FC2ブログ

極私的富山サンダーバーズ(他あれこれ)偏愛日記

私設応援団メンバーによる富山サンダーバーズファンブログ。他個人的な趣味の世界あり。

Entries

4/20 中野 対信濃

 6-12。

 初回いきなり5点先制、先発・乾が4回までほとんど信濃さん打線に何もさせなかったのでまあ今日はすんなりかな、などと思ったのが大きな間違いだった。

 5回の先頭にソロを食らって(その選手の今シーズン初安打だったそう)いきなりリズムが崩れ四球やらヒットやらでランナーためて走者一掃のツーベース食らって一気に1点差に。
 1点突き放したあとの6回裏は乾が意地で抑えて7回は有馬がナイスピッチング。問題は8回。山本が先頭を取って次にヒット打たれてから音をたてて試合が崩れた。四球二つで一死満塁でタイムリー、慌てて菅谷を緊急当番させたらこちらも四球祭り、連続押し出しの挙げ句2点タイムリー、またも四球で満塁からタイムリーで吉田を登板させる羽目に…。
 昨日の長野県営ナイトゲームは行けなかったので話を聞くだけだったが、二日続けて二けた与四死球というのはやはり異常。今日の乾・山本・菅谷にしても、ボールが出始めたら修正できず留めなく崩れた印象だった。これはもうチームとして何とかしないとまずい。不味すぎる。
 
 今日イチはつよし。四球出塁にクリーンヒット、送りバントと攻撃への貢献度高い。素人目にもボールの見極め方がキマッてるように見える、その上バットにまで当たるwと来ればもう使うしかない(笑)今日タイムリーが出た金子もいい調子だしこの二人がいる下位は愉しい。一方昨年来サードを占めてきた谷口が不調で外れる形に。悔しいだろうがこれがチーム内競争だ。こうしてレベルが上がるのだ。まあまだまだどっちにしてもスケール感には乏しいけれどもw

 にしても、乾先発試合を落としたのは痛い。しかも落とし方が悪すぎる。尾を引かなければいいのだけれど…。


スポンサーサイト

4/14 七尾 対石川

 5-3。

 開幕からほぼ固定してた打線を早くも大幅にいじって、1番に松村から榎本・東・河本(!)・ロイ鈴木(!‼)という上位打線に。でも今日一番当たりが開幕以来初スタメン6番の金子だった。1-2の5回表二死満塁で走者一掃の逆転タイムリーツーベース!4-2の7回表一死1・3塁から見事にスクイズを決め追加点都合今日5得点中4打点を叩き出した。だからあれほど金子を出せと←
 とはいえまだまだ。特にロイ・谷口・マクシーの右打者組が今一つ二つ三つ…マクシーが当たり出すと恐さが出てくるし谷口の復調は切れ目ない打線に不可欠な要素。ロイは今日見る限り変化球への対応かな問題は。

 先発フローレスは7回2失点。尻上がりによくはなったけどやはり問題は四球の多さ。先頭から四球だとモーションが大きいのでほぼセカンドフリーパス(林崎が刺せたのは一度だけ。あれはキャッチャー大変だ)。その割に2失点で済んでる訳だからいい球がある証左。
 8回はブラウン。またも二死からタイムリーで1失点。こちらは逆にまとまりすぎで狙いやすいのかも。コントロールがいいし間違いなく安定感はあるのだが。
 9回菅谷は3者三振で〆。回の立ち上がり多少ばらつくのは毎度のこと。二人目以降は圧巻だった。1人目からそれでいこう。

 今日イチ。5回二死2・3塁でそこまでいいところのなかったロイに替わって代打で出たつよし。あの目だちたがり屋wが絶対にいいところを見せたかったはずが粘って四球で繋いだ。実にいい働き。7回の一死3塁でも再び四球で出て、いずれも次打者金子の得点機を演出した。なかなか出番はないが次は必ず自分のバットでいいところを見せつける機会がある。頑張ってほしい。

 とりあえず連勝。でもまだまだ課題多し。

4/13 三国 対福井

 3-0。

 今日は乾に尽きる。8回を無失点。ヒット数がスコアボードに出ない球場なのでわからないけどほとんどまともに打たれなかったし乾お馴染みの?四球もわずかだったはず。ネット裏で観てたらきっといかに今日の乾がよかったかをより実感できただろう。前回開幕戦とは別人の出来だった。

 一方福井さんの先発・濱田くんも凄かった。たまの四球やポテンヒットでランナーは出すけど基本的にほとんどまともにバットに当たってなかった。というかストレートに詰まり変化球に泳ぎことごとくじゃんけんで裏目を食ってるようだった。

 決勝点は福井さんが投手を替えた7回表。一死満塁から河本のサードゴロを弾く間に1点、松村のサード前内野安打で1点、牧田のセカンドゴロゲッツー崩れで1点、都合一気に3得点。今日の乾ならおつりが来る点差。
 …と書いたとおり外野に飛ぶタイムリーなし。他に6回表には無死3塁から無得点。9回表には無死満塁から無得点…。まあオープン戦の通りにはいかないのが常だけど、各チームのローテーション投手とガチでやるとこういうことなんだろう。まだまだ。

 今日イチ、は無論乾なんだが、印象に残ったのはロイ。高岡西部でとんでもないパンチ力を見せたが今日は全体に湿った打線の中でもしぶとく2本。あっち向いてホイでもヒットはヒット。
 あと、谷口にようやく今シーズン初ヒットが出た。オープン戦絶好調で「レギュラーシーズン入ったとたんに調子落ちなんてことがないよう」なんて余計なことをここで書いたせいか。すまんm(_ _)m

4/7 金沢市民 対石川

 1-2。

 拙攻、と片付けると申し訳ないかもしれない。実際セカンドのナイスプレーでチャンスを活かせなかったりもしたんだが。初回二死から牧田ツーベース榎本タイムリーツーベースと鮮やかに先制した次の2回表、一死からロイとマクシーの連打で一死1・3塁のイケイケ絶好のチャンスで次の林崎がスクイズを空振り飛び出していたロイがタッチアウト、と書くと林崎が一方的に悪いように聞こえるが簡単にバットを引いたところを見るとフェイク指示ををロイが見落として飛び出しすぎたのかもしれないし、スタンドからはどちらともわからない。いずれにしてもここからずっと今日の試合はボタンをかけ違ったように残塁・攻撃のミスが重なった。

 2失点なら勝敗の責任を投手に帰すことはできないが、1-0の6回裏、2番手・山本が簡単に二死を取ったのに次の打者を四球で歩かせそこからタイムリーツーベース2本で2失点が決勝点になった。四球ももったいないし下位打線に2者連続ツーベースというのはバッテリーとしては悔やまれる結果だろう。次回は修正できるだろう。7回裏から3番手・吉田、その回はあっさり抑えたが8回は先頭にヒット、そこから送りバントが2本続けて内野安打になり無死満塁にされたがそこから落ち着いて打たせて取った辺りは吉田の真骨頂だった。

 今日一番の収穫は来日初当番・フローレスだろう。5回を被安打3で無失点は上々。まあ四球4つはちょっと多いがとってもらえなかったところもあるだろうし。勝手に決めるがwこれで山本をセットアップに固定して使える。乾・フローレス・ラミレス・吉田の先発陣にエースセットアップで山本・ブラウン・菅谷。まずまずシーズンを通して戦える陣容がようやく整ったのではないか。

 エラーはなかったが攻撃では細かいミスが目についた。ミスした方が敗けるという金言通りの試合だった。

*CommentList

4/6 高岡西部 対信濃 BCL2019レギュラーシーズン開幕戦

 4×-3、延長10回サヨナラ勝ち。

 幕切れは劇的ではあった。3-3の延長10回裏、先頭河本ヒット、次の松村の犠牲バントを嫌がってか信濃さんリリーフの名取くんが外した球がワイルドピッチで無死2塁。松村送って一死3塁の場面で牧田・榎本連続申告敬遠(1人は見たことがあったが2人連続申告敬遠は初めて見た)で一死満塁にして5番・東と勝負、見事にレフトオーバーに弾き返しサヨナラタイムリーとなった。今年からやってる9回以降のエンドレス二岡さんテーマからのコキリコでなかなかスタンドももりあがってたのではないか。

 でも実は今日は本来3-1で9回で終わっていなければいけない試合。これが今日の課題その1。先発乾が6回、7回山本8回菅谷で見事に抑えて9回はオープン戦でよかったブラウン。先頭からいずれも追い込んでから連続ヒット、落ち着かないまま次に四球でいきなり無死満塁。次のバッターにこれも追い込んでからのタイムリー、更に犠牲フライで同点なお一死1・3塁、からはどうにか無失点で同点にされ結果延長戦に。ブラウンはオープン戦と変わらず本質的に好印象、テークバックが小さいモーションからコントロールよく投げクィックモーションも出来ランナーも上手く牽制できてはいた。ただやっぱり追い込んでから打たれたというのが気になる。もうひとつストレートのキレが足りない(素人目に明らかに菅谷の方が威力がある)か変化球がもうひとつ必要なのか、なんにせよ今日はアカンかったが修正の効かない「アカン」ではないと思うんだけど。セットアップ→クローザーまではもうしばらく試行錯誤かな?
 もうひとつの課題は東の守備。実はオープン戦から今一つ…な印象だったが今日は2-0の4回表一死1・2塁でゲッツーおあつらえ向きの二塁ベース横のゴロに正面に回り込みながらジャッグル後逸し1失点。守備にウィークポイントのあるチームは絶対に勝ち進めない。大事な試合になればなるほど何処かで致命的に出る。今日は先制タイムリーもサヨナラタイムリーも東だったようにバッティングは実に楽しみな素材なのでここは内野守備スペシャリスト・二岡監督の出番。是非とも改善を。

 いいとこを。先発・乾は6回被安打5で失点1なら申し分なし。決して調子上々というわけではなさそうだったがエラーがなければ無失点ピッチングといえる内容だったのは流石。2番手山本はオープン戦に続き安定感抜群。この投手をこのポジションで使えるのなら心強い。3番手菅谷はニゴロ三振三振。本来の菅谷ならこのくらいやって当然。常に見下ろし圧倒するくらいの利かん気を押し出したピッチングを見せてほしい。それだけのポテンシャルはある。
 噂でバッティングが凄そうだと聞いてた割にオープン戦では今一つの印象だったロイ鈴木が今日はまさに「ベールを脱いだ」初打席のレフト頭上を襲うライナー(角度がもう少し上だったらスタンドに届いてただろう)、チーム1号になる7回裏のソロアーチ、共にかなりのポテンシャル。力任せに打ち上げるのではなくナチュラルな打球の速さ、前に在籍してた高山級の打球スピードにさらに角度を併せ持った素材と見た。これを育て上げるのは現指導陣の必須命題だ。

 ここまで書いて今日イチ。1-0の3回裏の3番牧田。二死ランナー無し、追い込まれてから粘り粘ってフルカウントにしてさらにしぶとく三遊間を抜いたヒット。そのあと榎本にタイムリースリーベースが出た訳だが、こういうバッティングが基本的にこのチームにとても大事だし必要だ。今のところオーバーフェンスが出そうな気配がありそうなのがロイだけ(…)な現状、打線の切れ目のなさがこのチームの生命線。

 ここまで長々と書いてきたくせにそれかよ!と言われそうだが、結論はシンプルで、ホーム開幕戦、勝ててとにかくよかったw


ご案内

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

kazuTbirds

Author:kazuTbirds
プロ野球独立リーグ・富山GRNサンダーバーズ私設応援団ユーフォニアム&トランペット吹き。クラシック音楽・コミック好きのライトヲタ。

フリーエリア

最新記事

月別アーカイブ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR