極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

7/23 石川県立音楽堂 アンサンブル金沢 第379回定期

オーケストラ・アンサンブル金沢 第379回定期公演フィルハーモニーシリーズ
 
 イェルク・ヴィトマン 作曲、指揮、クラリネット

 ウェーバー :クラリネット小協奏曲 変ホ長調 作品26
 ヴィトマン :セイレーンの島(1997)
 ロッシーニ: クラリネットと管弦楽のための序奏、主題と変奏曲
 
 ヴィトマン :180ビーツ・パー・ミニット(1993)
 メンデルスゾーン: 交響曲 第1番 ハ短調 作品11

 2015-16シーズン最終公演。プログラム的にだからといって特に派手さも区切り感もなく通常通り、でも充実感満点の公演だった。

 前半のクラリネットフィーチャーの2曲。以前定期で聴いたポール・メイエあたりと比べると軽みのある明るい音色。特にロッシーニにハマり。まるでオペラアリア名唱集を聴くかのような華やかさ・軽やかさ・楽しさ。
 自作は打って変わって難渋な作品。プログラムノートにある「作曲はヘンツェやヒラー、リームに師事…」とある通り、いかにもドイツのその辺りっぽい作風。

 後半の自作。弦楽6重奏(Vn2、Vla1、Vc3)の、変拍子ロック風の楽しい作品。こういうのも書いてみた、という感じなのだろう。先週のキラール作品はあまりの面白さに即密林発注してしまったが、そこまでは思わなかった。要するにミニマル系が好き、というだけのことなのだろう。
 先週に続いてメインはメンデルスゾーン。もちろん作曲時期も違うのだけれど、演奏アプローチが明らかにピリオド寄り(Hrもナチュラルを使用)で、味わいが全く違う。そこここにモーツァルトやベートーヴェンの空気がうかがえる部分が見え隠れする分ピリオドの厳しい響きがハマる。逆に先週の3番はシューマンっぽい響きが感じられたりしたわけで、そうしてドイツオーストリア系の流れが受け継がれていくものだったのだなあ、などと。

 
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR