極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

6/17 高岡西部 対石川。

 6-1。

 初回。先頭河本ツーベースで2番榎本があっさりタイムリーで先制、長尾が繋いでキムがタイムリー、ヒョンギュが2点タイムリーツーベースでいきなり4点、と昨日の守山の続きを見ているかのような繋がりのいい攻撃だった。
 5回裏には一死1塁からマクシーのタイムリーツーベースで1点追加し、7回裏には二死1・3塁からダブルスチール!で6点目(正直苦し紛れではあったけどw)中押しダメ押しと主導権を渡さなかった。

 先発・ラミレスは7回を4安打無失点。いいときのラミレスならこのくらいの内容でも不思議はない。ただ今日でようやく3勝目ということは、ばらつきもあるということなんだろう。…見殺し、の方が多い気もするがw
 昨日もリリーフが、と言ったが今日の8回古村・9回佐藤も、なあ。特に8回古村は四球二つとヒットで二死満塁で押し出し四球で1失点。まだ5点差があったからさほどバタバタしなかったが七尾では同様のシチュエーションでグランドスラム食らった訳だし。もう少し安定感が欲しいところ。
 
 今日はセカンド・強史の守備機会を何度か見られたが、ニゴロから二塁にカバーに入った河本への送球時のスムーズな身体の動きを見てても、ようやく「普通の」セカンドが入った感じ。バッティングは今日は結果が出なかったんだけどそこはまだ鍛練が必要(なるほど福井さんではレギュラー陣に割り込めなかったわけだと妙に納得)かな。でもいいぞ。これから。
 経歴を見ても当然と言えばそうなんだが(だから今まで書いてこなかったが)榎本がいい。バッティングがいいし(大きいのは無さそうだが)足もあるし、守備は間違いなくヒョンギュよりも上(比較対象がw)、はジョークとしても正直普通に守ってくれたら十分なところ。

 後期、勝負できる陣容が整ってきたかな。

スポンサーサイト

6/16 守山 対滋賀。

 15-3。

 今日は打線がよく繋がった。特に4回、無死2・3塁から林崎のタイムリーから始まって新加入・強史の2点タイムリースリーベース、河本繋いで榎本がタイムリー、3番に入った長尾タイムリーツーベース、金子2点タイムリーと一気に7得点で10-1とほぼ試合を決した。
 打線は水物ではあるのでそう毎度毎度こうはいかないのは承知しているが、新加入の3選手がことごとく結果を出したのはもう来週からは始まる後期に向けて明るい材料ではある。
 そして水物の打線と比べてスランプのない(はずの)守備の面においても。セカンドに新加入の強史が入ってまずまず無難にこなし、長尾が「本職」サードに入りキムがファースト。外野守備の不安なヒョンギュをDHにおいてレフト榎本ライトに金子。なんとなくはまるべきピースがはまるべき場所にはまったような印象。しばらくこれでいきそうな感じ。

 先発・乾は6回4安打1失点。ようやく「ちゃんと」援護してもらえたw今日のような点差ならもう不安はなかった。さすがの安定感。
 一方で7回阿部・8回後藤・9回大井のリリーフ。これだけ点差があるなかでもうひとつの印象をぬぐえない。特に阿部と大井はもっと競った場面では…厳しい印象。

 今日イチはもちろん強史。セカンド守備はまずまずいい感じだし、バッティングはタイムリースリーベースはあったけどまあちょっと力不足の面もあるかなと思わなくもなかったけど、でもまだ20歳!伸びしろ十分な楽しみな素材が入った。

 まあ、開幕から所属してた二人が戦力外になり、福井さんで練習生だった子があっさりレギュラーにはまりそうだ、というのはなんとも、複雑ではあるのだけれど。そりゃ、福井さん強い訳だわ…。

6/14 高岡西部 対滋賀

 4-6。

 勝負事にタラレバ言っても詮ないんだけど。

 4-1とリードした8回表。ここまでほぼ危なげなかった先発・吉田が先頭から3連打で1失点して無死1・3塁残して古村に交替。ここから内野ゴロ三塁ランナー挟殺プレー二つで二死2・3塁からジョニーが真正面の平凡な一ゴロ、を高山が弾いてファールゾーンに転がるうちにランナー二人とも還って同点。
 4-4で延長戦に入った10回表。この回から登板の佐藤が簡単に二死まで取って次のバッターもほぼ正面のニゴロに打ち取った、はずが何故か送球がもたつく?間に内野安打で二死1塁、からジョニーにツーラン食らってジ・エンド。
 内野で「本職」守ってるのはショートの河本位であとはチーム事情で無理やりなのはわかってはいるが、結局こういう脆さを常に抱えたチームだということなんだろう。このままシーズン終わるまでその脆さを抱え続けるのか(去年も結局二塁の爆弾でプレーオフ二つとも落としたわけだし)改善される見込みがあるのか?なんにせよ、今日のような接戦とも本来は言えないくらいの主導権を握った試合を落とすようでは、厳しいな。それこそ信濃さんや福井さんは絶対に落とさない展開の試合だ。だからこそ優勝争いしてる訳だが。

 先週末県営富山では変化球さえ投げておけばまあ打てないわと見えてた新加入・金子が今日はよかった。レフト線ツーベースにライト前ヒット、打ち取られた4打席目の三ゴロも痛烈ないい当たりだったし。これからは期待して、いいのかな?

 そして、久しぶりにジョニーの「らしい」ホームランが見られた。残念ながら相手として、ではあったけど。あのバットで去年僕らは何度助けられ、歓喜したことだろう?紛れもなく富山の過去最強打線の中核だった。誰がジョニーを…まあタラレバ言っても詮ないか…。

6/12 こまつ芸術劇場うらら アンサンブル金沢小松定期

オーケストラ・アンサンブル金沢 小松定期公演・春

 指揮:川瀬賢太郎
 ピアノ:平野加奈

 チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調
 チャイコフスキー:交響曲第5番 ホ短調

 大編成のオケが聴きたい!という禁断症状に負けて、半休取って平日小松まで行ってしまった。大好きなチャイコフスキー、推し指揮者の川瀬くん&拡大OEKという黄金配合w

 桐朋アカデミーの協奏曲コンサートのブログを書くときにいつも書くが(こないだ「あなたの記事は中傷だから通報する」と内容について脅されたが)ソリストにはざっくりステレオタイプで分けると二種類あって、オケにきれいに合わせてしまうタイプとオケに合わせさせるように自分は突っ走るタイプ。技術的にどうしてそうなるとかどうとかはわからんけど、個人的には後者の方が時に危なっかしいし荒っぽいときもあるがスリリングで面白い。今日のソリストさんは、前者だっただろう。強烈な自己主張、というにはまだタッチ全体に強靭さが欠けている。結果オケに埋もれてしまう。もちろん指揮者はそうならないようにコントロールするがそもそもの曲の構造上どうしてもオケが勝ってしまう場所の多い曲だし。まあ、よく言って佳演だったかな。

 まるで協奏曲の反動のように、川瀬くんがやりたい放題やりきったかのようなチャイ5。何度も聴いた曲だが1楽章から2楽章へのataccaは初めて聴いた。前半2つの楽章はねっとりとしたテンポ・歌わせ方、パウゼはかなり長めに取り表情付けをくっきりと。逆にフィナーレは殺人的(笑)快速。序奏から第一主題が始まったところは破綻しかかったのを無理やりねじ伏せ一気呵成にコーダまで畳み掛ける。もともと大好きな曲なのでこれだけ好き放題やられるともう清々しく笑いながら(声は出さないからニヤケながらかw)堪能した。もちろんトラが多数入った編成(弦10型だし管も当然半数は)だからピッチが甘いところや細かいキズも無くはなかったし、でもこれだけスリル満点?愉しさ満点なら満足感高い。

 それにしても、チャイ5でこれだと、9月の来シーズン開幕戦?のベト5は、いったいどうなってしまうのか?刮目して待て(笑)

6/10 県営富山 対福井。

 3-4。

 正直、点差よりもはっきりと現時点の力の差を感じた。

 勝敗を分けたのは3回。0-0の3回表一死1・3塁から正面の一ゴロ。高山が捕って三塁ランナーを制してから二塁へ送球、ゲッツーを取りにいったわけだが崩れて先制を許した。ゲッツーを狙うのなら三塁ランナー気にせず即二塁送球すれば間違いなく取れた。逆に三塁ランナー牽制するのなら目で制してから一塁を踏みにいって二死2・3塁形が次善では。
 直後の3回裏、微妙な判定なども絡んで無死満塁を作って榎本が同点タイムリー、なお無死満塁も高山・キム・ヒョンギュと倒れて同点止まりに。現在の攻撃を象徴してたがここで畳み掛けられてたら全く違う展開になってただろう。

 とにかく、長打が出ない。打ち取られた当たりを比較しても福井さんの方が明らかに鋭い打球が外野に飛んでた。技術的なことはよくわからないけど、言われがちな言い方をするのなら相手投手の球を押し込めていない。福井さんの先発・廉都くんやセットアップ岩本くん、クローザーのイムくん何れも球に力のある投手たち。ほとんど逆に押し込まれる場面が目立った。

 先発・湯浅は7回8安打4失点。悪くはなかった、と思う。でも湯浅位の球に力があってもたぶん僅かにミスると確実に捉えて押し込んで飛ばす。素人目でも明らかに福井さん打線の方が強く鋭く振れてるように見えた。要するに素で打たれた。
 一方で牽制で2度ほど釣り出して刺したし、バント処理のフィールディングも申し分ない。器用なんだなあと。もう一段球威と精度が上がれば。
 

 3連敗でついに借金生活突入。昨日の敗けで前期優勝は数字上無くなってしまってたわけだけど来週末にはもう後期が始まる。仕切り直しのチャンスが来るわけだからここから前期の残り試合、リセットに向けて有意義に過ごして欲しい。さあ切り替えよう。

ご案内

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR