極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

大河ドラマ推し。

(今日はサンダバが雨天中止のため、穴埋めブログ?をお送り?します。)

 今年のNHK大河ドラマは、言わずと知れた「平清盛」だ。もっとも、最近は視聴率が上がらない、という話題ばかり面白おかしく取り上げられているが。
 尻馬に乗ったどこぞのテレビドラマ評論家(この呼称もかなりいかがわしいが)だかが「視聴者はわかりやすい話・よく知ってる話を求めている。本能寺とか関ヶ原とか結果のわかっている話で、人気俳優の演技で見たがっているのだ。」などとしたり顔で書く。まあ、民放連ドラあたりの基準で見れば、そういう見方が主流なのかもしれない(そういうつくりのドラマがかつてのような視聴率を稼げていない実態をどう説明するんだろう?)

 僕自身は、今年の大河は面白く見てる、というか日頃全くドラマを見ないんだが、大河だけは見てる。もう一つ言うと、ここ数年真面目に大河ドラマを見ていなかったが(特に昨年の、浅井長政の娘が全ての歴史の場面の主役であった!などというトンデモ話は完全無視)、今年は欠かさず見てる。
 長い大河ドラマの歴史の中で、いくつかの空白地帯がある。というか、ほとんど戦国時代と幕末のオンパレードの合間にポツポツ他の時代をやる、という感じなのだが。承平・天慶の乱、前九年・後三年の役、元寇、太平記の時代、応仁の乱、あたりが楽しくマニアックなところだったか。そんな中で、今回描かれる舞台の保元・平治の乱は、確かに空白だった。源平合戦の後半、頼朝挙兵から壇ノ浦、平泉での義経敗死までは何回かあったが。

 さっき「わかりやすい」と書いたが、源平合戦の後半戦はある意味わかりやすい。もともと平家物語を下敷きに描かれていて、その平家物語自体が勝者・源氏側の立場から描かれているわけだから、善悪・勝者と敗者がはっきりしてる。「驕る平家」だったから、応報で滅んだ、というわけだ。

 では平家は最初っから周り中から反感を買うような最大権力を握った大勢力だったのか?「悪者」だったのか?そもそもほんとうに「驕って」いたのか?

 歴史の中で、というか古今東西を問わず人間社会に絶対善・絶対悪なんてありえない。勧善懲悪なんて子供向けのお話(とほとんどのアメコミ)の中にしか存在しない。それぞれの立場の人やその集まりである家・一族・階級・民族そして国が、それぞれの営みの中で寄り添ったり、衝突したり、時として存亡をかけて争ったりする。今回の「平清盛」は、そういう視点で描かれる稀有な、でも正統な物語である、といえる。

 NHKのサイトでプロデューサーが、今回の大河をスターウォーズにたとえて、源平の争いを「episode1」から描いているのだ、と話している。であれば、もともと原作(元ネタ本)のない話なのでどこまで作られるのかわからないが、是非壇ノ浦まで、平家が滅亡するまで描ききって欲しい、と思う。主人公(清盛)が死んで4年後まで、というのは確かにムリがあるかもしれないが。
 壇ノ浦で、最後に安徳帝を抱いて入水する二位尼、つまり清盛未亡人・時子だ。いまドラマでは明るくふんわり深キョンが演じてる時子が、平家の終焉を看取るわけだ。これまで「驕る平家」の滅亡の象徴としてのみ描かれてきた場面が、どう感じられるのか?是非描いて欲しいし、期待して待ちたいと思う。

 最後にもう一度。視聴率なんてどうでもよろしい。だいたい、日曜のBSと総合に土曜日総合での再放送、と3回合わせれば民放のしょうもないドラマ群なんぞより圧倒的に受け入れられているはずだ。濃密に、きっちり、最後まで描ききって欲しい。




スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR