極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

東地区ビジターツアー前半戦雑感、第二日。

 今回いわきへ行くにあたり、大平洋が見たい、そして震災被災地をこの目で確かめてみたい、と思っていた。ただどのくらいの距離があってどう行けば、というのが全くピンと来なかった。もちろんGoogleMapとか見れば場所は何となくわかるけど、やはり実際走ってみないと。

 前日からずーっと運転しっぱなしのため、だんだん距離感が麻痺してくる。仙台まで215キロの下にいわきまで75キロとかあったらもうじきに着いたも同然とか(笑)でもそこはシタミチスト、走っても走っても…状態が続くことになる。で、いわきまで10キロの表示がでてさすがにもうすぐ、となったとき「南相馬 75km」の表示に「あ、これは行ける」と即決←完全に距離感麻痺。

 さすがに時間を考えて常磐道に乗る。しばらく走ると一定距離おきに「この場所の現在の放射線量は1.0μSv」みたいな表示盤が設置されてる(いわゆるモニタリングポストってやつなのか?)。先に進むに連れ段々数値が上がっていく。覚えてる限り一番高かったところで5.5μSvくらいだった。それがどの程度の数値なのかよくわからないけれど。そのうち、高速道の両側のたんぼとか道路沿いとかに黒い巨大な土嚢がうずたかく積んだのがあちこちに点在するようになる。多分除染作業で出た土とかが詰まったものではないだろうか?そういえばその辺りの家にも道にもあまり人の気配がないような。

 南相馬の手前で「浪江」という標識を見て、そこで降りてみることにする。確かテレビのDASH村ってこのあたりだったよなぁとか思いながら…。インター出たら即西側は立入禁止でパトカーがいる、ので東側つまり海側へ折れる。浪江町役場前の道、なんだが…道の両側ともに人気がない。家はたくさんあるしお店もあるが誰もいない。どころか家の前にはどこもバリケード、中は雑草が生い茂り…ゴーストタウンなんて言い方が不謹慎なのは承知してるが、でもそうとしか表現しようがない。
 国道6号線を渡って海へ、と思ったがそこにも警備員が。立ち入り許可証がないと入れない。思いきって「海へ行きたいんですけど」と聞いてみると、6号線を15分ほど北上したら海にでられますよ、と親切に教えてもらえた。ので行ってみる。しばらく山の中みたいな感じで走って、開けたところで「ここより津波浸水地域」という看板があって…。

 そこから先の景色を、なんと表現したらいいんだろう。不自然な、非現実的な、更地。国道から海まで低地にはホントに、なんにもない。あんなにも何物でもない更地がひたすら拡がる風景が現実に自分の目の前に存在することの、居心地の悪さ。正直、車から最初に見たとき、怖くて震えた。そして、涙が出た。
 海沿いの少し小高いところに家が何軒かある。海の際の方へ行ってみると、あると見えた家の、窓ガラスが全て、ない。壁と屋根瓦だけが立ち尽くす。堤防沿いの家や倉庫とか、多分漁村だったはずの場所は、コンクリートの基礎だけ残してなんにも残っていない。そう、テレビなどのメディアでよく見ていたあの風景が、その日から既に4年あまり経過したにもかかわらず、時間が止まったままのようにそこにあった。根こそぎ持って行かれた堤防の、残ったところから見た大平洋はただただ広くてきれいで、空は青くて、風は少し強くて冷たかったけどまあ心地好くて、でも、訳もなく悲しかった。

 いわきグリーンスタジアムに着いて、どうせなら「地元のもの、できたら海関係の物を食おう!」と思ってたら、今流行りのB級グルメとかでカジキマグロバーガーってのとカジキマグロのつみれが入った「カジキ鍋」っていうのがあったので、食う。美味かった。





スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR