奪三振だったそうで、毎度の乾らしいピッチングだったんだなと。ヒットは出る、ランナーもそこそこ出すが四球が少ないので傷口が拡がらない。で締めるべきところは三振を取りに行き致命傷は受けない。前にも書いたが昔新潟さんにいた間曽くんあたりに散々ウチがいじめられた?やつだ。
 5点差で8回からは大井。1点は失ったけどまずまずの内容の2イニング締め。いろいろ取り揃えていろんな使い方をしてくる。いい感じ。

 今日はゲストを招いてのイヴェントデーだったわけだけど、これまでの富山にしたら一番ちゃんとした「イヴェント」だった気がした。毎度お馴染みのグダグダ感も(ほぼ)なく、楽しかった。
 そして、伊藤監督に会えるツアーで観光バス1台分のお客さんが。改めてすごい人が監督になってるんだなあ、と妙に納得した一日。


 

6/1 高岡西部 対信濃。

 1-1、延長11回引き分け。

 先発・ラミレス8回5安打1失点から菅谷→古村→佐藤と繋いで、リーグトップのチーム打率3割3分を誇る信濃さん打線を11回で7安打1失点に抑えたのだから文句のあろうはずもない。先日七尾で散々だった古村もしっかり修正してきたし。

 で、信濃さんより1割!悪いリーグ最低のチーム打率2割3分の打線なら、11回で7安打1得点はまあ「打率なり」といったところか。
 面白かったのは9回、申告敬遠で一死満塁で大石の場面。結局スクイズ仕掛けてホーム封殺で二死満塁になって甘露寺三振で終わった訳だが。当初そこで見え見えのスクイズかよ!と自分も思ったけど、あそこで最悪なのは強攻して内野ゴロホームゲッツーなので、まあありなのかなと。フォースプレーでアウトだったけど結構ピッチャーのグラブトスもギリギリだったし(ということは大石のバントも悪くなかった)。
 延長10回先頭谷口とヒョンギュ連打で無死1・2塁からキム・マクシー・高山連続三振は…だからチーム打率がこういう状態なのかと。

 今日イチは先発のラミレス。以前城光寺で足を痛めて以来しばらく不調だったけど前回長野県営でもよかったらしいし(行ってません)今日はホントに危なげなかった。失点も満塁からのワイルドピッチで、決定的な一本はついに打たれなかった。次回もめげずに頑張ってほしい。

 にしても、信濃さんの今日のリリーフ・斎藤くんや先生くんは去年も投げてたわけで「今年の富山打線歯ごたえないなあ、楽だわ」っておもってるんだろうな、きっと。

ご案内

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR