極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

11/19 オーバードホール 桐朋アカデミー特別演奏会

 桐朋アカデミーオーケストラ、今シーズンラストのコンサート。ハイドンヴァリエーションと交響曲1番のオールブラームスプロ。

 ハイドンヴァリエーション。最初に提示されるメロディが様々な形に変奏される。その後の交響曲の習作、というわけでもないんだろうけど「あ、あそこのフレーズ」みたいに後の交響曲のエコーが聞こえる。シンコペーションを多用して組み合わせたブラームスらしい複雑なリズム構成を、きれいに面白く聴かせてくれた。

 交響曲第1番。Hr、Fl、Clなど管のトップが見事。1曲目よりあきらかに管のアンサンブル精度が上がり、鮮やかに聴かせてくれた。毎度書くけどここの弦は相変わらず達者。昔アマオケにいたころ、弦の連中がブラームスやたらにやりたがってたのを思い出した。弦が主役の曲、面白いわ。


 …と書いてきたんだけど。アンサンブル精度も申し分ないいい演奏だったんだけど。どこかしら食い足りなさが残ったのはなぜなんだろう。ゾクゾクするような爽快感が、足りない。
 非常にバランスの取れた端正な演奏ではあったけど、バランス重視で逆にオケ全体のテンションを抑えてしまったような気がする。昨年・一昨年の特別演奏会に比べ渋めのプロだったせいもあるかもしれないが、先日の定期のシューベルトやシューマンの交響曲に比べても、どこかしらもどかしさが残った。残念ながら、指揮者の解釈の結果、と言わざるを得ない。じゃあどこをどうすれば良かったのか、と聞かれても答えられない。それがまた、もどかしい。あまりにわずなな、でも致命的に惜しい。
 …それも僕の趣味なんで、今日のような演奏のほうが抑制が効いてて好み、という方もいらっしゃるだろうけど。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR