極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

7/21 東京オペラシティ 東京フィル第111回定期

東京フィルハーモニー交響楽団 第111回東京オペラシティ定期

 指揮:チョン・ミョンフン
 ソプラノ:安井陽子
 メゾソプラノ:山下牧子
 合唱:新国立劇場合唱団

 マーラー:交響曲第2番 ハ短調「復活」

 文字通り「念願の」マーラー「復活」初生体験。勿論CDや映像では数えきれず聴いてきたが。

 ご存知強烈な出だしから、少し遅めのテンポで一拍一音ずつ確認するように念押しするように音楽を刻んで行く。でも決してくどくはない。
 穏やかで美しいアンダンテ楽章、まだ皮肉っぽさはないが緩やかに揺れるスケルツォ。
 でもやはりこの曲は声楽が入ってからが本番だ(趣味)。4楽章の腹の底に響くメゾソプラノがいい。
 フィナーレの合唱団だけど、二階席正面のオルガン前に、4人ずつ男女が交互に、つまりパート毎の塊ではなく全パートが全面に拡がって配置されてた。こういう形の合唱配置は初めて見たけど、この曲の響き全体が上から降ってくるような曲想によくあってた。新国立劇場合唱団強烈な。そして合唱の中からふわりと浮かび上がるようなソプラノも絶品。
 要するにマーラーの合唱・ヴォーカルの使い方がホントに見事で、まさにその狙い通りの効果をいやというほど味合わせてもらえた。

 正直細かいキズがないではなかった(特に弱奏部のTpとか)が、全曲聴いたらもうどうでもよくなった。やっぱりマーラーは生だ。ほら、こう演奏したら聴衆の掴みOK でしょ?みたいなしてやったり顔のマーラーが見えるみたいだった。無論そう聴こえるように見事に構築したのは、言うまでもなく流石のマエストロの手腕のおかげなんだが。

スポンサーサイト

7/18 石川県立音楽堂 アンサンブル金沢定期

オーケストラ・アンサンブル金沢 第392回定期公演

 指揮:井上道義
 オルガン:ティエリー・エスケシュ
 チェロ:ルドヴィート・カンタ

 エスケシュ:与えられたテーマによるオルガン即興演奏
 シューベルト:交響曲第7番 ロ短調「未完成」
 サン・サーンス:チェロ協奏曲 第1番 イ短調
 エスケシュ:オルガン協奏曲 第3番「時の4つの顔」(世界初演)

 オープニングがいきなりオルガンの即興演奏。マエストロ・ミッキーがピアニカで!提示した「未完成」のフレーズの断片に基づきエスケシュさんがオルガンで即興で弾く。第一印象は「プログレみたいだな」。クラシックをベースにしたプログレッシヴ・ロックに入ってるハモンドオルガンとか初期のシンセみたいな肌触り。なかなか愉しい。
 
 それを受けてか?次のシューベルトが衝撃的配置。向かって左手にヴァイオリン群、右手に前に木管・後ろに金管ティンパニの管打楽器群、センター雛壇左手チェロ右手ヴィオラ後列コントラバスの中低弦楽器群。と書くとまるで現代音楽の演奏スタイルみたいだがまさにそれ。「未完成」の新たな演奏スタイルの提示としては十二分の成果だった。曲の構成が最初からこのスタイルで演奏するように書かれていたかのように、実に見通しよくバランスよく聴こえる。個人的にはオルガンの管が担当してる楽器群をステージ上に平面図的に配置したのかなと思ったが。

 2月定期でグリシンさんのヴィオラ協奏曲を聴き、6月定期ではヤングさんのリーダーヴァイオリンを聴き、そして今日がチェロ首席・カンタさんのサン・サーンスの協奏曲。ホントにOEK は優れたプレイヤーがリードしてるんだなあと今更ながら思う。圧巻の、見事なソロ。文句なし。OEK のサポートもとにかく美しくて。特に第2楽章の弦楽器群。

 で、今日のメイン。面白くはあった。ただ、最初に聴いた即興演奏に比べてどこかぎこちないというか硬いというか。馴染みのフォロワーさんと終了後話したときに言われたマエストロ・オケの拍節感に合わせ過ぎ?の見方に納得。確かにそんな印象。もっとオケの上で好き放題?自由に動き回ったほうがらしかったかも。個人的には3楽章が気に入った。ドビュッシーやラヴェルがエコーしてて素敵な響き。

 さてこれでOEK の2016-17シーズン終了。9月から次のシーズンに入る訳だが、個人的にはこれから8月まで魅惑のフルオケ大会。今週末7/21東京フィルでマーラーの「復活」、8/20サイトウ・キネンでマーラーの9番、8/27はOEK 特別編成&合唱団でヴェルレク北陸初演。あー楽しみ!

7/16 城光寺 対石川

 2-7。

 今日は石川さん先発・沼田くんを捉えきれなかったのがすべて。7回までに5安打2得点、というのはウチの打線としてはしてやられた数字。0-4の4回裏一死1・2塁から長江にタイムリーツーベース、次の長尾の右中間の飛球でジョニータッチアップでもう1点、と思ったら長江がなぜか帰塁できず二塁タッチアウトで1-4まで、というボーンヘッドがあったけど、ほぼまともなチャンスはそこだけだった気がする。残念なプレーだった。

 という投手相手では、今日の先発・吉田の出来では勝負にならなかった。5回までに8安打5失点。立ち上がりイマイチで先制され、立ち直ったかなと思ったらソロを食らい、4・5回は共に二死からタイムリーを食らった。やはり条件が全て揃わないと(変化球キレよく要所でいいところに決まり、ストレートも走ってコントロールよく、リズムもよく、みたいな)しのぎきれない。そもそもの球威が足りないのだからやむを得ないが。でも紙一重だと思うし、次回がんばれ。
 2番手・米山は6回はよかったが7回はこれも二死1塁からツーラン。球威は無論吉田よりあるわけだが、沼田くんと比べたらやはり組み立てる材料が単調な印象。
 3番手・ラミレスは2三振と左飛といい出来、ではあったけど、スタンドでDH氏が指摘してたけど、外国籍投手特有の「ボークとられそうな」フォーム。いわゆるセットで止まってないと判断されっぽそうな感じ。球威はありそうだしコントロールも悪く無さそうなので期待したいところ。
 4番手・石野。なかなか登板機会がないがスタンドの期待は高い(声援の多さが物語る)んだが…いきなり四球スタート。それも打者に粘られてではなくなにもせずに立ってただけで。あれは残念だ。打たせたらゲッツーも取れて結果無失点だったわけだから打たせてとれば、と言うのは簡単だが、それが出来てたら…。いずれにせよ今日の出来ではまだまだいまのポジションから上には行けない印象。

 パッと見あまりパッとしない負け試合だった訳だけど、それぞれが次に課題を活かしてくれたら。そう思うのがせいぜいのところだった。

7/15 城光寺 対信濃

 4-2。

 先発・バリオスが信濃さんの先頭・頼くんにいきなり頭部死球をぶつけて0回0/0で危険球退場、小柳が急遽マウンドに。結局6回を2失点でまとめてくれた。緊急登板(嘘かホントか交替打診されたときにトイレにいたらしい笑)としては上出来、というか文句なし。よく投げてくれたと思う。バリオスも悔しいだろうけど次回頑張って欲しい。

 そういういきなりの展開だったのでどうしても先制したかったところで初回、一死1・2塁からジョニーの先制タイムリーツーベース、直後長江にバックスクリーンへのツーランで4点先制できた。小柳も最高の援護射撃だったし長い攻撃で準備もできただろうし、アクシデントのあったなかで上出来の展開だった。

 7回竹林・8回マバレ・9回シレット、で毎度の〆。ホントに今年のセットアップ→クローザーは安定してる。コラレス退団でひょっとしたらマバレを前に出すかな、と思ったけどこれはやはり崩せないな。

 初回の4点のみであとはチャンスもあったのに(特に6回の無死満塁からの無得点は…)得点できなかったことや、相変わらずどうにも二遊間が不安定だったとか、まあ言いたいこともなくはないけど、暑いなかで勝ったし、いいやとりあえず。

7/8 桃山 対福井

(今朝からTwitterが異常アクセスだかでロックされ、何故か登録アドレスが会社の自分あてアドレスになってたため、試合後球場から会社に来てTwitter接続を復旧させました。いつもの頻繁な試合中ツイートが今日なかったのはそのためです。あれは自分があとでこのブログを書くための備忘録にもなってるので、今日はコールしながらの薄らぼんやりした最近衰えつつある記憶力に頼りますので間違ってたらごめんなさい。試合自体間違っててほしい内容だったんだけど。)

 9-9。9回時間切れ引き分け。

 ホントは「無様な引き分けだった。」の一言で今日のブログ終わらせてやろうと思ってたんだけど、8回表の守備以外は見どころの多い試合だったので、あの無様な守備のせいでそれを書かないのも余計に腹立たしいので。

 まず先発・吉田。6回を3失点。それも6回に3連続外野オーバーツーベースなどで2点を失ったので、勝利投手の権利を得る5回までは1失点ピッチングだった。6回の突然の崩れ方はまだまだ甘さが残るとはいえ、そこは秦コーチや沢田ときちんと修正できるだろう。残念ながら諸先輩方の守備で試合を壊されBCL初勝利はならなかったが、今日の内容があれば勝ち星はそう遠くないだろう。間違いなく次の機会があるいい内容だった。

 その沢田。5-3と追い上げられた6回裏の見事なスリーラン。0-1の3回裏の同点タイムリーも沢田だったし。なんか前期優勝決まった城光寺のスリーランからほんとに覚醒してしまったのか?監督にお願い。このまま沢田は9番で使ってください。BCL最恐の9番打者(今のところ)にしておいた方が愉しいです。
 今日DHで先発の高山が6回(だったと思うけど)に見せたレフト線のシングルヒット。記録だけだとただのシングルヒットなんだけど、この当りというか打ち方がすごかった。話に聞く高山の「打つ気ないよ打法」(勝手に名付けた。語弊あり)の一端が見えた。あんな打ち方できれいにあの打球の速さで外野に運ぶ選手を見たことがない。いいものが見られた。

 いつもは負けた試合でも「今日イチ」を書くようにしてるんだけど、今日は逆に最悪の印象のプレーを。先制された2回表。ショートの河本がエラーで出塁を許したあと。ショート後方に上がった打球を追わず、レフト和田が慌てて前進して済んでのところで(それも和田の足だから「済んでのところ」になったわけで)捕れなくて記録はレフト前の先制タイムリーヒットになった。あれは、ショートが追うべき打球だ。ミスの後消極性が顔をのぞかせたのは極めて残念だ。積極的プレーの結果のミスなら(もちろんない方がいいが)しょうがないとしても、消極的な未必のプレーは見たくない。ほんとに、見たくない。猛省してほしい。

 幸い後期も始まったばかり(でもないんだが何せ雨天順延が多い…)なので、今日のようなモロさの連鎖はなくしてほしい。個人的には7回裏に9-3とリードを拡げエースセットアップのマバレがマウンドに、ということでなんかベンチやメンバーがフワッとしたのも敗因のような気がする。こういうモロさが潜むチームには、気まぐれで性格の悪い「勝利の女神」は一番肝心なところでよそ見をすることだろうし。

ご案内

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR