極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

7/13 ウィングウィング高岡 劇団P.O.D公演

劇団P.O.D. 第40回記念公演「見果てぬ夢」


末期ガンの夫とその妻。その事実を受け止めて歩き始めるまでを、他の様々な患者や医師や看護師の姿を交えて描く群像劇。これまでアクションシーンも交えたスピーディーな公演を主に見てきたので、こういうオーソドックスな、演目は逆に新鮮だった。

画家志望の男が、ガンで死に行く男の希望で産まれてくる予定の(当然会えるとは限らない)子供の姿を絵に描いてほしいと頼まれて、男と妻の写真を見ながら描くシーンは、さすがにこみ上げた。

半年以上前に夫を亡くし、何故か妊娠していると思い込んでる老婆が、実はこの群像劇のキー。生と死と誕生とをリンクさせる存在。実に難しい役だったと思う。実は彼女はこの世に存在してるのか?と思わせられる、ある種の超越感が必要だったと思うんだが、そこまでか?と言われると…。若い(と思うが)役者さんが老け役として恍惚を演じるのか、実際にお歳を召した役者さんが無邪気に演じるのか?どちらが正解なんだろう?

 父を亡くして約10年近く経つのだが、それ以来死というものを現実的なものとして捉えるようになった。その眼で観ると、ツラい処が…ということは、成功だったということなんだろう。

 なんにせよ、演劇らしい?演劇公演だったと思う。キャラがしっかり立った群像劇は、見応えがあった。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR