FC2ブログ

極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

2/24 石川県立音楽堂 アンサンブル金沢第399回定期公演

オーケストラ・アンサンブル金沢 第399回定期公演

 指揮:マティアス・バーメルト
 フルート:ジャスミン・チェイ

 アリアーガ:交響曲ニ長調
 モーツァルト:フルートと管弦楽のためのアンダンテ ハ長調K.315
 尾高尚忠:フルート協奏曲op.30a
 シューベルト:交響曲第6番ハ長調D589

 今日はとにかくソリストのフルーティストさんに尽きる。モーツァルトの最初からまるでアルトフルートを使っているかのような深い響きの、それでいて軽やかで優美な音。ソロ楽器として見た目華やかな楽器ではあるけれど、存在感というか塊感のある音、前にも何度か書いてるけど「アタシの音を聴け(どっかで聞いたようなw)!」的な音ってなかなか出会えない。今日は貴重な機会になった。
 時代なのか世代なのか、フランス音楽の影響下にあるのが明らかな尾高作品にも正にうってつけのソリストだったろう。少し和っぽい響きも漂わせながら軽やかに鮮やかにオケとの対話を楽しむようなソロ。この年代の邦人作品で室内オケ編成のものをレパートリーとして発掘するのも楽しいのではないか?などと思わせられた。
 アンコールは現代曲で、なんか列車の追いかけっこみたいな内容の曲です、とのことでパッと聴きコミカルな気がするが実はとんでもない超絶技巧のオンパレード。重音(どうやって出してるのだろう?)にペダルトーンにとてつもなく長い循環呼吸奏法に…聴衆を楽しませるのも大変だなあ。

 実は今日の指揮者さんは急遽の代役。正直演奏会全体の印象として推進力に欠けるというかグルーヴ感に欠けるというか…なので今日のプログラム、アリアーガとシューベルトは完走するのがかなりキツイと感じるレベルだったんだけど、その辺りは割り引かないと気の毒だったのか。もちろんブラヴォーも出てたし言えば重厚な演奏と言えなくもなかったかとは思うので、自分の好み、耳のせいなのかもしれないが。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR