FC2ブログ

極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

8/15 城光寺 対滋賀。

 5-1、7回終了降雨コールドゲーム。

 先発・吉田、6回被安打6で1失点。いいピッチングだった。四球少なく早めに手を出してもらって、シングルOKそりゃたまにはタイムリーもあるわいといういかにも「吉田らしい」ピッチング。基本的に土日が乾・ラミレスのエースローテだがこうやって週半ばの出番でキチンと結果を出してくれるのは実に頼もしい。この先雨で流してローテがキツくなることがあれば当然吉田の出番だ。期待大。

 先日高岡西部のナイトゲームで抑えられた滋賀さん先発・高井くんから今日は効果的に加点できた。3回裏一死1・3塁から榎本の犠牲フライで先制、二死2塁から高山にタイムリー。1点返された直後5回裏一死1・3塁から河本のゲッツー崩れで1点、6回裏には一死2・3塁からキムのタイムリーなどで2点追加。そう気持ちよくポカスカ連打が出てビッグイニングくれるような相手ではないのでこうやってしぶとく加点出来たのは効果的だったと思う。

 今日イチは吉田。テンポよくコントロールよく安定感がある、もうべた褒め。あと、ここのところ調子を落としているように見えた榎本にヒットが出た。決していい当たりではなかったがこれがきっかけになれば。いよいよ残り1/3ラストスパートに榎本の復調は欠かせない。

 先日の遠征中クルマのなかで話してたんだが、例年まずは20勝を越えないと優勝ラインに届かない。直近そこがひとつの勝ち負けの目当てになる。さしあたりそこまではあと4つ。

スポンサーサイト

8/12 オリスタ 対信濃。

 5-2。

 初回、信濃さん先発・ギジェンくんの乱れから無死満塁、海老原のタイムリーと長尾の押し出し四球で2点先制(その後は尻すぼみ)。3回先頭高山クリーンヒット次の海老原ツーランで4-0に。5回に2点返され4-2、膠着してた8回先頭マクシーに貴重な追加点ソロ。海老原マクシー共に実にいい場面でアーチが出た。

 先発・ラミレスは7回2失点。その5回の2失点にしてもサードに不慣れな谷口を守らせているリスクとは言えるし、実質完封ペースのいい内容。8回は古村、9回は菅谷がいい内容で締めてくれた。

 昨日も書いたがとにかくウチは勝つしかない。

8/11 守山 対滋賀。

 27-7。

 暑さのなかでスマホが異常加熱で作動しなくなり3回までいつものツイート(当然自分用の備忘録も兼ねてる)が出来ない上に3回裏9点目とったところでボーッとしてきてコールリーダー(守山は鳴り物禁止なので)途中降板したりで細かく内容は覚えていない。けど、ちょっと結果の出ていなかったキムが2度の満塁機に共に2点タイムリーツーベースを打ったり最終回に河本にグランドスラムが出たりと位はなんとなく覚えてる。とにかくリーグ最低打率打線でついぞ見たことの無いような大量点だった。

 4回終了時で19-0という展開だったのであまり参考にはならないが、乾は5回にツーランを食らい6回から登板した阿部は6回にツーラン7回にソロを食らいと今一つの内容。8回佐藤はなかなかいい内容、9回川名がギリギリの及第点か。

 とにかく、今は勝ち続けるだけ。ゲーム差だ残り試合だとか関係ない。逃げ馬はゴール板抜けるまで影を踏ませなければいいのだ。このまま駆け抜けろ!

8/8 高岡西部 対滋賀。

 3-6。

 お客はエラーとフォアボール見るためにお金を払って来てるわけじゃない。













 で済ませてやろうかと思ったがもう少しねちねちと書く。

 よく言えば攻撃力重視のオーダーということなのかもしれんが、ヒットの本数が数本減るダメージより不要なエラーが増える弊害の方が大きい。あまりこういうときに名前を出さずにきたが、キムは今日や5日の城光寺を見る限り少なくともサード守備はBCLの水準ですらない。どうしても使いたいならDHにすべき。

 興味は記録に残るエラーが6。これは投手の責任でも当然ある。当たり前のことを書くが、野手は投手の投げる球種やコースで予め翔んでくる打球を予測して守ってるものだろう。守備動作に入る度投球がボールで挙げ句四球、四球が多いということはそもそもコントロールが不安定、予測した打球が飛んでくる訳がない。NPBのスカウトも来てるという話も聞こえてくるが、今の湯浅が指名されるほど人材がいないとは思えないが。

 今日初めて観戦した人に「やっぱりBCリーグなんてレベル低いや。こんなもんか」と言われても、一言もない内容だった。


8/5 城光寺 対信濃。

 2-1。

 先発・ラミレス、6回被安打4で失点1。初回信濃さんにヒット→送って→タイムリーという絵に描いたような鮮やかな先制をされた、以外はまずまず安定していたと思う。本来「まずまず」という表現は申し訳ないかなあという位の出来だったとは思うんだけど、信濃さんの先発・ギジェンくんの出来がとにかく素晴らしくて、それと比較すると控え目にならざるを得ない。が本来なら勝ち投手になっても申し分ないデキだったとは思う。
 7回から登板し1回1/3を投げた後藤・8回一死ランナーなしから投げた大井のリリーフが素晴らしかった。まさに監督のゲームプランに応えた内容。大井が結果勝ち投手になったはず。

 先も書いたがとにかくギジェンくんが素晴らしくほとんど点を取れる気配がなかった。たまに四球で出たランナーをスコアリングに送って二度ほど僕らもチャンテやったりしてみたけど、ほぼ無理ゲー状態で試合が進む。
 0-1の8回裏、ついにやって来たたった一度のチャンス。先頭林崎ショート内野安打、谷口送って河本ヒットで繋いで一死1・3塁、わずかな捕逸で河本進塁して一死2・3塁から榎本がライトオーバーの2点タイムリーツーベースでようやく逆転。ここ一番の勝負強さはさすが。
 さらに高山ヒットで一死1・3塁で海老原が三振、長尾選んで二死満塁でキムの打席だったが2-2で故障発生(腿の筋肉がつった?)で急遽金子が代打で出たが三振。一昨日の滋賀さんとの試合同様もうひと押しが…特にここのところ絶好調だった海老原が。明らかに力んで開いて高めを振って崩されて。最後は見極めきれずハーフスイングで三振という心配な形。まあ自分で決めたい前向きな気持ちは悪くないがせっかくいい形を崩したら意味がない。当然判ってはいるだろうから修正して欲しい。

 三連投になる菅谷。いきなりヒットで送られて、嫌な形は作られたけどよく踏ん張った。ナイスセーブ。

 今日イチ。ヒーインは当然榎本と菅谷だったが、あえて後藤を。出来からしたらラミレスは早めのスイッチ(実際ギジェンくんは続投だった)だったが展開、打順や左右を考えて継投策をとったベンチの期待・起用によく応えたと思う。言うほど簡単な場面ではなかった。こういう早めの継投が裏目にでてリリーフが試合を壊した実例なんていくらでもある。ナイスリリーフ。

 現在二位の信濃さんにかてたのは大きい。勝負のホーム6連戦をこれで3勝1敗1分け。暑い中大変だとは思うがなんとかこのペースで勝ち星を重ねていきたい。

ご案内

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山サンダーバーズ私設応援団トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR