極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

松本行、補遺&雑感など。

 日曜に行った松本・キッセイ文化ホールは、実は松本市野球場のすぐ近く(歩いて数分)。事前に松本市内で大きなイベントがあって市内激混み予想だという情報を得ていて、なおかつ松本での開幕戦のあと安いナビのおかげで混んだ市内正面突破図らせられてエライ目にあっていたので、今回は北側に迂回するルートをとる事にした。新しい(といってもいつ開通したのか僕が知らなかっただけのこと)有料トンネル(片道100円)を通って南下したらまっすぐに文化ホール横に到達。行きは試行錯誤しながら行ったが帰りは有料トンネルを基点に上高地方面へ、でナビに頼ってみたら梓川経由でめちゃめちゃ簡単なルートだった。営業時代に松本周辺をうろうろしてた記憶とつながったし、キッセイに行くにせよ野球場に行くにせよ、もう迷わないだろう。松本からあげセンターへでも行かない限りたぶん松本駅経由で行くことはない。

 コンサート終了後、昨年以来の河昌へ。再びの山賊焼き定食との邂逅、ジューシーな皮付き竜田揚げ風味で、下味もしっかり、絶品。正直今の僕の口にはしょっぱい味付けなんだが、ご飯たくさん食べたい人にはたまらないだろう。ふた口かじったらどんぶり飯一杯はいける(かつての僕ならいけた)。松本からあげセンターにもあるメニューだし、そこと比べて値段も高いんだが、それだけの価値は十分にある。

 ホールの向かいにある体育館に信州ブレイブウォリアーズさん応援自販機。河昌近くに松本山雅FCさんの応援自販機(チームカラーの緑色が実に親近感 笑)。グランセローズさんの応援自販機を見かけなかったのがちょっと寂しかった。北信だともっとあるのかな。

 ここからはマタイの雑感(非信者の独断と偏見です)。

 特にヨーロッパの人たちの今も根幹にある「ユダヤ嫌い」がこの曲を聴くとわかる気がする。イエスを陥れたのもユダヤ教の祭司長や長老、磔刑を求めたのもユダヤの大衆、刑の執行に念を押した総督に対して「その血の責任は我々とその子孫にある」…これだけ聖書に明記されてたら、人権感覚がしっかりしてる(はずの)現在ならともかく、中世~近世あたりの(大多数の)素朴なヨーロッパのキリスト教徒がユダヤを赦すはずがない。
 実際に刑の執行を認めたのはローマから派遣されてたユダヤ総督・ピラト。だが恩赦を与えようかという発言に逆にユダヤの民衆が暴発しそうなのを見て、彼らの前で水盤で手を洗い(清め)「この刑の執行には自分は(ローマは)一切関係ない」という態度をとる。それに対しての大衆の反応が先の「その血の責任は…」になるわけだが、実際のところどうだったのだろう?
 既に「キリスト教」となってしまっているからイメージしにくいが、当時はイエスはユダヤ教のラビの一人。それも正統ではなく若い異端(とまではいえないかもしれないが)。その先鋭的な教えに同調したやはり若い弟子たち、というか今風に言えば子分たちを従えて街を闊歩する。門前町で商売をしてる屋台を「神聖な神殿の前で!」などとうそぶき暴れて破壊する。…これって、旧来の(正統な)ユダヤ教主導層とイェルサレムを実効統治するローマ双方にとってある意味「鼻つまみ者」だったってことじゃないんだろか?そして大衆(サイレントマジョリティ)はいつの世も基本的に保守的、すなわち正統よりだ。となると、実際のところ(支配層双方にとって)ごく真っ当に捕縛され処分された、ということか。
 聖書の成立過程は、キリスト教の成立からローマ国教化への時期と重なる。となると本来当然の権限で当然の判決を下したはずのローマの総督があたかも「(イエスの処刑について)無実」であるかのように記述されるのもわかる。「気を使った」ということだ。そのせいで?より割りを食ったのがユダヤ、ということだ。そういう「都合」で蔑視されたり迫害されたり…一神教の救いのなさ極まれり、と非信者にはそうとしか思えない側面。

 ところで。処刑の3日後に復活し神になる、というのがキリスト教の根幹だ。でもこの曲では(「復活するという風説がある」というほのめかしはするが)描かれない。この世の中の人々の全ての罪を背負って死んだイエスへの鎮魂の祈りの合唱で幕を閉じる。
 イエスが捕縛されるのは弟子の一人・ユダの裏切(捕縛吏に、自分が手に接吻した男がイエスだからという内通の仕方は実にリアルだ)によって。そして捕縛されたらそれまで「最後の晩餐」を共にしていた(ある意味イエスに伴食していたはずの)弟子たちは全てちりぢりに逃げ失せた…。まるでしくじって官憲につかまった兄貴分を弟分が見捨てるみたいに(そのあととどめを差すような「ペテロの否認」のエピソードまであるし)。
 復活やら三位一体説やらとムリして神性仕立ててますなぁ、などとバチあたりに思うのだけれど、結構聖書本来の記述・物語って人間臭くてリアルなのかも。その方がありがたみが増すのに、などと考えるのは現代の非信者だからなのかね?



 
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR