FC2ブログ

極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

8/18 高岡西部 対福井

 13-4。

 今日のハイライトは文句なし、3回に出たつよしのスリーラン。スタンドから見てて「あ、ライトオーバーだぞこれは!」があれよあれよでライトがバックして…入っちゃった(笑)
 いや笑っては失礼だが(本人だってヒーローインタビューで木製バットで初アーチだって言ってたし)たぶんいろんな条件がぜーーーーーーーんぶ揃って入ったわけで、でもつよしの可能性は見せてくれたわけだ。
 今でも3割打って打点も30点以上ある。以前在籍してた誰だったかが言った「オフにゲロ吐く位に体幹鍛えました」これを是非ともつよしにも頑張ってほしい。ストレートに押されないパワー、野手の間を軽い抜く打球のスピード、これらを手に入れた来年、堂々の主力として打線の上位を張れる選手になれる!…等という期待と妄想。

 以前書いたけど、見てるファンを湧かせる一瞬を、どれだけの爪跡をファンに与えられるか?そういう意味で文句なし、プロの一撃だった。




スポンサーサイト



8/17 松本 対信濃

 1-4。

 片や信濃さん先発・佐渡くんに2回に首尾の乱れをついて0-1から同点に追い付くのが精一杯であとはほぼ何もさせてもらえず、片やこちらの先発・フローレスは毎回のようにランナーを背負いながら同点の3回に1点勝ち越されそれでも踏ん張っていたが7回にトドメの2点をもぎ取られ終了。

 現状の力通り。淡々と敗戦。これ以上突っ込むところもない。

 よそ様のことを四の五の言うのも僭越だが、今日の印象。西地区で群馬さんとこの打線に互して戦えるのはたぶん信濃さんとこだけだな見たところ。上から下までよく振れてるし中軸のパンチ力・長打力も強力。いい打線だな。

8/14 寺井 対石川

 3-4×、9回サヨナラ負け。

 この1試合をなんとしても勝たないとどうにもならない!という采配はしていないのは前の試合から見えているので(実際シーズンの行方に全く影響がないので)勝ち負けにはもう四の五の言わない。

 前回の金沢市民も今日も事象的にはクローザー(の順番に投げただけ)が打たれて負けた訳だが実際には打てずに負けた、打撃の内容で負けたと思ってる。

(ここから素人が打撃論らしきものをぶちます。無視するなり笑納するなりしてください)

 いわゆるおっ付けるとか流すとかいう意識付けはきっと大事なんだろうと思うけど、ウチはきれいに合わせるということを志向していないか?
 昔進藤さんがサンダーバーズにいらした頃、おっ付けるとか流すバッティングを教えるときに、タイミングを遅らせて流すな、自分のタイミングは崩さずに打球の方向はバットの角度で決めろ、みたいな指導をされてた(と思う。立山球場のバックネット裏のスタンドから見てただけなので)。前にBSでやってた某野球番組の確か「流し打ち」の回で、ボールの内側を叩くイメージ、って誰かNPBの選手が言ってたが、表現が違うだけで言いたいことはきっと同じことなんだと思う。

 9回表。一死から松村が上手いバントで出塁して次の榎本、きれいに流したショートゴロでゲッツー。
 9回裏。先頭が四球で出て神谷くん。送りバント2度失敗してフルカウントから思い切り引っ張って一塁ゴロ、辛うじてゲッツーは免れて活きて結局サヨナラのホームインすることになった。

 ゲッツーになったかならなかったかは問題ではない。どちらのバッティングに内容があったか?見るべきものがあったか?明らかに神谷くんだ。

 何が言いたいか?石川さんの打撃陣の方が明らかに強くしっかり叩く、ということができている。逆にウチはあわせてきれいに野手の間を打ち抜こうとしている。だから試合終盤、競った試合でお互いに力のある投手を繰り出した時に石川さんの方が力負けせずにしっかり下位打線でも掴まえられるのだ。片やウチは終盤になると押し込まれる、タイミングだけ合わせた強さのない打球が野手の正面に飛ぶ。前半戦得点できるのに回が進むにつれ尻すぼみになる要因はそのあたりにあると思う。

 もっと振れ!強くしっかり叩け!

 まあ、結果云々ということなら、単に石川さん打線が「富山のリリーフなら最後にはどうにでもできるわ」と舐めてかかってる精神的余裕があるから、なのかもしれんが残念ながら。


8/12 金沢市民 対石川

 3-4×、9回サヨナラ負け。

 言いたいことはあれこれあるけどもう疲れた。

 とにかく言えることは、今年のサンダーバーズは勝負弱いということだ、いろんな意味で、攻守問わず。

8/10 小矢部 対茨城

 11-2。

 マクシーがソロを含む3安打、つよしが2打席連続タイムリーに犠牲フライで3打点など、今日は前半戦ほぼやりたい放題で11得点。
 相変わらずかさにかかったら容赦ない。がここで息切れしてしまうところもこの打線らしいところか。群馬さんなら20点取って勝つところ。間違いなくそのペースだったんだが。明後日金沢市民で石川さん相手にどの程度やれるか?この間高岡西部では信濃さん相手になんにもいいところがなかったらしいが。

 フローレスが6回3安打無失点。危なげなし。ランナー出しても茨城さんが足を使ってこなかったあたり情報不足にも助けられたか。
 7回からは菅谷・ウーター・吉田が1イニングずつ。菅谷はだいぶ戻って来てるみたいな。ウーターは相変わらず。三振か四球か四球か四球か。吉田は19日ぶり?位の登板で今一つで2失点、といっても空きすぎの調整だからそのくらい割り引いて見たいな。

 茨城さんの2番セカンドで昨年前期まで富山にいた大石くんがスタメン凱旋?いいヒットも出たし一本河本にセンター前に抜けそうな当たりを阻まれ(そんな言い方しなくてもw)たけどとにかくいい感じで打てていた。レギュラーで場数をふんで確実に伸びているようで嬉しかった。
 7回にはこれも昨年まで富山にいてエクスパンションドラフトで移籍した川名くんがこれも凱旋登板、キッチリ1イニング0封。よかった。

 こうして移籍してもその選手に声援を送れるというのはいいことだと思う。点差開いた余裕だろ?と言われたら確かにそうかもしれないけど、ブーイング送ったり野次ったりといった殺伐とした空気にならない富山のスタンドでこれからもあってほしいと思う。

ご案内

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山GRNサンダーバーズ私設応援団ユーフォニアム&トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR