極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

7/31 桃山 対石川

 延長10回、3ー4。

 後ろの投手陣の安定感と頭数。残念ながら石川さんとは差が大きいと言わざるを得ない。だから今日のような競った試合でちょっとでも後手を踏むと厳しい展開になってしまう。
 先発・秦は7回1/3を6安打2失点。失点した5回と8回以外危なげなかったし十分な出来だったけど、結局使える頭数がいないから引っ張って3ー2とされてさらに一死2・3塁なんて際どいシチュエーションで元気を出さざるをえなくなる。結果からしたら二死までいって追い込んでから同点タイムリーを元気が打たれたのが致命的だったんだが、攻撃的継投ができる陣容なら全く展開が変わっただろう。先日の高岡西部での秦の148球完投勝ちの陰に隠れてた問題が今日明らかになったわけだ。
 同点の10回から竹林だったんだが、先頭ヒット、送られて一死2塁にされて次の青木の初球をライト前に運ばれ決勝点。初球の入りが余りに不用意だと言わざるを得ない。ライトの上田も準備不足だから後逸して生還を許す形になってしまったし。ああいう場面でふわっと入ってしまっているようでは甘い!猛省を!

 コチラの継投が後手を踏むのとは対照的に、石川さんは同点にした8回裏から上條→西村→王と1イニングずつ盤石の継投で全て三者凡退。見事だった。なんにもできる気配がなかった。負けに不思議の負けなし、とはよく言ったものだ。

 攻撃の見せ場は2回、佐伯のタイムリーで先制、チャンスを拡げて野原ローズの連続でセンター前にしぶとく運ぶタイムリーで3ー0にした場面。下位から上位へ繋いだいい形の攻撃だった。先日の高岡西部で終始なんにもさせてもらえなかった石川さん先発・シールからだから、収穫はあった。まあその回以外は何も出来なかったけれど。

 これで今節1勝1敗。明日はエース佐藤先発、だが相手は新潟、先発は無双のエース間曽。厳しい展開になるだろうが、ここでズルズル負けるわけにはいかない!

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR