極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

7/12 劇団P.O.D 第42回公演「流れ星」

(明日も公演があるのでネタバレ注意です。)

 主人公が悔いを残した過去にタイムスリップして人生をやりなおそうとする…古今東西数限りなく取り上げられてきたネタではある。結局、観客の多くがあこがれるシチュエーションだからなんだろうけど、ちゃんとその心情に思いがシンクロできるかどうかが成功のカギになる。結論から言えば、今日の公演は優れた脚本・丁寧な演出・何より出演者のハマった演技…すべてが揃った優れた出来だったのではないか、と演劇超素人でも素直に感じた。演劇公演で初めて本気で泣きそうになった。

 2010年→1970年へ40年のタイムスリップをするという設定からすると、少なくとも40歳台以上でないとノスタルジーを実感できないのではないか?とは思うが自分自身紛れもなくその世代なので(主人公たちは僕よりたぶん一回りくらい上、いわゆる70年安保世代だ)違和感なく入り込めた。
 先日亡くなった夫と全くうまくいってなかった主人公が、40年前に戻って当時本来あこがれていた人とやりなおしたい、という女性からしたらたまらない設定!40年前に戻って、それぞれがそれぞれにジタバタしてる姿を見ながら、その人たち全てのその後の顛末を知ってる(幾分「上から目線」の)主人公が、実は40年連れ添った夫のことを根本的に全く理解できていなかった、という絶望感…。これは、あこがれとかワクワクで観てた観客を見事に突き落とす。で、人の生き死にを含めて歴史は全く変えられないのだが、ただ一言、大切な一言だけは亡くなる前の夫に伝えられた…その瞬間が、一番ヤバかった。上を向いてないとマジで泣きそうだった。あまつさえ嗚咽さえ漏らしそうなくらい。

 結局「今」の自分がどう行動するか(もちろん今までの来し方の末にある「今」なんだけど)が一番大切。あなたは、大切な誰かに、ちゃんと大切なことを伝えてますか?逆に言わなくてもいい余計なことを言ってませんか?知らない間に傷つけなくてもいい人を傷つけてませんか?

 わからんわなぁ、そんなこと。誰も説明してはくれないし、そもそも感じ方も考え方もそれぞれ違うし。だからこそ、大切な「誰か」と思いを共有できている、とか価値観が一致している、とかホントにそうならそれほど素敵なことはない。残念ながら大抵は素敵な「勘違い」なことが多いのだろうけれど。

 毎回感じることだけど、演劇公演ってカーテンコールやブラヴォーとかないんだね。オペラとかに親しんでると結構意外。今日の公演は、掛け値なしに「ブラヴォー」ものだった。

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR