極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

4/13 松本 対信濃 シーズン開幕戦

 2-5。開幕を飾れず。

 これだけ打てなきゃ勝てない。チャンスらしいチャンスは点の入った2・8回のみ。それも、2回は二死満塁からセカンドゴロジャッグルでオールセーフの1点だけ、8回は無死1・3塁からショートゴロゲッツーの間の1点だけ(それもその時点で1-5だったので1点OKの場面で、だ)。
 UPされた監督インタビューでも2回がポイントに上げられてた。1点先制なお二死満塁で打者有澤。信濃先発・杉山を崩しきっていれば、の場面。厳しい言葉だったが、それだけの期待をされるべき打者なわけだから、有澤には取り返すべく奮起して欲しい(打てなかったことを誰よりも有澤自身が感じてるだろう)。
 それよりも、僕が気になったのは3番の松本。2併殺も含め内容が悪い。現在のサンダバ打線の3番打者にふさわしい打者が彼なのなら、先々薄ら寒いと言わざるを得ない。首脳陣の眼鏡違いで無いことを期待したいが…。
 とにかく、打線全体がこま切れ。ま、負けるときはこんなものか。

 先発・隆史は、さすがに開幕で緊張したのかランナーを背負いまくりの展開。でも、結局4イニングで元ロッテの渡辺正人のソロによる1失点のみにまとめたのはまずまず。オープン戦でも安定してたし、次回は勝てるだろう。打ってくれれば、だが。
 問題は2番手元気。6回の3失点は、無死1塁で送りバントの送球を青木がミスってランナーが溜まったのがきっかけではあったが、全く踏ん張りが利きそうな気配はなかった。その前の回にしても、渡辺正人の不可解な走塁でのゲッツーでピンチをしのいだかに見えたが、それがなければ5回で終わってただろう。なんか見た目に重そうな感じで、素人目にも昨年までのフォーム・球のキレがない。正直、7回続投1失点は、余計な与えなくてもいい点だったと思う。
 
 今日の一筋の光明。たぶん異論はあるだろうが、独断と偏見で、青木が楽しみ。もちろん、サードファールフライはポロリするわイージーな送りバントの送球ミスってピンチ拡げるわ、散々な守備は見た…でも、明らかに大きくなった下半身、打席での内容も今日の打線の中では悪くなかった。我慢して使い続けたら、初年度以来空席だった大型サードに化ける素質あり、と見た。もちろん、前途遼遠ではあるが。

 それにしても、開幕7番サードが青木で、開幕先発投手が隆史。一年前では考えられなかった成長。こういうのを見るのが独立リーグの醍醐味の一つだ。さあ、切り替えて、明日のホーム開幕城光寺、改めて新チームの底力を見せてもらおう!


(余談その1)信濃先発・杉山、なんかバタバタしててもう一つなんかな、と思ってたら、たぶん最終責任回だったんだろう7回表に、完全ギアチェンジした凄まじいピッチング。なんのことはない、長いイニングに備えセーブしてただけだった。それに抑えられたんだから余計に重症だったんだが…。

(余談その2)わさびたん、来なかった…。

(余談その3)球場近くの「河昌」という店で松本名物(らしい)の山賊焼きというのを昼飯で食った。巨大でジューシーな竜田揚げ、といった感じ。鶏のから揚げ好きにはたまらない!

(余談その4)長時間ドライブに備え、ヴァント・ベルリンフィルコンビのブルックナー交響曲第4・5・7・8・9番CD6枚組をクルマに持ち込んで聴く。大沢野アルビス(ローカルやなぁ…)あたりで9番聴き終わった。ほぼ往復ちょうどの感じ。家でだとなかなかこれだけまとめては聴かないので(都合6時間以上)、長距離遠征でツィクルスはいいかもしれない。






 
 
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR