極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

変遷…。

 給料日前でフトコロが寂しかったし引きこもろうか、と思ってたが昨日と違って天気も悪くなかったのでいつもの河川敷でペットの練習。ところがやはり寒くて少し雨がパラついたのをいい口実に早々に切り上げ(←根性なしww)。

 で、どっかに行こうか、と思いついたのがまだ行ってなかった中央通りにある「ギャルリ・ミレー」ミレーの作品を中心にバルビゾン派(印象派のちょっと前、でいいのかな)の作品を集めた北銀主宰のちいさな美術館。規模は小さいがそこそこ質のある作品群。まずまずよかった。もっとも横にある県ゆかりの作家・作品群が…並べての展示は酷だ。どうしてもチャチ過ぎに映ってしまう。

 美術館を見終わった後に、まあヒマだし数年ぶりにこのあたりをブラついてみようかと思い立ち、中教院~総曲輪まで端から端まで歩いてみた(読んでいらっしゃる方で富山県外の方がいらしたらスイマセン。超ローカルな話題です)。
 市内の空洞化が叫ばれて久しいが、それは数年ぶりに歩いてみても変わりない。でも、総曲輪は少しマシになった気がした。大和・グランドプラザ中心にそこそこ人もいる。これで旧西武跡に人が集まる施設が出来たらその間の回遊効果は結構期待できそうな気がした。
 一方中央通は…「さんぽーろ」という通称が文字通りの散歩どころかタダの通路と化している。閑散を通り越して無残なものだ。土曜の午後がこれでは。先に書いた「ギャルリ・ミレー」や立川志の輔主宰?の「てるてる亭」とか何とか盛り上げようとしてはいるが空回り、といったところか。

 かつて僕らの世代だと、例えば高校から帰宅せずに逆方向の中心部に行くことを「マチに行く」と言ってた(じゃない人たちもいるだろうが。僕のような田舎住まいだとそうなのだ)。家の(ある住宅団地)近くにもお店はあったが品揃えやら何やら全く違った。なによりも、行くことそのものにワクワク感があった。本屋・レコード(ふ、古い…)屋・楽器店(吹奏楽部だったので)・喫茶店・ハンバーガー屋…。オシャレには縁が無かった(今も変わりないが)ので服屋はスルーだったが(具体的店名は伏せる。いくらでも書けるが)。

 考えてみると、今や全部郊外の大規模店(イオンやらファボーレやら)にいけば全部済んでしまう。駐車場もタダだし。もっとも休日は死ぬほど混んでるので余程のことがなければ行きたくもないが。でも、クルマ持ってない人はどうしてるんだろう?学生さんとかお年寄りとか?
 でも、実は人通り少ない中央通でも営業してる店は、その二つのカテゴリ向け?なのだ。和菓子屋さんとかちょっととんがったファッション関係のお店とか食べ物屋さんとか。言い方はキツイが「どこにでもある」「どこでも買える」お店が残念ながら淘汰されて今に至ると見えた。

 現在行政が旗を振って市内中心部へ人の流れを戻そうとしてるようだが、前に書いたような大昔の状態に回帰させることは不可能だろうと思う。そもそも現状のレイアウトのまま店舗が埋まって営業して人も来て…なんてありえないだろう。そういうニーズは先も書いたがごく限られたカテゴリの人たちだし、都会地と違って根本的にそのカテゴリの数が少ない(都会なら同じカテゴリでもそもそも人口が違うので市場として成り立つのだろう)郊外に住み郊外型の店舗にクルマで行くというライフスタイルは今のところ変わる気配は無い。

 一番の手は中心部を「住む所」にしてしまうことだろう。今もマンションとか建ってるが基本的に高い。乱暴に言うなら中央通がわに人を沢山住めるようにして(当然それなりにリーズナブルなコストでということだ)、店舗は旧西武から大和の間に集中させる。そうなったら、いつかリタイアしたら(当然免許も返納するだろうし)是非住みたい。クルマなしではこんな僻地の住宅団地には住めない。中心部で生活圏が全てまかなえれば最高だ。

 …まあムリだろうが。土地建物の権利関係の利害が込み合ってて、再編なんて夢のまた夢。そうして結局、現状維持のまま朽ちていく未来…。






 
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR