極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

11/3 オーバードホール 桐朋アカデミー 協奏曲のひととき

桐朋アカデミー・オーケストラ 協奏曲のひととき

 指揮:円光寺雅彦

 カサドシュ:J.S.バッハの様式によるヴィオラ協奏曲 ハ短調(独奏:小森佳奈)
 ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調(独奏:黒川侑)
 サン=サーンス:ピアノ協奏曲 第2番 ト短調(独奏:中道亜莉沙)
 ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調(独奏:橋本健太郎)

 最初に。夕方から夜のスケジュールの都合でラフマニノフは聴けませんでした。残念。

 この毎年恒例の学生ソリスト協奏曲コンサート。オーディションで選抜されてくるとはいえどうしても技量に差が出る。前回か前々回ちょっと全般に残念なレヴェルだったりすることも。

 今回の中で(聴いた中で、だが)ブラームスの黒川くんが飛びぬけてた。作品を手の内に入れてる感がハンパなかった。突っ走りすぎてオケと今一つ合っていない部分もあった気もしたがそれはむしろ指揮者とオケの問題。協奏曲なんだから、ソリストが主役。その推進力にオケがつけられないあたりが今一つなところ。

 カサドシュの小森さんは逆に合わせにいって音楽が緩んでしまった感。特に緩徐楽章は流れが停滞して止まってしまうかと思うくらい。ちゃんと弾いてオケと合わせた、までと聴こえた。

 サン=サーンスの中道さんはまずまず。スケール感のあるいい演奏。曲自体あまり演奏会で掛からないのが不思議なくらいの楽しい曲だった。演奏内容とは関係ないけど、着慣れないふわふわドレスを着てぎこちなく挨拶する姿がほほえましかった。実際のところ、ステージの出入りで「けつまづくなよ」と心配になったけど(笑)

 さて、秋シーズンあとは18日の定期を残すのみ。

 
スポンサーサイト

Comment

 

突然のコメント失礼します。
褒めるならまだしも、これは感想文ではなくれっきとした中傷ですよ。そもそも専門家でもない貴方が、学生を応援するどころかなんと大人気ない。全員全力で確かに素晴らしい演奏だった。ソリストだけでなく、オケも、指揮者も。
不快です。桐朋の子達も読んで傷ついていますよ。この記事消していただけないなら、桐朋の事務局にこのブログ通報します。
  • posted by 富山在住 
  • URL 
  • 2018.05/06 14:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: タイトルなし 



 より高いレベルを目指してほしい旨を込めて厳しく書いたつもりでしたが、確かに素人目線ではありますので、通報されるのであればそうなさってください。
  • posted by kazu 
  • URL 
  • 2018.05/06 21:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

厳しく書いた、とありますが
ここで問題なのはその対象がプロではなく学生だということです。
この記事はこれからもずっとネット上に残り、これから世に出て行く学生たちの障害となりうることをご自覚ください。
これからもっと励んでもらえれば...と応援する気持ちで書かれたのであれば、別の書き方があるはずです。
  • posted by  
  • URL 
  • 2018.05/10 13:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: タイトルなし 



 プロを目指す志の高い学生なら、素人がごちゃごちゃほざく戯言なぞそもそも気にしてもいないと思いますが。プロになれば更に厳しい戯言が待ち構えています、間違いなく。
  • posted by kazu 
  • URL 
  • 2018.05/10 13:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR