極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

9/23 長野市芸術館 ミュンヘンバッハ管

ミュンヘン・バッハ管弦楽団2017

 指揮:ハンスイェルク・アルブレヒト
 
 オール・バッハプログラム
 管弦楽組曲第1番 ハ長調 BWV 1066
 主よ、人の望みの喜びよ BWV 147
 ヴァイオリン協奏曲第2番 ホ長調 BWV 1042
 
 オーボエとヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV 1060
 G線上のアリア
 チェンバロ協奏曲第1番 ニ短調 BWV 1052
 2台のオーボエとファゴットのためのシンフォニア ニ長調

 バッハはピリオド楽器編成での演奏(例えばBCJのような)や、モダン楽器使用でもいわゆるピリオド奏法での演奏(この間のOEK定期で鈴木優人さん指揮のバッハがまさにそれ )が主流になった今。モダン楽器で無理にピリオドを意識せず基本的に通常の奏法上で音をひたすら美しく磨いたらこうなる、という演奏だった。一昨年のLFJ 金沢でのガッツリピリオド大会に慣れた耳ではむしろ新鮮に響いた位。

 ヴァイオリン協奏曲がまずいい。自己主張の強い「ゴツい」ソリストさんではないが、艶やかでいい演奏。同族アンサンブル編成のなかで美しく音が立つ。これはホールの音の美質にもよるのかも。長野市芸術館は初めてだったけどかなりいい。全体に美しく響くなかでステージ最前中央(要するにソリスト位置)の音がセンターにきれいに立ち上がる。
 最後のシンフォニアが実に深い響きの愉しい演奏。オーボエ2本のソリストも見事。バッハの管楽器パートの愉しみが極まった感。
 チェンバロ協奏曲はピアノでは聴いたことがあったが(確か「のだめ」でも千秋くんが弾き振りするエピソードがあったはず)、チェンバロソロだと曲の繊細な造りが際立つ。ただこの辺りはピリオドアンサンブルの中での方が演奏効果がある気がした。

 とにかく、JOYやらG線上はもちろんほぼバッハ門外漢の自分でも曲と題名が一致してなくても「あ聴いたことあるこれ」な曲がひたすら並んだプログラムだった。以前ハーモニーホールふくいで聴いたBCJ の「バッハ名曲コンサート」の題名だけ感(無論誉め言葉です)とえらく違うもんだ、と。ただ、無い物ねだりなんだろうけど、やはりバッハは教会音楽が主戦場だと思うのだ。となればやはりオルガンや声楽がない、というのは一抹の寂しさが。最小限の編成でということなのかも知れないが。せめてバロックトランペットがあればなあ、というのが率直な印象だった。

 
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR