FC2ブログ

極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

10/20 びわ湖ホール イリーナ・メジューエワ ピアノリサイタル

イリーナ・メジューエワ ピアノリサイタル

 オール・ドビュッシー・プログラム

 『ベルガマスク組曲』
 『マスク』
 『映像』第1集

 『子供の領分』
 『前奏曲集』から「亜麻色の髪の乙女」「とだえたセレナード」「沈める寺」「妖精たちは優美な踊り子」「ヒースの荒れ地」
 『喜びの島』

 最近あまりないけど、以前は魚津ミラージュホールでよくリサイタルのあったイリーナさんの演奏を久々に聴く。ピアノがエラール製とのアナウンスが事前にあって、確かにステージ上にはいつもの黒光りしたのではなく見慣れない茶色の木目調の楽器が。とはいえコチラはスタインウェイもベーゼンドルファーもヤマハも区別がつかない耳音痴なのでさて。

 ピアノにもドビュッシーにもさして詳しい訳でもないんだが、勝手に解釈すると前半が言葉からイメージされる抽象画的作品、後半がより具体的なキャラクターを持つ具象画的作品といったところか。「自分はこの音からこう見えるんだが」という前半「ほらこんな風に音にしたらこう見えない?」という後半。
 
 よく「ハッと息をのむような美しい瞬間」が何度も訪れるというが、そんなもんじゃなくそういう「瞬間」がずっと続く時間。その間コチラの耳がどんどん鋭敏になっていく。耳の奥から頭の芯のずっと奥まで音楽に満たされた、幸せな、でもすっごく疲れた。いい意味で。

 相変わらずイリーナさんの圧倒的な明晰なピアノ。ドビュッシーって結構響きの厚く強い部分があって耳にきついところもあるのだけど、常にどこかしらまろやかに響くのはやはりエラール製だからなんだろうか。響きのなかにいい意味の雑味みたいなものが含まれていてまるでチェンバロみたいな響きも。

 子供の領分の第4曲「雪は踊っている」が素敵だったなあ。あと夏にペレアス観たためかやはり水をテーマにした「映像」が印象的。

 やはりペレアスに出てきた、ペレアスが塔の上から垂らされたメリザンドの髪を掻き抱く官能的な場面の響きが「喜びの島」にもエコーしてた気がする。なので題名の邦訳「喜びの」は実は「悦びの」ではないか?などと。まあそれではあまりにも露骨か(笑)←やはり書き手の品性が

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR