極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

ちょっと、こむずかしい話を。

 いきなりだけど、田中芳樹さんの「銀河英雄伝説」が好きだ。いまさら言うまでも無く、アニメ化もされたスペースオペラの古典。最近の氏の著作を見る限り、この作品が出世作にして生涯の最高傑作になってしまいそうなのが、少し残念だけど。SFだ、やおい趣味の女の子向けだ、と敬遠されてまだ読んでいらっしゃらないかたがいらしたら、是非一読してほしい。  いろんな読み方・楽しみ方がされてる作品だけど、僕にとってこの作品は政治的・思想的バックボーンの大きなひとつだ。胸を張ってそういえるほど、非常にそういう示唆に富んだ作品。沢山いいセリフがあるけど、なかでも「力を持つものの自制にこそ、自由主義国家の軍隊の精髄がある」「究極的に自分達を否定するもののために、自由主義国家の軍隊は存在する」まあ、細かい言い回しは違うかもしれないけど、内容的にはこんなところ。  なぜ、こんなことを書くか。11/11の田母神某氏の国会参考人質疑の内容を見聞きし、おそらく彼が「下らん子供向きの書き物」扱いし、切って捨てるであろう作品にはるかに及ばない政治的識見しか持たずに、航空自衛隊制服組トップにいた、という驚くべき事実に接したから。憲法は、国民が国家権力に対して突きつけたくびきだ。究極的には、国民一個人は、憲法によって国家権力から守られている、とさえ言える。もちろん、実態に合わない内容もあるわけで、憲法の内容は時代に即して変わっていくべきだと思うけど、それを主導するのは国民であるべきだ。一番憲法のくびきのもとにあるべき自衛隊の、それもトップにある人間が、憲法を否定するような思想を持ち、あまつさえ公言してはばからない状態、というのは、非常に危険だ。  無論、自衛隊員も「言論の自由」を認められた日本国民だ。だが、こと憲法に関する限り、それを否定するような思想・言動は許されるべきではない。言論の自由に、それは優先する。なぜなら、彼らは「力を持つもの」だからだ。自制を失った「力」は、単なる「暴力」でしかない。それが一般国民に向けられた悲惨な事態は、歴史上枚挙に暇が無いだろう。  先の大戦を、欧米による被支配からのアジア解放戦争だ、とする見方がある。それによって、(日本以外の)アジア諸国の民主化・近代化が早まった。だから、一方的に日本が悪い、という歴史の捉え方は間違っている、ということだ。田母神某氏の歴史観も、大まかにこれにそっているだろう。  あの戦争は、何をどう糊塗しようと、日本による侵略戦争だ。「民主化・近代化が早まった」という側面もあるのかもしれないけど、侵略された方からすれば、はっきり言って「大きなお世話」だ。だいたい、「大東亜共栄圏」などと言って進出して、天皇陛下を拝みなさい、日本語を話しなさい云々、明らかに被征服民に対する「上から目線」だ。欧米支配が日本支配に変わっただけ。一方的な思い込み(これを「理想」という)・独りよがりによって、アジア全域に国家的迷惑をばらまいたわけだ。国家権力・軍隊組織の「理想」は、一歩間違うととても危険な側面を持つのだ。  おそらく大方の自衛隊幹部は、今回の問題の根深さを理解し、頭を抱えてるだろう。大半の自衛隊員の皆さんは、日夜国民のためにきちんと活動していらっしゃる。だからこそ、自由主義国家の軍隊、として自衛隊が存在する背景を、忘れてほしくない、と思うのだ。国民みんなの為の大切な組織として。 (昨夜、興奮気味に書いたので公開するか迷ったけど、日付変わって読み返し、問題ない、と判断したので公開します)
スポンサーサイト

Comment

 

通りすがりで読んでしまったのですが、
あなたの考え方は私とは全く違いました。
やはり人それぞれ考え方はいろいろあるんだなぁと思いました。
表現の自由っていいですね。
通りすがりなので内容には触れません。おじゃましました。
  • posted by 通りすがり 
  • URL 
  • 2008.11/12 19:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

田中芳樹って
こむづかしいホラー小説書く人ですか?
ココリコの田中直樹なら分かるんですが…
ついでに田中眞紀子さんちの婿はんの
田中直紀さんも分かります。
  • posted by 黄 颯界 
  • URL 
  • 2008.11/12 21:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

日本は“いい国”だとは思います。
が、太平洋戦争は誰がどう見たって侵略ですよね。戦争しといて侵略じゃないっていうのは、私には理解できません。
戦争・侵略は負の歴史。どこの国も抱えています。日本だって特殊な国ではなく、負の歴史もいくつもあるでしょう。
それを認めるだけで、自分の国を悪く言っているというのは幼稚すぎます。
まー、前国土交通大臣の日教組発言とか、自分の立場もわきまえず、個人の好き勝手を通すのは、社会人として失格な行為。
組織に生きる人間は、自分の主張が認められなくても、組織の判断に従わざるを得ないなんてことはどこにでもあること。
それを破る行動に出ても、退職金はしっかりもらえるんだから、やっぱ公務員は甘いんですかね。
  • posted by おぎりん 
  • URL 
  • 2008.11/12 21:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

こんばんわ。初めてこちらにお邪魔します。
先の大戦ははっきり言って自衛戦争と言わざるえません。
では当時のアジア情勢を放っておくとどうなっていたかと言うとロシアに侵略されていたかもしれません。それでもいいですか?
一歩、二歩進みすぎた所で内戦状態の中国に引き込まれて泥沼状態になっていったのが中国、韓国風に言われる侵略戦争だそうです。
これらの本をどれだけ読まれていますか?
俺が中国&韓国関連の本は6冊は読んでます。
つまらん意地で書き込みました。
数多く出版されている本の中で中国人、韓国人も認めている事実をそんな卑屈な態度で解釈されない事を希望します。
  • posted by McQUEEN 
  • URL 
  • 2008.11/12 23:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>通りすがりの方へ
 はい、表現の自由があって、よかったな、と思っています。人それぞれの考え方、ということです。
  • posted by かずくん 
  • URL 
  • 2008.11/13 11:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>黄 颯界さん
 田中芳樹さんは、エンターテインメントの作家さんですから、基本的にこむずかしくはないですよ(苦笑)
 僕のような読み方・受け止め方が真っ当かどうかは、さだかではありませんが。
  • posted by かずくん 
  • URL 
  • 2008.11/13 11:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>おぎりんさん
 件のもと空将氏の退職金については、ルールですから。懲戒免職にできる類いのことでもないですし。思想・表現の自由を法で規制することは、また別の意味で危険極まりないことですから、僕が求めてるのは立場に応じた「自制」です。
 
  • posted by かずくん 
  • URL 
  • 2008.11/13 11:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>McQUEENさん
 見解の相違があるのは残念ですが、多様な意見の存在は、喜ぶべきことと思っています。好きなことを書きましたが、別に僕の意見に盤石の価値観があるとは思ってませんし、それでもって他の方を説き伏せたり、意見の違う他の人に対して「本を読んでいない。不勉強だ。」などと言う気もありません。まあ、僕程度の読書量は、他の方に比べれば微々たるもので、自慢できるようなものではありませんし。ただ、読む本の質は、きちんと選ぶようにしております。
  • posted by かずくん 
  • URL 
  • 2008.11/13 11:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

侵略なのは間違いないけど当時はそれが国際的に認められていた時代ですし、日本が指をくわえて見ていれば100%今の日本はありません。
おそらくは欧米の植民地になり今の特亜並の国になっていた可能性は高いでしょうね。
氏の発言にしても己の職務に忠実で誇りがあれば当然の思想であるように思えます。
むしろ今回の騒ぎでは言論の自由に対する批判がもっと大きな問題だと思うのです。
>ただ、読む本の質は、きちんと選ぶようにしております。
こういうレスはよくないでしょう、失礼ですし捨て台詞みたいですし。
ある意味偏った質であると述べてるようなものです。
両方の主義主張を勉強し吟味してこそ意見や批判はできるのではないですか。
  • posted by 野次馬 
  • URL 
  • 2008.11/14 06:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>野次馬さん
 コメントありがとうございます。言論の自由は、当然何よりも優先されるべきもの、と認識はしてます。が、こと軍務に携わる自衛官については、法での制限は無論できませんが、政府批判・憲法批判は、自制してもらいたいと思っています。たとえそれがどんなに不備であっても。不備は少しずつ国民の側から修正していくべきものですから。憲法改正と有事法制の整備は、ですから喫緊の課題であると思います(今の憲法・法律は不備です)。
 自分のコメントについては、まあ、少し書きすぎました。失言癖がありますね。ただ、読書量が足りない、と決めつけられれば「余計な御世話だ!」と思ったのは事実です。その手の歴史的主張の本についても、当然目は通してますので。
  • posted by かずくん 
  • URL 
  • 2008.11/14 07:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR