極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

のだめカンタービレ 25巻(完結)

 のだめカンタービレ 最終の25巻、読了。

 雑誌連載のほうは既に終わってたんだろうが、コミックスしか読んでないのでちょっと遅めの完結。

 実写版・アニメ版ともに本編は23巻目までで、24・25巻は、後日談・番外編なんだけど、これがまたなかなか。どっちでもいいから(個人的には無論アニメ版だけど)映像化しないだろうか?モーツァルトの「魔笛」の筋を追いながら、結構面白くなると思うんだけど。

 まあ、アニメ版から入って、コミックスはまとめて大人買いで読んだクチだからあまりえらそうなこといえないんだけど、始まった当初からするととんでもないことになってしまった作品だなぁ、と。
 音楽大学の、ある種の「専門バカ」の変人オンパレードをコミカルタッチで描くところからスタートしたのが、最後はのだめがとんでもないスター奏者になる成長物語になってしまった(それも、マジで実際いそうな感じ)。 「あのソルフェージュ能力でコンヴァト入学はムリ」「そもそも、あの年齢(日本の大卒くらい)でのコンヴァト入学はないだろ」「あんな風に主担当の先生裏切るような形でデビューして、復学は普通ムリ」などなど突っ込み所は満載なんだけど、そこはおとぎ話ということで。

 実はパリ編以降の成長譚になってから、なかなかうまくいかなくてジタバタあがく千秋の存在感が妙にリアルだったりする。コンクールに勝っても、そこからが大変。実際、指揮者の世界40歳までは小僧っこ扱いだろうし。

 全体を通じて、さっき書いた「おとぎ話」という言い方(ネガティブな意味ではありません)が、すごくマッチする作品だな、と思う。

 あ、さっき映像化するならアニメ版がいいと書いたけど、指揮姿がメチャメチャさまになってきた玉木宏の千秋役、また見てみたい気もする。いやあれ、マジでうまいですよ。役者さんがやった指揮者役では最高かも知れん。

 

 
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR