FC2ブログ

極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

5/12 県営富山 対滋賀。

 9×-8、9回サヨナラ勝ち。

 今日のヒーローになっていた二人だったけど、とにかくこの二人を誉めねばなるまい。
 一人はもちろん、同点の9回裏二死満塁から見事に右中間へサヨナラタイムリーを打った長尾。先日飯田の7回表には左中間へきれいにはじき返したのを信濃さんのレフト・船崎くんにダイビングキャッチされてフイにし、9回表またも二死満塁のチャンスで初球一邪飛とかなり悔しいシーンがあったし、だからこそきょうあのプレッシャーのかかる場面でよくぞ打った。お見事。
 もう一人は4-5とビハインドの7回裏二死2塁からのマクシーの(一時逆点となる)ツーラン。もちろん打った瞬間だったんだけど、正直なところ見失った。レフトスタンドの芝生席には落ちなかったので場外ホームランだったのは間違いない。5/5小諸・5/6湖東のアーチもエグかったが今日のは極め付き。小諸だったら外野岸壁上段(見たことない方にはわかりにくい例えで申し訳ない)だったかも。それがあってか9回裏サヨナラのチャンスでは盛大に空振りしてたけどw

 さて、おめでたいのはここまで。大井→古村→佐藤とつないでしぶとく試合を作ってきて7回裏についに1点勝ち越して、さて9回表。ここまでのクローザー・ヒースがNPB・西武への移籍が決まって不在なのでここまでの実績から当然9回は菅谷。先頭いきなりツーベースをライト・マクシーからの送球が乱れ中継ももたつく間に一気にサードへ。次の打者犠牲フライであっさり振り出し。そこから更に連打と四球で一死満塁の場面を作られて次打者三振の球を谷口が後逸(記録はワイルドピッチのはず)さらにその球を見失う間に二人のランナーが還り2失点、6-8になった場面。ここまで別格のクローザー・ヒースがいて任せて万全だったものが、最小得点差をチーム全体で勝ち切らなければいけない場面で、チームのもろさが全部出た。これから今シーズンずっと胃の痛い最終盤戦を見続けなければならないのか。
 そもそも先発・湯浅。前回・飯田では2・3回はよかったので初回の乱れはまあ度外視してもと思われたが今日は正直落第点。全く立ち直る見込みのないままバタバタと3回5被安打四球たくさん4失点。3回裏に同点に追いついたとき「さあ4回から投手変えて流れを変えてくれ!」と思った。もちろん高卒ルーキーだし先発をさせながら経験値を積ませて育てるのもいいことだ。そのあたりはチーム方針だろうからわからないけど、こちらの見た目では今のところ全く役不足だ。

 今日イチ、というほどではないが評価したいのは大井。前回飯田で無残に崩壊してたが今日は4・5・6回をジョニーのソロ1失点(まあ同点からの勝ち越されソロだったので痛くなくはなかったけど)のみとまずまず。試合を落ち着かせて最終的なチームの勝ちにつなげたと思う。もちろん7回古村8回佐藤の二人もよかったし。こうして先発が崩れた後の試合を落ち着かせて流れを呼ぶセットアッパーは今後より大事になると思う。

 とにかく、今日は本来なら6-5で9回表で終わっていなければいけなかった試合。たまたま滋賀さんのクローザー・平尾くんが乱れてサヨナラ勝ちにはなったけど、厳しく言えばまさしく結果オーライだった。

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR