極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

8/11 県営富山 対信濃

 15-8。

 先発・セレスティノ、5回2安打3失点。初回いきなり四球2つにスリーラン、という最悪のスタートだったが2回以降無難にまとめた。確かに終わってみれば、ではあるけど、相手がエースなのだからやはりもう少し安定感が欲しい。エースローテ同士が対決するポストシーズンを見据えたら、余計な四球は何とかしないと。

 信濃さん先発・高井くんから初回先頭ペゲロ河本連打から河田タイムリーツーベース、ジョニー2点タイムリーツーベース、長江ツーランの無死5連打で一気に5得点で逆転。2回は2番手伴くんから長江2打席連続になるスリーラン。3回は先頭沢田針山連打からペゲロタイムリーツーベースから始まって一気に6点追加(と書くとカッコいいが要するにクソ暑いなかでのチャンテ祭りでバテ果てどうやって点が入ったか覚えてない)、3回終了で14-3。ほぼ試合が決した。…はずだったが。

 2番手小柳は6回は危なげなく抑えたが7回は四球ヒット死球からグランドスラムを食らって15-7(6回裏沢田にソロが出た。その時点では「特にいらんホームラン」とか言ってたんだが)。
 8回からリリーフの後藤は先頭から四球・ヒット・頭部死球で無死満塁を作ったあげく退場。スタンドから「こんなピッチャーしかおらんがか!」というキッツいヤジが飛んでたがまあ言われてもしょうがない内容。点差があって集中力がなかった、などとまさか言わないだろう?今日のような場面でさえ全う出来なくていい場面を任されるわけもない。
 いきなり無死満塁背負って緊急登板した米山が内野ゴロの間の1失点のみでまとめてくれたのがホントに大きかった。前期までむしろ後藤の方が先発したりリリーフしたりと米山よりいいポジションだったが、後期に入って完全に逆転した。伸びた米山と伸び悩んでる後藤の差が残酷なくらい明らかになった。
 9回はラミレス。いい球は持ってるが、やはり不要な四球が。もっと競った場面で、要するにマバレ・シレットのポジションにはまだかな。もっとも次節10日間で9試合という鬼日程もあるなかで一度先発もありかな?

 なんにせよ、使える投手はどんどん使ってもらえるし、そうでなければそうではない扱いが続く。ポストシーズンの短期決戦になれば尚更。連戦が続くのは厳しいし大変だろうけど、もうその期間しかチャンスはなかろう。その危機感はあるのか?


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR