極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

1/8 小杉ラポール ラポールニューイヤーコンサート2010

ラポールニューイヤーコンサート New Year Concert 2010 指揮:井上道義 独唱:メラニー・ホリデイ(ソプラノ) 独唱:ズリンコ・ソチョ(テノール) 管弦楽:オーケストラ・アンサンブル金沢 ▼プログラム ジーツィンスキー/ウィーン、わが夢の街 J.シュトラウスII/喜歌劇「ヴェネツィアの一夜」より_アンネンポルカ J.シュトラウスII/喜歌劇「こうもり」より_シャンパンの歌 レハール/喜歌劇「ほほえみの国」より_私たちの心にだれかが恋を沈めたのか、君はわが心のすべて ほか。  昨年のニューイヤー度?皆無(僕自身はそのほうが好きなんだけど)のプログラムから一転、今年は独唱を呼んでのオペレッタアリア&ウィンナワルツ・ポルカ大会。ニューイヤーコンサートらしくはあった。  独唱はとてもよかった。歌いだしたとたんに雰囲気がパッと明るくなる。オペレッタアリアはこうでなくては。メラニー・ホリデイは相変わらず達者。けっこういいお歳(失礼!)なのに、「チャーミング」の一言がピッタリ。僕よりヘタすると一回りは上のはずなんだけど。テノールの方も、名前は知らなかったけど、とても素軽くさわやかで好演。こういうのを聴くと、一度本格的なオペレッタが聴いてみたくなる。  アンサンブル金沢のこの手の曲の演奏もこなれたもの。井上道義さんになって、よりリズムの角付けがシャープになってリズミカルになった。好みの演奏。まあ、フワッとした演奏が好みの方には少し違和感あるかも。  全編この調子だと、チョコレートボンボンと生キャラメルの詰め合わせセットを食べるようなもんなんだけど、マエストロ井上はちゃんとお口直し?も用意している。ショスタコービッチのワルツが2曲、バッハのVn協奏曲、あとチャイコフスキーの交響曲6番の2楽章。なかなか凝った、ヒネクレタ僕好みの選曲。バッハが特に好演。  なかなか楽しい演奏会だったんだけど、お客の入りが…昨年は開場前ロビー一杯だったのに(早く入れるべきだ!とブログに文句書いたくらい)、今年は寂しかった。今日のオーバードのGARAのチケット買った時も、昨年に比べあまり売れてなかった(購入時期は遅かったのに)ような気がするし。景気よくないせいなのかな。    
スポンサーサイト

Comment

 

>いしあたまさん
 例の事業仕分けで当初心配されたオーケストラなどへの補助金はあまり削減されずにすみましたので、手ごろな金額での演奏会の供給は続くと思うんですが、肝心の聴衆が減っては…こんな時こそ一人一人のファンが支える、という心意気が必要なのでは。あれ、どっかの野球場近辺でもよく言う話ですね。
  • posted by かずくん 
  • URL 
  • 2010.01/10 09:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

やはり行かれてたんですね。
鑑賞予定が書かれていなかったので、どうなのかな?と思っていたのですが。
やはり景気が悪くなると文化的支出から削る人が多いでしょうから、ある意味仕方ない部分はありますが、寂しいですね。
これでコンサートの全体数が減らなければいいですが。
  • posted by いしあたま 
  • URL 
  • 2010.01/10 00:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR