極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

10/10 市民プラザ アンサンブルホール

 今日は終業後、富山市民プラザ アンサンブルホールへ。音楽会への招待 Vol.?~秋のファンタジー~を聴きに行く。高森静香さん(p)竹内祐子さん(fl)高田信さん(語り)。  そもそも、8/20のラポールのコンサートへ行った時のレビューをブログに書いたところ、そのときのピアニスト高森静香さんに書き込みをいただき、今回のご案内をいただいたのがきっかけ。富山法人会主催の招待客向けのクローズドらしく、ご案内いただけなければ120%聴くことがなかったはず。まずは、高森さん、ありがとうございました。招待券にメッセージカードまでついてて、嬉しかったです。感謝です。  さて、本編。一番期待してたのが、アンデルセン童話「人魚姫」を三善晃の音楽にのせて語りが入る、というプログラム。しかも、プロローグにショパンの前奏曲、エピローグにR.シュトラウスのセレナーデを、というとっても凝ったもの。ものすごく、よかったです。リリカルで、美しくて、でもどこかピンと張った緊張感があって。教育テレビで影絵劇を見てるような懐かしさもあって。  竹内さんのフルートもよかった。前半のヴァン・エイクのソロ曲。いわゆる中世のバロックフルートのレパートリーなのかな?他の人のフルートソロリサイタル今までに聴いた事もあったけど、こういったレパートリー聴くのは初めて。面白い!カルメン幻想曲もよかったけど、まあ、定番ですからね。  プログラムについて。後半は、個人的な好みで言うと、カルメン幻想曲で始めて「人魚姫」で〆てもらったほうが、しっくりしたかな。  あと、ものすごく残念だったこと。奏者の皆さんに気の毒なくらい、客のマナーが悪かったこと!最初のフルートソナタ始まってしまってるのに、ゴソゴソ入場(そもそも、関係者が入り口で1曲終るまで止めるべき!)、しかも座ってる人掻き分けてど真ん中の席へ!それから、演奏中の携帯!1人はフルートソロ曲の最中。竹内さん、第3変奏に入るのをしばらく待っていらした。もう1人は「人魚姫」の最中。静かで緊張感のある場面で、それもなんども繰り返し!ぶん殴ってやりたくなるくらい、腹立たしかった!これ、読んでるわけないとは思うけど、そんなに携帯が大事なら、コンサートに来るな!外とは隔絶された別空間を楽しみたくってコンサートに来てるのに、まさにぶち壊し!    気分を変えて。前回はどちらかというと伴奏ピアニストとしての高森さんの演奏を聴かせて貰いましたが、今回はソロもあり。ブゾーニ編のバッハのシャコンヌのピアニズム、圧倒されました。バッハのフルートソナタの伴奏はチェンバロ風に軽やかに、三善晃はリリカルに。今回もさまざまに楽しませてもらいました。残念なこともあったけど、全体には、とても素敵で、楽しかったです。ご案内いただいた高森さんに、改めて、感謝です。是非、ソロリサイタル聴きたいです。楽しみに、待ってます。  さあ、明日からは、応援団モードだ。チャンピオンシップ富山ラウンド、宮野で決めるぞ!  
スポンサーサイト

Comment

 

かずくん様へ
まっこと申し訳ないのでございますが、小生は音楽はまるで無知、音痴なのです、某局のあかしろ歌合戦はもとより歌番組はほとんど見ません。ましてやクラッシックと聞いただけで睡魔に襲われる始末です。
そんなワケでコメントしたくても出来ないのでございます。
しかしサンダバ&グラネタの時はコメントさせて下さい。
追伸→ジャジャジャジャ~ン♪で始まる曲は知ってます(笑)
明日は運命の群馬戦射程圏内だ!
  • posted by 黄 颯界 
  • URL 
  • 2008.10/10 23:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>黄 颯界さん
明日は「運命の一日」ですよね!
ちなみに、その曲は正式には「運命」とは呼ばない(そう呼ぶのは日本人くらい)のですが…ややこしくなるので、やめときましょう。
  • posted by かずくん 
  • URL 
  • 2008.10/11 00:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

「かず」さま
先日は大変お忙しい中、市民プラザの演奏会にお越し頂きありがとうございました。早速に詳細な演奏会批評を書いて下さって感激しております。沢山の温かいお言葉を頂戴し励みになりました。光栄に存じます。「かず」さんは音楽に大変精通していらっしゃいますが、ご自身も楽器を演奏されるのでしょうか。ブルックナーのシンフォニーは私にはまだ難しいと感じることが多いのですが、生の演奏を聴いたりNHKの音楽番組など観ながら、オーケストラ作品に触れる機会も増えました。楽しみながら勉強しています。是非また色々教えて下さい。今後ともよろしくお願いいたします。           さて演奏中の携帯電話の着信音について。まさにこれ最高のタイミング!で鳴ってしまい(苦笑)、ご本人も周囲の方々もかなり焦られたのではないでしょうか。演奏会、美術館、スポーツ観戦…場に応じて様々なマナーがあると思いますが、それを学んで行くのも文化を学び理解するということ、それが文化が根付き浸透し成熟するということにつながると思います。特に今回は「教育プログラム」的な側面もありましたので、私自身アナウンスでもっとマナーを徹底するなど工夫が必要でした。今後に活かしたいと思います。
 最後に「崖の上のポニョ」を入れたのは私の個人的な趣味(!)ですが、実は“人魚姫”と“ファンタジー”というテーマ繋がりもありました。多少唐突感があったかもしれませんが、笑顔溢れるハッピーエンドで演奏会を終えることが出来、嬉しく思いました。「かず」さんがおっしゃっていた吉松隆さんの「タピオラ幻影」、いつか是非弾いてみたいと思います(左手のみはタイヘンそうなので両手で弾きます、おそらく…)
最後になりましたがサンダーバーズの優勝、おめでとうございます!胸弾むようなさらなる快進撃、お祈りしていたしております。どうぞ「かず」さんもお体お気をつけてご活躍ください。
  • posted by 高森静香 
  • URL 
  • 2008.10/13 01:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>高森静香さま
 コメントありがとうございました。改めて、ご招待いただき、ありがとうございました。実は、当日終演後ロビーに出たら目の前に高森さんが!ご挨拶しようかな、とも思いましたが何人かの方と談笑していらっしゃいましたので遠慮しました。お礼も言えず、スイマセンでした。
 僕自身は高校で吹奏楽、大学途中までオケにいました(楽器はバステューバ)が、自分のヘタさに愛想がつき、もっぱら聴くのみです(今、野球の応援なんかをしてると、吹いてみたい!という衝動にかられますが)。なので、できもせずに聴くのみで好き放題書き散らしてますので、「精通」などと書かれると、ホントに恐縮です。基本オケを聴くのがメインで、室内楽等は気が向いて聴いてもハズレ・つまらん!ってことが多かったのですが、高森さん出演のこの2回が当たりだったので、嬉しくレビュー書いた訳です。
 携帯について。奏者の方が演奏中ご自身でおっしゃらなきゃいけないってのも寂しい限りですが、後半開始前のどこかであれば、「人魚姫」中の事故は防げたかも、ですね。僕もあれほど見事な?のは久々ですから、客層によるのかも。ラポールの大橋さんのコンサートでは全くありませんでしたし。
 「ポニョ」については、確かに唐突でした(笑)が、じきに「人魚つながり」だとピンときました。だからこそ、曲順が…と思ったのです。まあ、竹内さんがメインゲストでしたから、という「大人の事情」だろうな、と勝手に納得もしてましたが。
 吉松隆さんの「タピオラ幻景」は、いわゆるクラシックジャンルのピアノ曲中、出色の美しい曲だ!とファンの僕は思ってます。ですが、高森さんが取り上げてくれなければ残念ながら富山で生演奏に接する機会はないかと思われますので(初演者、館野泉さんのリサイタルでも富山であれば別ですが)、是非是非お願いします!
 あと2週間、サンダバ漬けの日々が続きますが、11月からは、静かな日常が?戻ってきます。近々また高森さんの演奏に接するチャンスに恵まれることを切に期待してます。
  • posted by かずくん 
  • URL 
  • 2008.10/13 08:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR