極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

4/22 三国 対福井

 1-0。

 チーム初安打が7回表二死からキムのセンター前。ガチでノーノーを心配してたので正直ホッとした。ほぼ手も足も出ず。

 先発・乾は7回をたぶん(三国はスコアボードにヒット数が出ないので)6安打で1失点。3回裏一死3塁からおそらく三振取りに行って浮き気味になった失投をセンター前に弾き返された。もちろん今日の勝ち負けの責任が乾にあるわけもないが。

 ほぼノーノー状態の今日の攻撃で唯一何とかなりそうだったのが9回表。先頭林崎ストレートの四球、とっかかりにはこれしかない状況で次の海老原が送りバント、を2回続けてミスし強攻に切り替えて内野ゴロゲッツーという相手にとってこれしかないおあつらえ向けの結末。
 力関係で打てないと判断したのならスリーバントを選択すべき。追い込まれての強攻で打てる相手なら今日ここまで苦労しなかったはず。ベンチの不徹底。…無論そもそも送りバントミスした海老原が悪いんだが。

 今日唯一の失点はヒット→盗塁→ワイルドピッチで三塁へ→で、タイムリー。言いたいのは林崎。記録はワイルドピッチだが、なんとしても止めてほしかった。自分が後逸したら即チームの負けに直結するくらいの緊張感をもって、今後どんな場面でもどんな球でもなんとしても止めてほしい。昨日は守備の穴は論外、と書いたがさすがに論外とは書かないがバッテリーミスは御法度(どこが違う)

 まんべんなく打てなかったが見てて一番打てる気がしなかったのが小川。ほぼ同じ形で(たぶん同じ球種で)3打席3三振。全然足りてない。奮起すべきだろう。…まあ他の打者も大差なかったが。

 古村が8回裏今期公式戦初登板。先頭四球はいただけないがゲッツー含めて3人で抑えた。初登板まで間があったがGW以降いくらでも登板機会はあるはずで、今日見る限り期待したいところ。

 たった3安打の内2本が4番のキム。まんべんなく打てなくて軸のない状態の中で何とかきっかけになってくれたらと微かに期待。

 最後に、老婆心ながら今日福井さん先発の廉都くんへ。富山相手にいいピッチング出来たからといってBCLで通用すると思ったら大間違い。リーグには富山より強力な打線がまだ8チームもある(福井さんは除く)。これからも気を引き締めて精進してほしい←何様(笑)

スポンサーサイト

4/21 城光寺 対信濃

 5-2。

 もちろん今日のハイライトは1-2とリードされた8回裏。先頭から連続四球で無死1・2塁、送りバントをピッチャー一塁への悪送球の間に同点、無死1・3塁から甘露寺がスクイズで勝ち越し、一死2塁からマクシーにタイムリー、二死1・2塁から林崎タイムリーで一気に都合4得点。
 同点は信濃さんのミスからだったわけだが、正直勝ち越しスクイズは仕掛けた富山ベンチ以外全くノーマークだったろう。信濃さんの内野陣も全く反応できなかったし何よりスタンドの僕らがたまげた。あれほど絵に書いたように決まった富山のスクイズなんてこれまであっただろうか?
 従来畳み掛けて大量点を狙うチームカラーだったわけだが、それだけクローザーのヒースに対する信頼感があるということなんだろう。にしても、今シーズン守山でキムの3点タイムリースリーベースはあったけど、畳み掛けて大量点(といっても4点だが)は初めて。やればできる。

 先発・ラミレスが6回を3安打2失点。特に守備の乱れで嫌な形で5回に1点勝ち越され休憩明けの6回表を無安打でしのぎ、7回を大井8回を菅谷でこれも無安打無失点。これで試合が締まって流れが来た。いい継投だった。最終回は既に安定のヒース。問題なし。

 初回一死3塁から犠牲フライで先制された、と書くと新聞等で見るスコアは確かにそうなんだが実際にはごくごく浅いレフトフライをヒョンギュが全くバックホームできない体勢で捕球したことによるもの。5回の勝ち越され点のランナーも外野フライ落球から。金沢市民での今期緒戦でも書いたけど、決勝点をスクイズで取りに行くような切ない打線で勝負するのに守備の穴は論外。早々に整備すべき。
 攻撃にしても1回裏二死満塁・4回裏一死2塁・5回裏二死3塁、7回裏には先頭長尾四球も河本送りバント(セーフティだったか)小フライ・林崎三邪飛・海老原三ゴロと、正直そこまでは目を覆いたくなる惨状だった。そりゃ監督も決勝点スクイズさせたくなるわな。…まあ今年得点力が切ないのには早く慣れなきゃいかんなとは思うんだけど。

 今日イチ、というかバントを誉めるのもなんだけど、甘露寺のスクイズ。どう見ても(笑)器用そうには見えないんだが(失礼!)まさに絶妙!といえるバントだった。シビレル(死語)勝負どころでよくぞ決めてくれた。

 課題は山のようにあるしチーム打率は寂しい限りだが何故か今のところ4勝1敗。偏に投手陣の頑張り。打ってくれなくても守備が…でも健気。野手陣が奮起すべきだろう更にここは!

*CommentList

4/15 高岡西部 対石川

 3-1。

 スタンドで話してたんだけど、今シーズンはホントにワンチャン活かせるか否かで勝敗が決まる。今日は0-0の3回裏一死1塁から河本にタイムリーツーベース、林崎内野ゴロでキッチリ進塁させて二死3塁でワイルドピッチで更に1点。7回表1点返されて2-1の8回裏長尾に!ソロが出て3-1。まだ開幕直後だけど今のウチの後ろの投手陣ならまあまあ落ち着いてみられる展開になった。
 にしても今日は5安打、昨日の8安打はともかくも一昨日は4安打。まさに「ワンチャン」打線。

 先発・乾は7回を6安打1失点。普通なら全くの及第点なんだけど、こんなもんじゃないだろう?まだまだ高めの球を鋭い当たりをされることがある。まあチョイヤバい場面はキッチリギアチェンジしてたみたいだったけど、もっと「手が付けられない」ようなピッチングが見たい。相手に「顔もみたくない」と思わせられるような。それが出来るだけのポテンシャルはあるはず。
 2番手菅谷3番手ヒースで各1イニング無失点〆。内容完璧、とはいかなかったが特にヒースは暖かくなってきたら更にエンジンがかかるんだろう。ランナー出すこと自体が不満に思うくらいに。菅谷共々まだまだアガる。

 今日イチは、3点目のソロを打った長尾。まさかチームの今季初アーチが長尾から出るとは(笑)いや笑っちゃいかんが、でも昨シーズンあれほど大概の選手のアーチを(あの中村でさえ)見たがほぼ長尾だけ見られなかった(平日デーゲームの県営富山で打ったらしかったけど)。その長尾が!昨日の守山でのタイムリーツーベースでいよいよ覚醒したのか?成長中のセカンド守備と合わせて楽しみに見ていきたい。

 たぶん今シーズンはずーーーーーーーーっとこんな展開の試合になるんだろう。ワンチャンで取った虎の子の点をひたすら投手陣が守り抜いて勝つ。僕らも腹の痛い日々が続くが監督の胃壁が心配だ(笑)

4/14 守山 対滋賀

 5-3。

 ここまで打てない打てないとこき下ろしてきたので今日くらいは打つ方から。なんと8安打5得点!1点リードされた3回表一死満塁からキムに右中間真っ二つの走者一掃タイムリースリーベース。1点追い上げられ3-2の6回表二死2塁からマクシーと長尾に連続タイムリーツーベースで5-2。やれば、できる!←去年のネタ

 先発・吉田は5回を7安打2失点。ヒットが多めなのはしゃあないとして、決定的に崩れなかったのをとりあえずよしとしよう。次回は更にいい内容を期待したい(それはそう高望みでもなかろう)。2番手大井は2イニング無安打無失点。これが大井だ。前回の金沢市民の内容をしっかり修正してきた。次回も楽しみ。3番手菅谷は今日は今一つ。一死から3連打で満塁、ワイルドピッチで1失点。決定打は打たれなかったが連打はいただけない。まあ次回はちゃんと修正してくれるだろう。最終回ヒースは昨日高岡より一段ギアが上がった感じ(守山はネット裏に近い場所で観てるのでそう見えたのかも)。単に昨日より暖かったからかもしれないが。シレットが抜けてどうしようと思ってたクローザーの座は埋まったと言ってもいいのかも。

 5-2の8回表先頭ヒョンギュスリーベースでいきなり無死3塁、ここで追加点なら試合の行方ほぼ確定なのに甘露寺マクシー長尾凡退で無得点。こういう攻めの甘さは後々響く。決め方をもうちょい精度をあげてほしい。

 今日イチはキムだろう。ようやく与えられてる役割にふさわしいバッティングを見せてくれた。あのタイムリースリーベース1本で完全に主導権を握れた。まだまだ本格化には遠そうだが更に調子が上がってくれたら。

 ここまで3試合だけど、そこそこ点がとれたら投手陣はそこそこ安定して計算出来そう。昨日は小川と甘露寺、今日はキム・マクシー・長尾、ポツポツ結果が出て来た。あとは?勝手に指名しよう。河本!海老原!頼む、頑張ってくれ。それでそこそこ繋がりが見えてくる、はず。

4/13 高岡西部 対滋賀

 3-0。

 今日は投手陣。先発ラミレス5回・2番手阿部2回・3番手菅谷1回・最終回ヒース、4人の継投でノーヒットで完封。正直ラミレスの4・5回は制球がバタバタでどうなることかと思ったが球の威力自体はあったんだろう。ヒーインでもっと暖かくなってきたら、という発言は実際そうなんだろう。期待したい。阿部・菅谷・ヒースは申し分なし。2試合目なのでまだまだ試行中なんだろうけど、後半3イニングこの3人でというのはひとつの形になりそうな予感。

 先日の金沢市民に続いて今日も「たった」4安打。四球の絡んだワンチャンで小川のタイムリー(とセンターのミス)で2点取れたのが大きかった。甘露寺のタイムリーもいいところで出た。その後の甘露寺の守備の動きまで軽快になったのがなんとも愉しかった。

 ただ相変わらず主軸が打てていない。やはりキムとヒョンギュの二人が当たってこないと編成の基本構想が崩れるだろう。暖かくなったら、なのかここも?

 今日イチは阿部。さっきも書いたがヒットこそ打たれなかったが4・5回のラミレスはホントに不安定で、出来次第ではどっちに転んでもおかしくない(こっちだって打線は基本湿ってたし)中で阿部自身の立ち上がりも決してよくはなかったが直ぐに良くなって2イニングを引き締めた。きょうのゲームが勝ちに傾いたのは阿部のピッチングが大きかったと思う。アンダーハンドの個性を活かして目先を変えるいいポジションになりそうだ。

 でも、とにかくもうちょい打ってほしい。投手陣が頑張ってるうちにどうにか。

ご案内

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR