FC2ブログ

極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

5/3 いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭2018(長い)

(5/4~6放浪の旅?に出ていたので今頃更新です)

 今年はガル祭に5/3だけ参戦。有料公演6本、試合開始11:20最終公演終了20:30という強行軍だった。順不同思い付くまま演奏の感想と音楽祭への雑感を。

 今回最大の収穫は紀尾井ホール室内管。共に広上淳一さん指揮で、C12がフルート高木綾子さん、ハープ吉野直子さんで、交響曲29番とフルートとハープのための協奏曲。H14がフルート高木綾子さんでフルート協奏曲第2番と交響曲40番。特に邦楽ホールの公演が強烈だった。音楽を動かす、音楽によって揺さぶられる。生で演奏を聴く悦びが極まった体験だった。LFJの頃から数えて数年間で初めて、ホストオケOEKより上手いオケを音楽祭で聴くことになった。

 ライナー・キュッヒルさんのヴァイオリンを聴けるのも楽しみだった。H12でOEKメンバーとの小編成アンサンブルでディヴェルティメントとレハール~シュトラウスのウィーンプロ。弦楽合奏編成のディヴェルティメントもよかったけど、弦5部各1名にフルート1・クラリネット2・ホルン1という酒場楽団?編成のウィーンプロが愉しかった。レハールやシュトラウスの音楽の根っこにあるのがそういうノリ?きっとそうだと思える愉しさ。

 事前に「かなりいいね!」という噂は聞いてた(相変わらずソリスト音痴で名前知らなかった)A11のピーター・レーゼルさんのピアノ。…だったんだけど東金沢駅(パークアンドライド使用)で1本乗り遅れてソナタ11番「トルコ行進曲付き」は場外で漏れ聴き。ドビュッシーの版画(何故かモーツァルト縛りに?)とモーツァルトのソナタ13番。堪能。これが今回個人的に最初の公演だったんだけど、いい導入になった。ただ、聴いた印象(特にモーツァルト)ではベートーヴェンやシューベルトが本領と聴いた。特に次回はシューベルトが聴きたいなと。

 さて雑感。モーツァルトが嫌いとか嫌だとか言うわけじゃないんだけど、さすがに一日中モーツァルト漬けはつらかった。1日だけの自分でもそうなんだが中には3日コンプリートなんて強者もいらっしゃるはずで、どうなんだろうそのあたりは。
 LFJ初期も作曲家縛りで後にテーマを決めてアラカルトになったと思うけど、さてガル祭はどうなるのか。来年は作曲家縛りじゃないという噂はチラッと聞いたけど。

 音楽祭では邦楽ホール公演を何度も聴いたけど、今回の印象は特によかった。コンサートホールに比べて当然響きはデッドだけど、紀尾井ホール室内管のようなレヴェルの高いアンサンブルだとむしろ細かいお仕事まで手に取るように見える、というか聴こえる。…残念なオケやアンサンブルだと粗も丸見え(聴こえ)になるわけだけど。

 東京で開催されてるLFJのプログラムを羨望の眼差しで見てるけれど、あの内容で金沢でやってもまず不入りになること疑い無し。今回のようなモーツァルトは確かに受けはいいだろうけれど正直あまりにも捻りがない、上に今回は不入りを避ける為か室内楽プログラムが少なかったし。自分のようなひねくれ者が愉しい!なんて思うプログラムが組めるはずもなかろう、というのはわかっちゃいるんだけど、もう少し何とかならんものかなあ。

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR