極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

6/6 となみ 対石川

 4-3。いつ以来か忘れるくらい久々の勝ち。

 今日も仕事で遅れて4回表途中から応援参加。先週とはうって変わって安定の先発・高塩。3回まで被安打5で1失点なんてどうやって?というくらい安定してた。
 1点差の9回は大竹。正直まだ全然不安定。だが、大竹には立ち直ってもらわなければ困る。大竹抜きで後期まで戦い抜くことはムリだ。今日の結果は正直「いいきっかけ」と言えるほどの内容ではなかったけど、とりあえず結果がクスリになれば。

 守備は先週の金曜の石川戦に比べれば数段マシではあったけど、気になったのは8・9回の1失点のきっかけ。8回は右中間への当たりを抜かれずに押えたはずがちょっとはじいたスキに打者にセカンドへ進まれ、ディレードスチール決められて犠牲フライ。9回は無死1塁でボテボテの一ゴロを何を思ったかセカンドを向いたおかげでベースカバーの大竹への送球が送れて逸れて無死1・3塁からタイムリー。
 新聞で、前節の城光寺の試合後野原が野手に「プレーが軽い!」と檄を飛ばしたそうだが、まさしく「軽い」プレー。たとえエラーは記録されなくても、こういう綻びから簡単に試合を失う。結局このチームが勝ちきれない、これが大きな要因ということなんだろう。

 一方、捕手が初先発・佐伯、三遊間がサード初先発・鈴木とショート佐々木のルーキーコンビ、というよく言えばフレッシュな、でもなかなかリスキーなメンバーだったが、大過なかったと言っていいだろう。特に佐伯が一試合こなせたというのは大きい。残念ながら杉本が今シーズン厳しい状況(先週石川戦で食らったデッドボールだ)の中で頼もしい材料。チャンスととらえ、小林といい競争になれば。

 攻撃はもちろん4回。岡野・生島連続ヒットのあとニックタイムリーツーベース、大上戸タイムリーの4連打で2-1と逆転。大きかったのは二死満塁の場面で、やはり佐伯。初安打初打点、それも南から。たいしたもんだ(その後の打席はあしらわれてたけど)。
 ただ、7回森・8回上條からまったくきっかけも作れなかったのは課題。まあ、特に上條はかなり良さそうだったからしょうがないといえばしょうがないが。

 今日は、試合終了の瞬間、まるで優勝でもしたかのような大喜びのスタンド。たった一つの勝ちでここまで喜んでもらえるのだから、選手たちも本望だろう。

 ホントは飽きるほど勝ちが見たいんだけど、ね。

 さ、明後日は楽しい楽しい遠方ビジター、長岡・悠久山。楽しく気合入れて応援しよう。

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR