極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

4/21 オーバードホール 桐朋アカデミー定期

桐朋アカデミー・オーケストラ 第54回定期演奏会

 指揮:ナビル・シェハタ
 ヴァイオリン:藤原浜雄

 ベートーヴェン:❮レオノーレ❯序曲 第3番 作品72b
 ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品61
 ベートーヴェン:交響曲第7番 イ長調 作品92

 桐朋アカデミー春シーズン開幕。毎年メンバーが変わるし今年を占う大事な最初の演奏会。なのである意味未完成な部分があることは最初から承知の上。ここから秋シーズン最終の定期までどのくらい伸びるか・成長するかが、毎年聴く楽しみでもある。

 とはいえ正直レオノーレは「あれれ?」だった。音は固いしどこか雑然としてるし。バンダのトランペットは悪くなかったけど。でも全体の出来がイマイチだったせいかカーテンコールもなくバンダ紹介もなく気の毒だった。

 今日の白眉はヴァイオリン協奏曲。ソリストの藤原浜雄先生、圧巻のソロ。派手なアクション一切なし、というかほとんど「気をつけ」の姿勢で弾いていらしたが、そこから紡がれる音楽の、端正で、饒舌で、何より美しくて。ほとんど半世紀にも渡りそうな演奏家生活のなかで何度となく弾いた曲だったんだろうけど、それこそ最初の一音から最後の一音まで全て手の内に入れ磨き抜かれた演奏。途中からまるでモノーラル録音で聴く巨匠の演奏に接してるような錯覚が。レオノーレであれほど残念だったオケの音がソリストに引っ張られてだんだん端正に変化していく様が楽しい。

 ベト7をフルオケで久々に聞いた(というかベートーヴェンはここんとこOEK で聴くものだったし)。前半の協奏曲でいい感じに変わったオケの音が更にパワーアップした楽しい演奏に。弦は毎年いいんだけど(レオノーレのままだったら…だったんだが)今年は木管が当たり年?トラなしで春このレベルなら申し分なし。ただ、金管が…昨年のマーラーに続きトランペット、ホルンがもうひとつふたつ、頑張らないと。
 もちろんオケ全体としての課題はあるのだけれど。細部の詰めが甘い。例えばごく単純な刻みパートのような特に練習する必要のなさげな部分。そういうところの音の粒立ちが微妙に(実は結構)ばらついてたり雑だったり。そこまで神経が行き届き切っていない。もっと磨くべきところ多々ある。

 約2か月後、ベルリンフィルのメンバーがトラに入って鍛えられて、どんな「幻想」を聴かせてくれるのか、楽しみではある。

スポンサーサイト

4/20 高岡西部 対石川

 9-0。

 先発・小柳7回4安打無失点。1・2回で3安打されてたようでどうやら立ち上がりはイマイチだったようだが、僕は2回裏から見始めたので3回表から7回表終了まで1安打ピッチング。要するに全く危なげがなかった。いいなあ。是非次回もこれで。

 打つ方。今日イチ。0-0の2回裏。連打で無死満塁、針山内野ゴロ河田痛烈な一直で二死満塁で河本。ここで凡退無得点だと今シーズンここまで散々見てきたサンダバ得意の効率の悪い攻撃だったんだけど、目が覚めるような左中間を破る3点タイムリースリーベース。一撃長打大量点という欲しくて欲しくてたまらなかった展開。この河本の一打の貢献度は高い。
 3回には先頭高山のツーベースから沢田のタイムリー、6回には先頭河田のスリーベースからジョニーのタイムリー、8回には連続四球から再びジョニーの2点タイムリーと長江のタイムリー等で〆て9得点。これがいいきっかけになれば。

 気になるのはやはりペゲロの状態。確かに芯を食った打球は速いけど、素人目だけどあのアッパースィングでは大きいのはなさそう。昔いた島袋がよくないときの、アッパースィングで打球に順回転のラインドライブがかかった感じ。それも当たれば、で実際落ちる球へのアジャストが全くできていなさげで、そもそも当たる気配もない。期待が大きい分もう少し何とかならんもんかなあ。ジョニーが昨年途中で復帰して吉岡監督のコーチングで目覚めたように。

 とりあえずこれで貯金1。でも明日から3週間で福井県営、甲賀、守山、金沢市民、加賀、甲賀、丹南、アルペン、アルペン、でようやく県営富山というビジター9連チャンという地獄のロード突入(アルペンはビジター扱い)。ここまでホントは貯金しておきたかったんだけど、まあしゃあない。なんとか乗り気って欲しいところだが…。

4/16 高岡西部 対信濃

 6-3。

 点を取れば勝てる。just simple 。

 このブログに書いた成果か(←んなわけなかろうが)大幅に打線をいじってきた。昨日まで控えだった高山が満塁からの押し出し四球とタイムリー、針山がタイムリーを含む2安打、2番に入った河本もチャンスメイクの3安打、等々。信濃さんの守備の乱れもあったが、特に0-2とされた4回裏は今シーズン初めて打線がつながった気がした。
 今日スタメンから外れた和田や長尾は悔しかっただろうけど、切り替えて次のチャンスをうかがってほしい。なんといっても和田は若いし、正直サード守備は針山より長尾がかなり上だ。出番はすぐに来る。こうして競争心を煽ってチームの底上げを早い時期からやっていこう。

 先発・コラレスは7回4安打2失点。先制された3回は先頭にいきなりスリーベース食らったわりに最小限でとどめてくれた(もちろんその時点では昨日までの打線を思って内心目を伏せたが)。あとはほぼ危なげなし。次回も期待大。
 基本的にここまで先発陣は試合を壊していない。だからこそセットアップが重要なんだけど、今日は課題を残した。コラレスを継いだ後藤がいきなり連打で無死1・3塁にされてしまい慌てて竹林を。最低限の失点でしのいではくれたけど、後藤の内容は不満足。コラレスの後だから当然球威自体は落ちる。それを承知で出すのだからそれなりの準備・組み立てがないと当然今日のようなことになる。今後特にバリオス・コラレスの後ろの繋ぎ方には工夫が必要だ。最終回シレットは先頭四球はいただけないけど後はまずまず。今のところ後ろで使うには出来も球威も一番いいかな。

 今日イチはコラレスのフィールディング。巧い送りバント捌くのに一塁へダイビングスロー?したりジョニーが横っ飛びで捕ったゴロのベースカバーで体勢を崩しても必死でアウトにしたり。あの姿で燃えない野手はすぐに辞めたほうがいい。まあケガは心配ではあるけどw
 あとは針山だな。4回裏3点取ってなお二死1・3塁からの貴重な4点目のタイムリー。あれを取るか残塁かでは行って帰るくらい違う。今日の試合を決めたタイムリーと言ってもいい。試合後のヒーインで「去年からずっとヒーローインタビューやりたかったんです。だから嬉しいです!」の一言に思わず涙腺が緩みかけたよオジサンは。

 とりあえずこれで5割。正直打線はまだまだだと思うけど、少しずつ良くなって、好調の先発陣と噛み合えば、なんとか勝負になる。がんばれ。

 閑話休題。

 今日は団長さん不在のため今シーズン初のフルコールリーダーだった。選手コールはなんとか間違わなかったが、ドラムコールは太鼓部隊に合わせられずバタバタだったし8回の河田のタイムリー後の「河田コール」忘れるしスリーコールのヴァリエーションは団長さんに比べて(比べるだけムダ_| ̄|○)超貧弱だし…。よかったことは勝てたことだけ。選手の皆様、ありがとうございましたm(_ _)m

 …なんにせよ、50の坂越えたオッサンがするこっちゃないわ。しんど。

*CommentList

4/15 高岡西部 対福井

 2-5。

 福井さんに負けるときって、いつもスコア以上に「完敗」って気になる。たぶんきちんと打つ手がはまって展開通りにいってしまうからなんだと思うが。

 とにかく、攻撃が重苦しい。二死からの出塁が多かったり無死でランナーが出ても貯まらない、ランナーが貯まっても押し出し四球の1点のみで終了とか。まあいろんな要素はあると思うがさすがにもう打順いじるしかないのでは。今打線の中で良さそうなのが河田、ジョニー、澤田位。逆に残念ながら1番にいる和田が悪すぎる。ここは河田1番にしてジョニーで返す形しかないだろう。試合が進めば現在8番の澤田が出て河田で貯めてジョニーへ。そのくらいしか打って得点をとる場面が想像できない。ホントに、オープン戦なんてあてにならんもんだ。

 先発・バリオス5回5安打2失点。字面以上に四球が多かったのは主審とゾーンがあってなかったからだろう。実際かなりイラついて見えたし。5回先頭のソロはまあしょうがないとして、二死2塁からのタイムリーは我慢してほしかった。
 6回2番手の鈴木。四球やヒットも絡んだけど実際この回の福井さんの攻めは決してスムーズではなかった。2度送りバントを失敗しどうにか二死1・2塁の形で、ここでの2点タイムリーが痛すぎた。実質この2失点で今日は終了。とられ方が悪すぎた。
 ここまで踏ん張って来た投手陣が崩れた。援護がない→追い込まれた心理で我慢の展開→リズムが悪くなって調子を落とす→ようやく打線が上向いた頃投手陣が最悪、なんて展開になる前に早めに手を打ってほしい。

 今日イチは2-5の9回二死1・2塁フルカウントから四球を選んだジョニー。あの場面あのカウントからあのえげつない福井さんのクローザー・藤岡くんのフォークによくバットが止まったものだ。いかに好調で見えてるかの証左。片や次のペゲロ。初球フォーク空振り2球目高めに手をだし空振り。コキリコ吹きながら合間にペット吹きと「次落とされたらバット止まんないわ」って言ってたらその通りの三球三振。素人に見透かされるなよ。重症だな。

 

4/12 高岡西部 対新潟

 6-0。

 先発・小柳、7回2安打無失点。おそらく今シーズン開幕前は最初から自分が主軸・エース!の気概で臨んだはず。それが、ふたを開けてみたらローテーション3番手。その小柳の意地を見た、などというのは見方が穿ちすぎだろうか?でもそのぐらいのきかん気・お山の大将根性がなければマウンドに立てないだろう。次も小柳の意地が見たい。俺が内容は一番だ、どうだ!的な。
 ただ、僕らファン目線からしたら、「この」小柳をローテーション3番手に出せる、こんなに頼もしいことはない。昨年「あと誰が投げたらいいねん…」的絶望感のなかでシーズン終了してたことを思えば。
 2番手竹林はまずまず。3番手後藤はちょっと制球に苦しみ、というかかなりばたついた(四球2つと死球で満塁とか…)けど辛うじて無失点。今日の内容だと抑え、にはまだトライアルが必要な感じ。

 打つ方は11安打6得点、ではあったけど打ち崩してたかと言えば…。正直新潟さんの守備の乱れに助けられた場面もあったし。まあ投手陣が6分咲きだとしたら打撃陣は3分咲き、といったところ。特に長江あたりにはそろそろ長打を期待したいところ(今日も渋い当たりのライト前タイムリーは出たけど)。ヒーインに出てたけど、河田は今日は3安打。次はここ!というところでのロングに期待大。

 やっぱり高岡西部の方がアルペンよりいいや。さすがホームグラウンド。

ご案内

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR