FC2ブログ

極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

1/12 石川県立音楽堂 アンサンブル金沢 ニューイヤーコンサート

オーケストラ・アンサンブル金沢 第410回定期公演 ニューイヤーコンサート

 リーダー・ヴァイオリン:フォルクハルト・シュトイデ

 モーツァルト:交響曲第1番 変ホ長調 K.16
 モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第4番 ニ長調 K.218
 シュトラウス・ファミリー作品集
 歌劇 「ジプシー男爵」序曲
 ポルカ「休暇旅行で」
 ポルカ「クラップフェンの森にて」
 ポルカ「人が笑い生きるところ」
 ワルツ「愛の歌」
 ギャロップ「ため息」
 ポルカ「ハンガリー万歳!」
 ワルツ「皇帝円舞曲」
 ~アンコール:ラデッキー行進曲

 昨年に続きウィーンフィルのコンサートマスター・シュトイデさんのリーダーヴァイオリン(見てなかったので知らなかったけど今年のウィーンニューイヤーは載っていらっしゃらなかったらしいが)。昨年は正直今一つシュトイデさんが馴染んでいなかったというか、アンサンブルが「弛い」と感じたんだが、今年は完璧に「シュトイデ・アンサンブル・金沢」だったと思う。

 OEKがこんなにふわりと薄衣のようなサウンドを出すのか!という前半のモーツァルト。そしてシュトイデさんの天上のヴァイオリン。思わず両曲とも緩徐楽章であの世に連れていかれた(すいませんここ数日今日の午前中も月次決算と新年度予算編成作業で疲れてて)。
 それはともかく(笑)昨年の定期で堀米さんのソロで聴いた1番とこれほどまでに違うものか!それはどちらがどうとか言う良し悪しの問題ではなく、昨年の1番が今の、何らか新しい側面・新鮮なモーツァルトを提示しようかと言う演奏だったとすれば、今日のは、変な言い方で申し訳ないが(このブログを前から読んでいらっしゃる方にはいつものことだが)「伝統芸能としてのモーツァルト」。たぶんこれが、ウィーンのモーツァルト。

 後半シュトラウスがはじまったとたん、ガラリとサウンドが変わる。見事なくらい。まるで違うオケのように。これぞ正統・ウィンナワルツだ!なぞと言う資格は全くない何故なら毎年のウィーンニューイヤーテレビ生中継ろくに観てないし。でも、何処かしら何かしら違うことは感じられる。
 昔よくワルツの三拍子の拍打ちのタイミングが本場は違う!なぞという話を聞いた気がするが、今日のような演奏を聞くとそれが遠い島国の無邪気な勘違いだったんだなあと思う。その辺は全く頓着してないように聴こえる。たぶん、フレージングというか呼吸というか間合い、みたいなものがキモなのかなあと。そのフレージングに乗っての拍打ち。三拍めにふわりとドレスの裾がひるがえるのが見えるような。

 理屈はともかく(散々こねたが)基本踊る音楽に身を委ねて素直に楽しめばそれでいいのかな。最初に書いたが昨年とは比較にならない完成度、まるでウィーンフィル!なんていうつもりはないが、新年毎度日本各地で出没するウィーン何たらかんたらオーケストラという出所不明のオケよりはずっと上質で素敵な(たぶん)ウィーンの香りのする音楽が聴けた、と思う。ウィーンの香りって何?って突っ込まないように(笑)

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山GRNサンダーバーズ私設応援団ユーフォニアム&トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR