極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

方向性。

 「BCL個人打撃成績表の各部門全部に駒井が顔を出している(打率・Hrには町田も)。何よりもうれしいのは「盗塁部門」。しかも2位!ここに富山の選手が顔を出すのはいつ・誰以来だろう?記憶がない。」と、仕事中(…)つぶやいた。
 で、気になったのでランキングに顔を出したのが誰でいつ?と記録を見てみると(シーズン終了時の成績だが)、09年度下島が8盗塁でベスト10に入ってる。10年度はランク外…(ただし盗塁数は山内12・塚本10)。

 気になりだすと更に見てみたくなる。チームとしてどうなのか。
・07年度:リーグ総数283・サンダバ68(24%)・盗塁王 内村(石川)31
・08年度:     342     70(20%)     遠藤(群馬)25
・09年度:     298     28( 9%)     青木(群馬)26
・10年度:     480     44( 9%)     戸田(石川)47 (07年度のみ4チーム)

 それぞれのチームがどれだけ、と見だすときりがないので、単純化して富山だけ見る。それだけで、年々足を使わなく(使えなく?)なっているのがわかる。
 ちなみに、07・08年度はどのチームも盗塁数に大差ない。09年度、全体数が目に見えて減っているが、実は優勝した群馬だけが100盗塁を超えている。あとは大差ないが富山は抜けて少ない。
 面白いのが10年度。前年度を悔い改めたのか?、一気に盗塁数が増える。群馬が2年連続100盗塁超、石川・福井も100盗塁を超えている。富山・新潟・信濃が40個台(「戸田一人の盗塁数よりチーム盗塁が少ない」と昨年、半ば自虐的に言ってたな…)。「被盗塁率」なんて数字出てないと思うけど、石川・福井は、けっこう大陽が貢献したような…。
 10年度の上位3チームが全てプレーオフ進出チームだというのは、面白い。決してボカスカホームランが出るわけではないリーグ、というか近年ますます投高打低傾向が強まる中で、機動力を使えるか否かは得点力に直結するのではないか。

 さて、では今シーズン。再三監督・コーチの発言に出てくる「今年チームとしてやりたいこと」ボールを見極めること・バントや進塁打を必要な場面できちんと決めること。個の力で決めるのではなく、チーム全体でつなぎながらどこからでも得点できるようにすること。…あたりだと思うが。そういう意味でここ2戦形になりつつあるように思う。
 そこでもう一押し。さらに積極的に足を使って欲しい。14試合でチーム盗塁が14個、というのはまずまず悪くはない。駒井の8盗塁は、なかなかのハイペース。では、他の選手は?個々の足の速さや技術はよく知らないので、たとえば近藤・瀬戸・西川・七條(足はあまり…とは聞いてるが、技術と勢い次第では?)あたりはどうか?積極的に足を使うことで相手バッテリーにプレッシャーを与えられるし。
 逆に昨年まで失礼なくらい走られまくった大陽。同じ感覚でナメて走ってくる相手を、今年は面白いように刺殺している。走られなくなり、こちらは走れる…こうでなくちゃ。

 相手に嫌がられる攻撃。そこからすべてが始まる。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR