極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

6/24 石川県立音楽堂 アンサンブル金沢 第390回定期公演

(注:石川県立野球場ではありませんのでそれ目当ての方はスルーしてください笑)

オーケストラ・アンサンブル金沢 第390回定期公演

 リーダー&ヴァイオリン:アビゲイル・ヤング

 ショスタコーヴィチ:室内交響曲 作品110a
 ラヴェル:ツィガーヌ
 バターワース:青柳の堤
 モーツァルト:交響曲第29番 イ長調 K.201

 形的にはいわゆる「弾き振り」になるのだが、振るというよりは全員のアンサンブルの呼吸を合わせる「せーのっ」役か(笑)でもいい「アンサンブル」だった。

 以前たまたまミッキー急病で弾き振りになってしまった公演があって、あまりいい印象を受けなかった記憶がある。結構凝ったプログラムで、必要な指揮者の味付け(それもかなりくど目だったはずの)が為されずプログラム全体が平板な印象になってしまったから。
 今回は最初からアビさん(周囲のクラスタの皆さんがこう呼ぶので)リーダー前提でプログラミングされトレーニングされたら、こうなるか。

 実際に指揮者なしで呼吸を合わせてアンサンブルするのは実に愉しいものだ。それは僕のような高校・大学通じて下手くそなアマチュア奏者でも一緒。アンサンブルが合った感覚の快感は何物にも代えがたいと思う。ただもちろん細かく演奏・解釈を変化させ動かすのは限度があるので、それを逆手にとって作為的な部分を限りなく削ぎ落としより美しくよりピュアな形で、何かスゴく上質で美味なプレーンヨーグルト(食べたことはないけどw)みたいな。

 以前マリナーさんで定期を聴いたときの感覚を、後半聴いて思い起こした。あのときは揚げひばりと41番。今日はバターワースに29番。もちろんモーツァルトも極めつけに美しく素敵だったんだけど、ここはバターワース(個人的趣味全開www)。なんでこのオケがもっとイギリス物をやってくれない!?どこまでも美しくて穏やかで。ガチで半泣きになってしまった。来シーズン11/30に待望の(極個人的に)イギリスプロがあるのだが、これは期待せざるを得ない。というか、シーズン1回はイギリスプロを組んで欲しい。小難しい理屈っぽいのは○戸室内あたりに任せて(笑)

 前半ではもちろんツィガーヌ。フィドルっぽく(という言い方でいいのかわからんが)わざと荒く激しく弾くのに、何とも優しく丸く美しく響くヴァイオリン。アビさんでなければ聴けない、唯一無二のツィガーヌだったと言えよう。
 ショスタコーヴィチは十二分に美しい見事なアンサンブルではあったけど、個人的にはもう一つ毒というか人の悪さ?が感じられた方がよかった。そう、まるであの音楽監…おっといかん、誰か来たようだ(笑)

スポンサーサイト

Comment

ヤング女史 

さすがヤング女史推しのかずくん、行ったのですか~
  • posted by M 
  • URL 
  • 2017.06/24 23:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: ヤング女史 

>Mさん

 アビさん、さすがのリーダーヴァイオリンでしたよ。

 そういえばしばらく前に響たんを東京の何かのコンサートのメンツの中に見つけました。もう富山との縁はなさそうですね…
  • posted by kazu 
  • URL 
  • 2017.06/25 14:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

響たん 

響たん...?....! なんですと!!
一瞬だれかと思いましたが、なんせご主人は日コン1位の方ですから。
  • posted by M 
  • URL 
  • 2017.06/25 23:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR