極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

5/29 りゅーとぴあ 東響新潟定期

東京交響楽団 第95回新潟定期演奏会
 りゅーとぴあコンサートホール

 指揮:クシシュトフ・ウルバンスキ
 ピアノ:アレクサンダー・ロマノフスキー

 プロコフィエフ:ピアノ協奏曲 第3番 ハ長調 作品26
 チャイコフスキー:交響曲 第4番 ヘ短調 作品36

 行きたいプログラムにタイミングが合わなかったり(マーラーの「復活」とか)チケットまで用意したのに事故ってクルマポシャって行けなくなったり(ブルックナーの9番)。とにかく念願かなってようやく東響新潟定期が聴けた。指揮が今売り出し中のウルバンスキ、でロシアプロ。

 プロコフィエフ。オケとピアノが強烈に自己主張しながら対話する。だ円形のホール空間ののちょうど真ん中あたりにピアノが座るのでまるで全方向に放射するようにその美しい音が降ってくる。リズム捌きの上手い指揮者じゃなければこういうキレのいいプロコフィエフは聴けない。ちょっと硬質な金管の音も合ってた。

 チャイコフスキー。協奏曲の時は気付かなかったがオケ自体は12型のやや小ぶりな編成。だから以前聞いたロシア国立のような力押しではなく全体を精妙にバランスさせながら音楽を形作っていく。全体的にはややゆっくり目のテンポで、思いのほか暗い音色の(いい意味で)弦セクションを低い重心で鳴らす。金管は基本抑えめに、でも所々アクセントのように炸裂させる。通常より遅めのテンポの3楽章の、木管が絶品。この楽章に諧謔っぽい響きを感じたのは初めてだ。フィナーレ最後のバスドラムの一発は驚いたけど(笑)

 期待通りハイレヴェルのオケだった。確か今シーズンの最後はローマ三部作。ここ新潟で聴くか?ミューザ川崎で聴くか?本気で悩み始めたぞ。

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR