FC2ブログ

極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

10/13 石川県立音楽堂 アンサンブル金沢 第407回定期公演

オーケストラ・アンサンブル金沢 第407回定期公演

 指揮:ユベール・スダーン
 ヴァイオリン:堀米ゆず子

 シューベルト:交響曲第5番 変ロ長調 D.485
 モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第1番 変ロ長調 K.207
 ハイドン:交響曲第103番変ホ長調 Hob.Ⅰ-103「太鼓連打」

 まずは全体の印象として。オケを、特に弦を素敵にふくよかに鳴らすなあと。編成の大小に関わらず、オケのサウンドってやっぱりこうだよなあ。確かにオーソドックスではある。でもこのオケでも何度か聴いたオーソドックスではあるけどそれだけ、口が悪く品のない自分曰く「毒にも薬にもならん」演奏とは対極の、食い付きのいい、推進力・生命感のある音楽。

 シューベルト。以前某指揮者さんで最初から最後までもっさりとした重心が後ろにかかった演奏聴かされてうんざりしたトラウマ?をモノの見事に払拭してくれた、清冽な5番。こういう演奏ならもっとシューベルトが聴きたくなる。

 モーツァルト。堀米さん貫禄の演奏。もちろん技術的に超絶技巧を聴かせる類いのレパートリーではないにしても、これだけ手の内に音楽を入れて隅々までコントロールしてこういう曲を聴くのは楽しい(どちらかというと技量的に危なっかしく弾くのを聴かされることの多い曲だし)。モーツァルト節?全開のチャーミングな曲だったんだなあと、大袈裟に言うと再発見。

 ハイドン。いい。前にも書いたけどハイドンって、あ次はこうだなこう来るな、やっぱりかじゃあこれからこうでこう締めるな、という予測通りの展開をするので、先に書いた「毒にも薬にも」だと救いようがないんだけど、ほら、こんな風に演奏したら愉しいでしょ素敵でしょワクワクするでしょ?と最初から最後まで聴かせてくれてた。サウンドはあくまでもオーソドックスに、でも巧みに生き生きと音楽を動かし展開させ盛り上げる。やりましょ、ハイドンツィクルス←

 何度も書くようで申し訳ないけど、今日はこのオケの、一番プレーンなというかベーシックなサウンドを、素敵に魅力的な音楽表現と共に聴かせてもらえた気がする。こういう鳴らし方をこれから定期的にできるのはこのオケにとって幸いだと思う。

スポンサーサイト

Comment

的を得て! 

初めまして。29年、OEKファーストヴァイオリンを担当しております、近藤祐子です。
嬉しい感想を、ありがとうございます。
これからも、叱咤ありの激励を心よりお願い申し上げまーす🤲
  • posted by 近藤 祐子 
  • URL 
  • 2018.10/14 18:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 的を得て! 



 「中の人」から直のコメントを戴くとは、恐縮です、ありがとうございます。

 いつもろくでもない感想文書いてる定期会員です。今後ともよろしくお願いします。

 あ、スダーンさん相性良さそうですね(無論だから首席客演指揮者に招いたんでしょうが)今後も楽しみです。次回3月定期は大好きなエロイカですし。
  • posted by kazu 
  • URL 
  • 2018.10/14 20:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山GRNサンダーバーズ私設応援団ユーフォニアム&トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR