極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

小澤征爾×村上春樹 「小澤征爾さんと、音楽について話をする」

 一昨年からハマって読んでる村上春樹さん。とはいえ、基本的に図書館利用が多いんだけど、今回の新刊は小澤征爾さんとの対談本。迷わず買って、途中読みさしの他の本全てほったらかして一気に読んだ。

 文句なしに面白い。

 これまでの作品群・翻訳群などから村上さんの音楽への造詣の深さは十二分にわかってるつもりではあったけれど、やはりハンパじゃない。でも、専門の音楽教育を受けてるわけじゃなくいわゆる「一音楽ファン」だ。それが、CDを聴きながら小澤さんからいろんな話を聞きだす。僕らクラヲタが「こんなことを直接聞けたらいいなあ」などと妄想するようなことを、実際にやって、それがまた実に生き生きと、実際にその場にいるように、あたかも僕らが実際に聞き手になっているかのように書かれてる。無論書き手(聞き手)のセンス・能力の賜物なんだが。そのワクワク感はハンパじゃない。

 話されてる内容も、楽しいし興味深いものが多い。例えば、
 
 「…それがカラヤン先生の場合は生まれつき具わっているんです。長いフレーズを作っていく能力。…(中略)…それに比べてレニーの場合は天才肌というか、天性でフレーズを作る能力はあるんだけど、自分の意思で、意図的にそういうのをこしらえていくというところはない。…」

 あの小澤さんが、カラヤンとバーンスタインの比較論を語る…!この章を読むためだけでもこの本を買った価値があった。

 惜しむらくは、これが本であったことだ。この本の中でも描かれてたし以前NHKのドキュメンタリーもあったが、小澤さんは音楽の話をするなかでよく身振り手振りを交えて歌う。フレージングや間の取り方とか。今回の対談でもそれが随所にあって、一生懸命に活字に起こされてはいたけど、やはり限界がある。映像で、音つきで、見たかった。それが無いものねだりだとわかってはいるけれど。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR