極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

5/3 ラ・フォル・ジュルネ金沢

 昨年はLFJ新潟へ行ったが、今年は近場の金沢へ。

 昨年の新潟との比較になるが、金沢の方が楽しい。金沢駅前周辺8箇所で切れ目なくいつも何かしら無料コンサートやってる。それひやかしてたら有料コンサートの合間1時間くらいあってもあっという間に過ぎる。昨年は合間の時間の使い方に困ったもんだが。そこいらじゅうで何かしら生演奏が行われてて(聴こえて)、食べ物もふんだんにあって(新潟も出店は沢山あったが、そもそも金沢駅前というロケーション、お店が多い)、全然関係ない通りすがりの人がブラリと足を止めるだけで参加できる。これはすごい。買い食いと無料コンサートひやかしだけで朝から夜まで金沢駅にいられるイベント…隣の県で、とんでもないことが行われてるぞ!わかってるのか富山県!富山市!ハコモノ作って終わりじゃないんだぞ!…こういう仕掛け、ホントに下手くそだからなぁ…。

 さて、コンサートのお話。

・ゲオルグ・チチナゼ指揮 シンフォニア・ヴァルソヴィア
  ベートーヴェン:「コリオラン」序曲
  ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」より第3楽章
  シューベルト:交響曲第8番「未完成」

 このイベントでは聞いたことも見たこともないオケ・指揮者の登場もあたりまえなんだけど、このコンビは当たり。エロイカの3楽章終わって拍手で「えーっ、続きは?第4楽章は?」とかなり本気で思った。端正でダイナミックな秀演。是非全曲が聴きたい。こういう安い?イベントで名を売って、正式招聘へ、となればいいですね(無論そうなればこんなにリーズナブルには聴けないでしょうが)
 「未完成」も非常に美しくていい演奏。でも、この曲はどこか破綻してるよなぁ。極め付きに美しい曲である事はまちがいないんだけど。面白い小説なのに、作者が続きの展開を考えられなくて未完に終わった連作小説のようだ(田○芳樹あたりに多いですよね)。シューベルトも、きっと続きが思いつかなくて投げ出しちゃったような、構成感の欠如・とりとめなさ。でも、やっぱり美しい。

・井上道義指揮 オーケストラ・アンサンブル金沢
 森岡紘子(S) 志田雄啓(T) オーケストラ・アンサンブル金沢合唱団
  シューベルト:交響曲第5番
  シューベルト:キリエ ニ短調 D31
  シューベルト:キリエ ヘ長調 D66

 この音楽祭のホストオケ、OEK。その貫禄を十二分に示した好演。
 8番の構成感のなさ、9番の冗長さに比べ、この5番の疾走感・爽快感はなんだろう(昨年桐朋アカデミーで聴いた4番も同様の印象で面白い曲だった)!
 相変わらずの透明感の高いOEKのアンサンブルに、マエストロ井上の、個々のパートのかなり細かい部分をこまめに浮かび上がらせるような解釈があいまって、曲の構造がくっきりと浮かび上がる。その上で曲の推進力が失われることがない、という稀有な好演。もっとシューベルトの交響曲って、取り上げられてもいいんじゃない?
 キリエ2曲もよかった。同じテキストを使った陰陽2種類の合唱曲を並べて演奏する、という企画に拍手。ニ短調のほうにだけソリストのお二人が参加、まさかこれだけのためだけに来沢?などと余計な心配を(無論そんなことはないようだが)。

 来年は、腰をすえて丸一日、金沢駅前につかってみるのもいいな。ムリヤリ時間ギリギリでコンサート会場飛び回ってハシゴしなくても、ゆっくり十分楽しめそうなイベント。
 
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR