極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

6/1 アルペン 対讀賣ファーム交流戦

 0-0、5回表1アウトで降雨ノーゲーム。

 開始前からずーっと雨降り。降ったりやんだりじゃなく、強く降ったり弱く降ったりの降りっぱなし。

 先発日名田は3安打無失点。この雨で讀賣打線もテンション上がらなかっただろうし、下位打線までブリブリ大振りしてたから額面どおりというわけには行かないかもしれないが、でもこのレベルに堂々通用してた、と言っていいのかも。結構三振もとってたし。今シーズンの好調が現れたピッチングだった。

 もっとも、打つほうも散発3安打。讀賣先発・黄(ファン、と読むみたい)は、さすがにいい投手。育成中心でも、こんなのがゴロゴロしてるわけで…やっぱりすごい。
 4回。先頭駒井シングルで出塁。町田進められず凡退。島袋のときに駒井盗塁失敗、直後に島袋ヒット、でも上田三振、とチグハグ。ヒットを打った、で喜ぶレベルではあるまい。仮想藤井・南、と考えると、こういうレベルの投手をこういう状況でどう攻め込むか、はやはり大きな課題。
 3回も同様。大陽ヒット、相手投手けん制悪送球で2塁へ。でも瀬戸3バント空振り三振、近藤辛うじて内野ゴロ進塁打、七條凡退。ボカスカ連打が続くレベルじゃない相手投手をどう崩すか。従来感じている、もう一段レベルが高い攻めのパワー(もちろんバント・進塁打などやるべきプレーをきちんとこなした上でだが)をいかに身につけるか。

 降雨ノーゲームは残念だったが、見所はあった。前期のこり半分と後期に向け、下を向くような内容ではなかった。むしろ、楽しみにしていたい。

(追記)土砂降りでびしょぬれになった楽器・楽譜をモタモタ片付けてたら、妙にスタンドが騒いでる。讀賣の選手が恒例?ビニールシートスライディングを敢行してくれてたらしい。一歩間違えば悪ノリになりがちなのをいやみ無く・ノリよく・タイミングよく、お客さんに喜んでもらえるようにやってのける、というのはさすが。誰がやってくれたのかは知らないが(たぶん見てても知らなかっただろうが)きっとベンチでもムードメーカーになれる選手なんだろう。素晴らしいことだ。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR