FC2ブログ

極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

8/14 寺井 対石川

 3-4×、9回サヨナラ負け。

 この1試合をなんとしても勝たないとどうにもならない!という采配はしていないのは前の試合から見えているので(実際シーズンの行方に全く影響がないので)勝ち負けにはもう四の五の言わない。

 前回の金沢市民も今日も事象的にはクローザー(の順番に投げただけ)が打たれて負けた訳だが実際には打てずに負けた、打撃の内容で負けたと思ってる。

(ここから素人が打撃論らしきものをぶちます。無視するなり笑納するなりしてください)

 いわゆるおっ付けるとか流すとかいう意識付けはきっと大事なんだろうと思うけど、ウチはきれいに合わせるということを志向していないか?
 昔進藤さんがサンダーバーズにいらした頃、おっ付けるとか流すバッティングを教えるときに、タイミングを遅らせて流すな、自分のタイミングは崩さずに打球の方向はバットの角度で決めろ、みたいな指導をされてた(と思う。立山球場のバックネット裏のスタンドから見てただけなので)。前にBSでやってた某野球番組の確か「流し打ち」の回で、ボールの内側を叩くイメージ、って誰かNPBの選手が言ってたが、表現が違うだけで言いたいことはきっと同じことなんだと思う。

 9回表。一死から松村が上手いバントで出塁して次の榎本、きれいに流したショートゴロでゲッツー。
 9回裏。先頭が四球で出て神谷くん。送りバント2度失敗してフルカウントから思い切り引っ張って一塁ゴロ、辛うじてゲッツーは免れて活きて結局サヨナラのホームインすることになった。

 ゲッツーになったかならなかったかは問題ではない。どちらのバッティングに内容があったか?見るべきものがあったか?明らかに神谷くんだ。

 何が言いたいか?石川さんの打撃陣の方が明らかに強くしっかり叩く、ということができている。逆にウチはあわせてきれいに野手の間を打ち抜こうとしている。だから試合終盤、競った試合でお互いに力のある投手を繰り出した時に石川さんの方が力負けせずにしっかり下位打線でも掴まえられるのだ。片やウチは終盤になると押し込まれる、タイミングだけ合わせた強さのない打球が野手の正面に飛ぶ。前半戦得点できるのに回が進むにつれ尻すぼみになる要因はそのあたりにあると思う。

 もっと振れ!強くしっかり叩け!

 まあ、結果云々ということなら、単に石川さん打線が「富山のリリーフなら最後にはどうにでもできるわ」と舐めてかかってる精神的余裕があるから、なのかもしれんが残念ながら。


スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山GRNサンダーバーズ私設応援団ユーフォニアム&トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR