極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

10/30 石川県立音楽堂 アンサンブル金沢 第357回定期公演

オーケストラ・アンサンブル金沢 第357回定期公演フィルハーモニー・シリーズ

 ネヴィル・マリナー(指揮)
 工藤重典(フルート)

 モーツァルト:交響曲 第35番 ニ長調 K.385「ハフナー」
 モーツァルト:フルート協奏曲 第1番 ト長調 K.313
 モーツァルト:交響曲 第39番 変ホ長調 K.543

 35番の冒頭を聴いて「お、この巨匠にしてやはりピリオドでやらせるか」と、やや薄めの響きを聴いてそう思った。が、直に響きが薄いのではなく限りなく透明なくらいに音が澄んでいることに気がついた。

 解釈・演奏スタイルそのものは極めてオーソドックス。昔ながらの王道・モーツァルト。最近はやりのピリオド奏法に生々しい楽器の響きを積み重ねたダイナミズムなどカケラもない。でも、美しいのだ。ただただ、美しいのだ。

 モーツァルトの音楽を「天上の音楽」と評することがある。この日の演奏は、まさにそれだった。

 39番の最後のハーモニーがフワリと(文字通り「フワリ」と)ホールに解けて消えたその一瞬が、泣けそうなくらい美しかった。よくぞホントに泣かずに済んだ、というくらい。

 工藤さんのフルートもこの上なく見事だったし。おそらく現役の日本人フルート奏者(現役とあえて限る必要もないけど)で最高の、が言いすぎなら指折りの実力をまざまざと見せられた。

 11/2はスケール感満点の41番。これにRVWの「揚げひばり」にハイドンの96番。期待しないほうがおかしい。

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR