極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

東地区ビジターツアー前半戦雑感、第一日。

 今シーズンからBCL新規参入の武蔵さん・福島さんとの初対決となったGW5連戦ラスト2試合。さして深くも考えず連休中だし、とシーズン前からすっかり行く気になってて。ということで、試合については既にこのブログに書いたけど、遠征明け翌朝7:30から会議だったにもかかわらず無謀にも歳も顧みず行ってしまった遠征について、思いつくままにあれこれ。

 全く土地勘もなく地理感も皆無の地へ、GWのUターンラッシュど真ん中へ突入するというかなりビビった頭で考えたのが、とりあえず上信越道で安中まで行ってタルタルカツ丼食って下道で熊谷へという行程。ところが出掛けの北陸道親不知辺りでいきなり中郷ー妙高高原が事故10キロ渋滞とか…。で、関越道経由に変更。そういえば高崎で群馬さん試合じゃなかったっけ?と思いリーグのメールチェックしてみたら相手は福島さん、先発・隆史。はい、決定!まではよかったんだけど、関越トンネル辺りから断続的渋滞。結局赤城で降りることになるんだけど。
 なんで渋滞すんのか?などとつらつら考える。高速道でブレーキを踏む、というのはなかなかリスキーだ。というかそもそも交差点があるわけじゃなし、ほとんどブレーキ踏む必要なんて本来ないわけだ。逆にいえば、ブレーキを踏むこと自体が何らかの異常が発生したともいえるわけで、前方の他車のブレーキランプはそのサインとも言えるわけだ。だからいかにしてブレーキを踏まずに走るか?がポイントだと考えた自分がやってたのは、速度はムリに上げず流れに乗り、速度の割にやや広めに前方車との車間距離をとって、前方5台くらい先の車の挙動を見て、少しずつ早めにアクセルのオンオフでスピードをコントロールすると、幾らかストレスなく運転できる。もちろん、完全に止まってしまったらこちらもとまるしかないんだが。ムリに縫うように飛ばして前方の車につっかかるようにブレーキ踏んで急に止まるバ…車の多いこと。自分の踏むブレーキランプが後方に与える心理的影響を考え…てるわけないわな、そういう手合いは。

 城南に45分近く遅れて着いたにも関わらずまだ1回裏途中で、しかも8点取られてなお一死2・3塁残して降板した隆史が投げるのを3球ほどしか見られなかった…。生島はセカンド。動きはよさ気でこちらは一安心。
 高崎から熊谷まで30キロ強だが結局下道で2時間半以上かかって移動。ウンザリするくらい運転した、と思ってたが、実はウンザリするくらい運転する一日はまだまだ続くのだ、ということをこの時点で気付くはずもなく。熊谷での試合が終わって、高速代多少でも浮かせようと空いた夜中に下道移動でできるだけ北上してどっかロードサイドの安手のラブホにでも転がり込もう、という無謀・無計画。とりあえず眠くなるまで、と走り続けさてそろそろ、とおもった時に限って手頃なところがない。結局水戸過ぎた辺りでようやく「場末」と看板に書いてあるような場末のラブホに転がり込んだのが2時前。泥のように寝る。

 二日目は明日。てかひたすら移動だらけにかわりはないんだが。

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR