極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

8/5 となみ 対信濃

 1-3。

 となみチュースタからの帰り道、コンビニでチューハイを買った。晩酌の習慣がなく、家では基本的に一滴も酒は飲まないんだが、さすがに今夜は飲みたい気分になった。当然ヤケ酒なわけで、メタボな体にいいわけないんだが。

 見極め損ねて(四球狙いだな)の見逃しの三振・当てに行ってストレートに勢い負けした中途半端な空振り三振・おっつけたんじゃなく、ただ当てただけの内野ゴロ・合わせただけの、相手守備陣の計算どおりの外野フライ。こんなのを僕らはいつまで見続けなくちゃいけないんだろう?ランナーがいないときのほうが思い切って振ったいいあたりのヒットが出る。でも、チャンスになると同じシーンの繰り返し。

 残念なのは、相手にまで見下ろされてること。今日の信濃の外野守備。全体に明らかに前目。主軸ならほぼ定位置。下位打線ならロコツに前。いい例。3回満塁で大陽のライト前の当たり。上手くあわせたがライトに思いっきり前にダイビングしてナイスキャッチされた。普通なら余裕でライト前ヒットの当たり。ただ、前にしか飛んでこないと決め打ちで守備についてるからああいうプレーが出る。完全にナメ切られてる。
 逆に。8回裏の島袋のライトオーバーのツーベース。ものすごくいい当たりで、普通に島袋のパンチ力を警戒して後ろ目で守られてたら、島袋の足じゃセカンドまでいけなかった筈。まあ、ナメてて痛い目にあったわけだが、このチャンスもまったく生かせなかった。さっきのシーンのリプレー。

 以前にも書いたが、強い打球を打てない打線なんて、どこも恐がらない。恐くない打線がなんぼ小手先の仕掛けをしても手のひらのうち。
 コールリーダーが「ホームラン!ホームラン!」ってコールをするが、残念ながら基本的にホームランは出ない。なぜなら、ホームランを打てる打ち方をさせてないから。おっつけて逆方向に大きな当たりを打つ、なんて落合・清原の世界。望むべくもない。
 攻撃陣のもう一工夫が欲しい・奮起を促す、以前に根本的に考え方を変えるべきでは?そうしたらランナーさえ出せなくなる、というなら今年のウチの打線の限界は既に見えた。相手にも見切られた(とっくに?)。

 打てないその上にエラー3つ、特に最終回の坂本の守備は失望モノだった。エラー前のツーベースにしてもエラーしたあたりにしても、最初の一歩目が相変わらず遅いしそもそもスタートを切る方向が違う。全然進歩してない、と言わざるを得ない。
 武蔵も、先日の桃山と今日、抑えでは厳しいのか?前期終盤からずっと調子落ちしてる(クイック意識して球のキレが落ちたのか?)なかで、これも一時的に切り替えてみるべきでは?

 とにかく、点差が競って見える割に、勝てる気がしない、というか「やっぱりダメだったか」という心の準備をしながら見てる自分がいた。というわけで、飲んで(飲みながら書いてるんだが)寝る。


(追記)今日から新入団選手。野手のメリアンが5番ライトで先発したが、とりあえず今日は特筆すべき内容なし。残念ながらあんまり当たる気はしなかった。次回以降期待…していいのか?
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR