極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

5/3 ラ・フォル・ジュルネ金沢音楽祭 第一日

 毎年GW恒例、一日無理矢理サンダバさんの応援活動お休みして金沢へ。今回は10:00開演の朝イチ回から終演20:30の最終公演までほぼ切れ目なく(各公演間が約30分)計8公演を聴いた。
 最初に言い訳。今回のテーマは「パシオン・バロック」とのことで、個人的に一番空白域。名前位は聞いたことがあるけど、なんてまだマシな方で名前すら聞いたことがない作曲家が頻出する予感満点。

・ムジカ・レアーレ
 ロイヤル・コンセルトヘボウo.のメンバーによる室内アンサンブルでバッハのトリオソナタとモルターのクラリネット協奏曲。いきなりモルターとか、全く知らない作曲家だったけど(たぶん)ソプラニーノクラリネットによる協奏曲は素敵の一語。そして個人的にLFJ(金沢と新潟)で過去聴いた中で最上級のアンサンブル!
 1stVnの日本人女性は金沢出身とリーフレットにあって、ふーんすごいなぁ程度に聴いてたんだが、2曲目にメンバーが増えた時にビックリ!ヴィオラの日本人のおじさんって、コンセルトヘボウの首席だぞ!まさかLFJでコンセルトヘボウの首席奏者の音が聴けるとは!

・中野振一郎(チェンバロ)
 言わずと知れたチェンバロ日本人奏者の第一人者。バッハ、パーセル、クープラン、フローベルガー(知らない作曲家再び)、最後にバッハ。「皆でお国巡りしましょう!」なんて軽妙におしゃべりしてたけど、時代や国ごとの作風の違いを際立たせた確信犯的?巧妙なプログラム。演奏は言うまでもなく極上。チェンバロが入ったら普通のオケの音もなんかバロックっぽい?みたいな効果楽器みたいに聴きがちだったが、ピアノが登場するまでサロンで最強の音楽表現手段だったというのを再確認できる能弁かつ鮮やかな表現。合間の関西弁っぽいおしゃべりも楽しかった(無論曲目解説も過不足なくされてたし)。まあどことなく綾小路きみまろ風味も入ってたけど(笑)

・リチェルカーレ・コンソート&カルロス・メナ(カウンターテナー)
 いよいよ知らない作曲家大会。ベッカー、ブクステフーデ、J.M.バッハにJ.C.バッハ。昔ブラスアンサンブルやってたからシャイト位はかろうじて知ってたけど。
 とにかくカウンターテナーが美しい。いよいよマニアックな古楽大会になってきたぞと実感できる、端正なアンサンブル。後ほどこの組み合わせがトンでもないことに…。

・フィリップ・ピエルロ(ヴィオラ・ダ・ガンバ)他
 リチェルカーレ・コンソートの通奏低音組?によるアンサンブル。古楽マニアックレベルさらに上昇。サント=コロンブとかマレとか、聞いたこともない!けど、これが楽しい。こういう時代の宮廷音楽の舞曲ってアンサンブルするのが楽しそう。チェンバロは中野さんが弾いてたのよりも穏やかな響きで、自己主張よりもアンサンブルの親和性重視って感じが吉。

・早稲田大学交響楽団
 テーマはテーマだけど、一つくらいフルオケ聴きたいなぁと思ったので。バッハの管組とヘンデルの王宮の花火、バッハ/レスピーギ編のパッサカリア。今までLFJで聴いた「謎の」オケの幾つかよりもレベルは上なんだけど、正直やっぱり学生オケだなぁ、というのが実感。もちろんここでの演奏が彼らのメインではないわけで、ちゃんとした指揮者(今回のイマイチ感は指揮者の責任も大だと思う)で定期とかだときっと全くレベルの違う演奏が聴けるのだろう。

・ダニエル・ザピコ(テオルボ)
 こちらもリチェルカーレ・コンソートのメンバー。リュートとテオルボの違いがイマイチよくわかんないが、ギターの原形ということなんだろう。ギターよりも音に攻撃性?が薄い。典雅な宮廷音楽。場内の照明をかなり落としてたのでリーフレットが読めず、途中で誰のどの曲をやってるのかわかんなくなってしまったw素敵な演奏ではあったけど。こうしてみると、中野さんのミニレクチャー付きがいかに効果的だったかがよくわかる。

・リチェルカーレ・コンソート&カルロス・メナ(カウンターテナー)
 3本目と同じ組み合わせだがヴァイオリンやヴィオラが入ってヴィヴァルデイのモテット、スターバト・マーテル他宗教音楽。結果的に、今回聴いた中でこれが白眉。トンでもないとかスゴイとか月並みな言い方しか出来ないのがもどかしいが、少なくともそう滅多に聴ける内容の演奏ではなかった。
 バッハの宗教音楽は一般的だけど、ヴィヴァルデイのそれは明らかに肌合いが違うと思う。バッハが冷たく澄んだ空気の教会で奏でられるとしたら、ヴィヴァルディはどこかもっと暖かな気がする。感覚的だが。どこがどう違うからそう感じるのか、全く説明がつかないけど。

・マタン・ポラト(ピアノ)
 全く知らない名前のピアニストさんだった。帰宅して調べたらイスラエル出身の売りだし中の若手とのこと。バッハのゴルドベルク変奏曲を。思いもしないところでこういうスゴイ演奏が聴けるのがLFJのお楽しみの一つだ。この演奏が正統派なのかどうかとかはよくわかんない。ただ自分にとって、とてつもなくスリリングで、眠りを誘うためにバッハが委嘱されて書いた(という逸話がある)はずの曲がワクワク感満点であっという間にもう最後?みたいに聴けた。この演奏で寝ることなんてとても出来なかった。最高に、楽しかった。

 ということで、長丁場の一日が終了。明日小矢部での信濃戦が終わったら、コンサートホールの夜公演(モンテヴェルデイプログラム)を聴いたら、今年の自分のLFJは終了。

 
 
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR