極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

5/9 県営富山 対信濃

 2ー6。

 先日の中野との試合のブログで元気について、脆くて不安定と書いた。簡単に抑えたかと思えばいともあっさりと打ち崩される、と。今日も同様。簡単に先制され、逆転してもらった直後の回に二死からタイムリー食らって同点。同点のまま迎えた6回に先頭四球から送られあっさりと勝ち越しタイムリー、8回も先頭四球からレイエスにトドメのツーラン。
 脆いとか不安定とか評するのは、手もつけられない見事なピッチングをする元気の姿をこれまで何度も見てきたからなんだけど、この試合を見てて、ひょっとして元気はもう、BCLでクォリティスタートできる投手ではなくなってしまったのか、と思ってしまった。悪いから打たれるのではなく、普通にちゃんと投げてるのに簡単に捉えられる。一生懸命食い止めようとしてるのに、押さえる両手の指先からポロポロと砂がこぼれ落ちるように壁が崩れていく、そんなイメージ。

 先日のいわきでの交錯の影響で、野原と鈴木が欠場(鈴木のほうが松葉杖状態らしい…)。レギュラーのセンターとショートが抜けたためか、外野からの送球・中継ミスがかなり残念だった。特に6回、一死2塁からセンター後方へのフライでタッチアップ、そのままホームインされるというかなり無様なプレー。ランナーがあまり脚の速くなさそうな(失礼!)平田選手だっただけにより一層それが際立った。
 攻撃も淡泊。こないだ書いたが確かに野原の代わりなんて誰も出来ないといえばそうなんだが、それでいいのか?と言いたくなる。ケガした選手には悪いが、チャンスなんじゃないのか?昨日外野で先発した大久保・板倉・柿本辺りは打線の厚みを自分らが担う!くらいの気概が見たい。そんな中ファーストで先発した橋本にヒットが出たのは好材料だろう。負けた試合の中でもそうして地道に結果を出すことは次に繋がる。

 とにかく、しばらくは守り勝つしかない状態。ここが踏ん張り所だ!

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR