極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

9/15 石川県立音楽堂 アンサンブル金沢 第367回定期公演

オーケストラ・アンサンブル金沢 第367回定期公演フィルハーモニーシリーズ

 井上道義  指揮
 辻井伸行  ピアノ
 サイモン・ブレンディス  ヴァイオリン OEK
 江原千絵  ヴァイオリン OEK

 シュニトケ モーツ=アルト・ア・ラ・ハイドン(1977)
 モーツァルト ピアノ協奏曲 第27番 変ロ長調 K.595
 モーツァルト 交響曲 第40番 ト短調 K.550

 OEKの2015-16レギュラーシーズン開幕。

 開幕コンサートの幕開け曲がシュニトケとか、いきなりOEKらしすぎる(笑)弦楽アンサンブルの混沌としたディヴィジの中から徐々にモーツァルトの曲の断片が浮かんでは消え、ところどころにハイドンっぽいフレーズも挟みながら展開するコラージュ。「ぐしゃぐしゃの中からようやく指揮者の求めるモーツァルト演奏が始まったかと思ったらあちこち破たんし始めて奏者もバラバラに散らばっていき、最後には音楽そのものが消えてなくなる」という寓話的内容も含んでいるんだろうが、それをマエストロ井上とOEK奏者達が寸劇風パントマイム?で演じるからどこかしら乾いた喜劇っぽく見える。とても楽しく聴いたが、元々はどういうスタイルで演奏される曲なんだろう?

 2年前に同じ開幕コンサートでアシュケナージさん指揮で初めて辻井君のピアノを聴いたが(その時はたしかショパンの1番だった)、今回もその美質はみじんもゆるがない演奏だった。完璧なテクニック・強靭で明瞭なタッチ・強弱自在のダイナミクス、でバリバリ弾きまくるのだが、なぜかその音・音楽はフワリと軽やかに、まろやかに響く。それがまたモーツァルトの音楽によくあう。OEKのサポートも完璧。「辻井君のモーツァルト」に軽やかに優し気に寄り添う。
 彼はどういうピアニストになっていくんだろう?TVでラフマニノフの2番とかやってたけど、なんとなくイメージに合わない。もちろんたいていの曲ならなんの問題もなく弾きこなしてしまうんだろうけど。個人的にはモーツァルト→シューベルト路線かなぁ。リサイタルでリストとかベートーヴェンとかラフマニノフとかのゴツい曲をやってるイメージがない。ピリスさんみたいなレパートリーが似合う気がする。

 昨シーズンの定期でマリナーさんが振ったモーツァルトを唯一至高と思えば、ひょっとしたら今回の40番は認めがたいものだったかもしれない。「疾走する悲しみ」といったメランコリー・モーツァルトとは程遠い。ここにあったのは、すべての予断を削ぎ落した「峻厳な」40番。あらゆる音がマエストロのコントロール下、完璧なアンサンブル精度で紡がれた、美を極めた演奏。頭の中の、ここしばらくゴシャゴシャ入り乱れた状態がスキッと洗われてクリアーに澄んだ状態になった気がした。今回の3曲のキャラクターを完璧に描き分ける、このオケのフレキシビリティの高さを思い知らされた。

 東京とか大阪とかの国内オケが石川県立音楽堂で演奏会を開くって、きっとプレッシャーだろうな。このレベルの演奏を日常的に当たり前に聴いてる聴衆を前に、地方都市どさ回り演奏旅行的な演奏でもしようものなら、評判を落とすこと必至だろうから。




スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR