極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

8/25 城光寺 対福井

 8-0。首位を順調に走る福井を一歩だけ止めた。

 今日のポイントはなんといっても3回裏だろう。先頭駒井がデッドボールで出塁、青木が絶妙のバントで送って岡野の内野ゴロで3塁に、二死3塁。2回まで4三振三凡だったのでムリっぽかったのが板倉の内野安打で先制。板倉が二盗→悪送球で再び二死3塁。ここで杉本がきっちりタイムリーで2点目。これが大きかったと思う。その杉本が盗塁(!)で二死2塁となって大上戸がタイムリーで返し、とどめが野原のツーラン。都合5得点。これで勝負あり。
 さっきも書いたが2回まで全くいいところなく完封されてたのが、ランナー出たとたんに走りまくって点に繋げた。あの迷い無いスタートは、何か福井先発・山崎のクセでも掴んでたんだろうか?なんといっても杉本まで走ったんだから。
 実は得点ほどにはチャンスの多い試合ではなかった。3回と、6回の島袋(これは福井のセンターの守備がやや甘かった)・駒井・青木の3連続タイムリーでの3得点の、ほぼ2回だけ。いずれも二死からの得点。5番・9番以外全て打点を挙げた。日野も岡野もちゃんと繋いでたし、全員攻撃の成果。…まあ、こういういい日もないと。問題はコンスタントに続くか。

 先発・隆史は7回2安打無失点。文句なし。というか7回の2安打目が出たとき「え、まだ2安打?」と思うくらい結構いい当たりもあった。要するに極めて隆史らしい、満点のピッチングだっただろう。8回はたぶん調整登板の元気が危なげなく(このときマスクが小林だったから、先輩・後輩バッテリーが実現したわけだ)。9回は藪上が三凡〆。まあ、点差があったから過大に評価は出来ないけれど、少しずついい形でのマウンドを経験してくれたら。

 本来勝った日でも何か拙かったところ・反省すべき点を書きたいと思ってるんだが、今日はホントになし。珍しい。あ、一つだけ。なんで隆史を完投させなかったの?完封もあったと思うのに。…ま、藪上投げるの見られたから(なかなか見られないレアカード)、いいけれど。

 一歩福井を止めたけど、まだ背中は遠い。福井に逃げ切られたらそれで今シーズン終わり。なんとしてでも追いつこう!

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR