極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

1/10  ニューイヤーGARAコンサート2009

1/10 オーバードホール ニューイヤーGARAコンサート2009 指 揮/円光寺雅彦 管弦楽/大阪フィルハーモニー交響楽団 ゲスト/ 幸田浩子(ソプラノ) 小松亮太(バンドネオン) 小山実稚恵(ピアノ) 錦織 健(テノール) 堀米ゆず子(ヴァイオリン)*50音順 司 会/紺野美沙子 曲目 J.シュトラウスII:ワルツ「春の声」 モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」より “恋人をなぐさめて” ベートーヴェン:ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 op.73「皇帝」より 第1楽章 リクスナー:「碧空」 オッフェンバック:歌劇「ホフマン物語」より “森の小鳥は歌う” メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 op.64より 第1楽章 リスト:レ・プレリュード              ほか  毎年、なかなか豪華なゲスト呼んでのGARAコンサート。今年も楽しめました。  まずは、バンドネオンの小松亮太さん。生で聴くのは初めてだったけど、あの音はいいですね。いろんなアーティストがピアソラのカバーやってるけど、やっぱバンドネオンは、いい。アコーディオンと構造的にどこが違うのか、正直まだよくわかってないけど、素敵な演奏でした。PA通してだったけど、それでも少しフルオーケストラとのバランスが難しくって、聴きにくいところがあったのが少し残念だったけど。  あと、幸田浩子さんのソプラノ。TVのNHKニューイヤーオペラコンサートでやってた曲(オッフェンバック)が生で聴けたのは大満足!機械じかけの人形が歌うアリア、って設定なんだけど、まあ可愛いこと!100年以上前の「萌え」ソングだな、あれは。まさに、コロラトゥーラの魅力全開、でした。  ただ、昨年も思ったけど、オーバードホールの音は、やっぱり貧弱。あの大フィルの「ツァラ」や「レ・プレリュード」があんなに貧相な音でしか聴こえないなんて…。反響板のチューニングとかで、もう少し何とかならないもんだろうか?
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR